Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

InDesignからのXML書き出し

XSPA
April 26, 2021

 InDesignからのXML書き出し

学術情報XML推進協議会セミナー
日時 :2021年4月26日(月曜日)
場所:WEB会議システム ZOOM

XSPA

April 26, 2021
Tweet

More Decks by XSPA

Other Decks in Technology

Transcript

  1. InDesignからの
    XML書き出し
    メディア木龍
    木龍美代子

    View Slide

  2. 本日の
    内容
    • 既存のデータにタグセットを読み込み、段落スタイル・文字スタイルと
    マッピング
    • 一度マッピングすれば、毎回マッピングする必要なし(マッピング情報
    ごと読み込める)
    • 具体的な方法
    • 文字組は、おぢんの文字組みアキ量設定
    • +DESIGNING (plus-designing.jp)を使用しています
    既存のデータからのFull-J書き出し
    • その仕事用に作り込んだテンプレートの段落スタイル・文字スタイルと
    Wordの段落スタイル・文字スタイルをマッピング
    • 読み込んだ時にWordのスタイルがその仕事用のスタイルに
    Wordで入稿(J-STAGEツールを改変して使用)
    タグテキストを原稿に使う方法も
    仕事の流れによって

    View Slide

  3. 既存データからの
    Full-J書き出し

    View Slide

  4. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    tag.xmlの読み込み

    View Slide

  5. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    タグをスタイルに
    マッピング

    View Slide

  6. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    タグをスタイルに
    マッピングした結果

    View Slide

  7. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    すでにマッピング
    済のファイルがあ
    る場合

    View Slide

  8. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    タグを追加する
    (前付の例)

    View Slide

  9. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    タグを追加する
    (リストの例)

    View Slide

  10. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    タグを追加する
    (謝辞・注釈の例)

    View Slide

  11. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    タグを追加する
    (引用文献の例)

    View Slide

  12. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    表の上のpタグを
    取り除く

    View Slide

  13. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    セクションにまと
    める

    View Slide

  14. 既存のデータ
    からのFull-J書
    き出し
    属性の追加

    View Slide

  15. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    テスト書き出しで
    タグ漏れをチェッ

    View Slide

  16. 既存のデータから
    のFull-J書き出し
    XLSTを当てて
    Full-Jを書き出し
    てチェック

    View Slide

  17. テスト書き出し
    の結果はタグ付
    け時の見本にな
    ります

    View Slide

  18. Wordデータを
    配置する場合

    View Slide

  19. Wordデー
    タを配置

    View Slide

  20. Wordスタイルと
    InDesignスタイル
    とのマッピング

    View Slide

  21. テキストの段階で
    タグをつけることも

    View Slide

  22. 仕事の流れ
    によって
    先行公開等、Wordから直接Full-Jデータ
    を作りたい場合はJ-STAGEツールが便利
    学会誌の組版をInDesignで行いたい、既
    存のフォーマットがあるという場合には
    お役に立てるのではないかと思います

    View Slide

  23. おわりに
    このたびは、このような機会をいただきまして、
    ありがとうございました。
    今回使用したデータは、セットにして
    https://mediakiryu.biz
    に当日までにアップします。
    ご活用いただければ嬉しいです。

    View Slide