Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Hello Rails and more

088b1b43ff5dd64aa0f000da9e9da777?s=47 wtnabe
October 17, 2015

Hello Rails and more

Kanazawa.rb meetup #38 Rails ハンズオン初級編のイントロ

088b1b43ff5dd64aa0f000da9e9da777?s=128

wtnabe

October 17, 2015
Tweet

Transcript

  1. Railsハンズオン初級編 Rails的なモダン開発の本当のよさを知り体験しよう @wtnabe Kanazawa.rb meetup #38 2015-10-17 (Sat) at DMM.com

    Labo
  2. お品書き Railsの10年と周辺の歩み Railsの特⻑と活かし⽅ 今⽇の内容

  3. Railsの10年と周辺の歩み

  4. 2004 Gmail / PHP 5.0 2004 first public release of

    Rails 2005 GoogleMaps 2005 Rails 1.0 ( including Prototype.js ) 2005 Selenium RC 2005 Hudson ( Jenkins )
  5. 2006 Capistrano 2006 AWS S3 and EC2 ( beta )

    2006 jQuery 2006 Sass 2007 Rack ( WSGI Ruby port ) 2008 Github ( Rails moved to )
  6. 2009 Bundler 2009 Ruby 1.9.1 2009 CoffeeScript 2010 Rails 2.3

    ( Rack / Bundler ) 2010 Rails 3.0 ( merged Merb ) 2010 Backbone.js
  7. 2010 Scss 2011 Rails 3.1 ( AssetPipeline ) 2011 Heroku

    Procfile 2012 Travis CI 2013 Ruby 2.1.0 / Rails 4.0 2014 Ruby 2.2.0 / EOL of 1.8.7, 1.9.2
  8. MVCとDB migration

  9. Capistranoによるdeployの⾃動化

  10. Bundlerによる依存性解決

  11. Asset管理 ( precompile & reduce http connections )

  12. CIからの⾃動deploy

  13. Rails Leads ... DRY & CoC DB migration ⾃動deploy (

    Capistrano ) 依存性解決 ( Bundler ) PaaS ( Heroku, ... ) Asset管理 ( CoffeeScript, Sass, ... )
  14. いま分からなくても平気

  15. 知ってると他の⾔語でも だいたい役に⽴ちます

  16. イマドキだいたい モダンなWeb開発は こんな感じ

  17. Railsの特⻑と活かし⽅

  18. Railsの特⻑ ⼤事なことだけに集中しよう 設定を減らす 同じこと何度も書かない ⾃動化 よさそうなものは取り⼊れよう ダメならやめよう アジリティ

  19. Railsの活かし⽅ Rails is omakase (DHH) 独⾃の技を編み出さない みんな合わせてるからこその便利gems

  20. 確かに最初は 覚えるべきお約束は多い

  21. だから今⽇は ちょっとだけやります

  22. 何度もおさらいしてね

  23. Railsがいちばん真価を 発揮するのはver.1を とにかく早く出す時 (最⼩限のコードで)

  24. 雑に書くのではなく アリモノを上⼿に活かして スピードを上げる

  25. コードは少ないほど 変化のスピードを保てる

  26. ⼤事なのは 変化のスピードを 落とさないこと

  27. ※ 私⾒です

  28. 今⽇の内容

  29. 対象 動的なWebアプリの全体的な仕組みにつ いて、ある程度の理解がある⼈ 何らかのサーバサイドプログラミングの 経験が少しでもある⼈ RailsやRails-inspiredなモダンなフレー ムワークを使いこなし、考え⽅を理解し たい⼈

  30. ゴール モダンWeb開発の考え⽅、ワークフロー を理解する scaffold + alpha で Model 2つ、 association

    1つの ToDo アプリを動かす
  31. やらないこと 本番環境へのdeploy

  32. 作るもの ToDo アプリのひな形のようなもの 1 : n 関係の Model を操作する画⾯ 応⽤課題

  33. やること generator ( scaffold ) rails server / console partial

    template db migration association
  34. 多めにやります 説明 質疑 ハンズオンとはなんだったのか?

  35. Let's Begin !