Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

UX MILK Fest 2019 イベント 飲み会のデザイン発表資料

Ae9ca75bd6a24e79af1658e0d65c1aa8?s=47 Yosuke Doke
September 14, 2019

UX MILK Fest 2019 イベント 飲み会のデザイン発表資料

https://uxmilkfest2019.studio.design/

UX MILK Fest 2019で登壇したときの資料です。

Ae9ca75bd6a24e79af1658e0d65c1aa8?s=128

Yosuke Doke

September 14, 2019
Tweet

Transcript

  1. イベント/飲み会のデザイン UX MILK Fest 2019 2019年9月14日 道家 陽介

  2. イベント/飲み会のデザイン

  3. 飲み会イベントのデザイン

  4. 自己紹介 道家陽介(どうけようすけ)39歳 FLASHデベロッパー フロントエンドエンジニア テクニカルディレクター 株式会社ワンパク所属

  5. 自己紹介 道家陽介(どうけようすけ)39歳 FLASHデベロッパー フロントエンドエンジニア テクニカルディレクター 株式会社ワンパク所属

  6. これまでの活動 面白法人KAYACでFLASHチームに所属 様々な勉強会への参加、登壇 ユーザーグループなどのコミュニティの運営 イベントの体験づくり=UX

  7. ごはんとFLASH 2008 ~ 2013

  8. ごはんとFLASHとは 2008年〜2013年の間に通算7回開催したFLASH関連の交流会イベント

  9. ごはんとFLASH:開催実績 2008年5月10日 ごはんとFLASH @鎌倉 DONBURI CAFE DINING bowl 2008年7月19日 ごはんとFlash

    ~おいでやす京都~ presented by teraco @京都 さらさ花遊小路 2008年7月20日 ごはんとFLASH-海の家 @鎌倉 DONBURI CAFE DINING bowl 海の家 2008年12月20日 ごはんと暴年会 2008 @渋谷 Double Tall Cafe 2009年1月25日 ごはんと新年会 @鎌倉 DONBURI CAFE DINING bowl 2010年8月21日 ごはんとFLASH + JS @鎌倉 DONBURI CAFE DINING bowl 2013年1月14日 ごはんとFLASH RETURNS @日比谷 タウンクライヤー 日比谷
  10. ごはんとFLASHの背景 2008年 • mixiやTwitterなどのSNSの登場 • Web界隈の勉強会が急増 • 広告業界におけるAdobe FLASHのニーズの増加

  11. ごはんとFLASHの背景 コミュニティを継続していくことによるデメリット⬇⬇ • 同じメンツになりがちだったり • 懇親会がメインにながち • 技術者同士の愚痴大会になりがち

  12. ごはんとFLASHの背景 勉強会自体は勉強にならないので手段が目的化している

  13. ごはんとFLASHの背景 同種の職能だけで固まってもいてもいいものを作る関係は作れない

  14. ごはんとFLASHの背景 「コミュニケーション」に特化した企画が必要 当時感じていたのは、(広告において)FLASHには企画、デザイン、エンジニアの協力や 相互作用が不可欠という考え方。

  15. イベントの企画に必要な3つの設計

  16. イベントの企画に必要な3つの設計 • テーマの設計 • 座組の設計 • コミュニケーション形式の設計

  17. テーマの設計 テーマ = 「必要だと思う気持ち」

  18. テーマの設計 テーマ = 「必要だと思う気持ち」 ⇒ 企画が必要になっている「背景」と「狙い」

  19. テーマの設計:例 技術やノウハウ、参加者の属性 Adobe XD, React, VueJS, JavaScript, TypeScript UX, DDD,

    スクラム、UIデザイン 超絶技巧, 大規模FLASH開発, SPA開発 形式、集まりの質、関わり方、規模 セミナー、ディスカッション、異業種交流会、情報交換会、LT、もくもく会、サロン、オンラ イン 飲み会、ランチ会、朝活 少人数、大人数
  20. 座組の設計 • 誰が来るのか ◦ 憧れの人 ◦ 有名人 • 自分が行ってもいいのか ◦

    年齢層 ◦ 熟練度 ◦ 男女比
  21. 座組の設計 テーマや登壇者 < 自分が「当事者」であるかどうか

  22. 座組の設計 テーマや登壇者 < 自分が「当事者」であるかどうか          「そこに言っても場違いじゃない」           という空気づくりが大事です。

  23. コミュニケーション形式の設計 現場がどんな場所、雰囲気なのかを考える セミナー形式 :貴重な話を聞くための場所、知らないことを知る機会 ディベート形式:考える場所、日頃考えていることを確かめる機会 フリートーク形式:出会いや交流を求める場所、機会

  24. ごはんとFLASHの場合 テーマ 勉強会は勉強にならん。同じ職種で寄り合いしてても仕方ない! おいしいごはんを食べながら FLASHについて話そう〜 対象はFLASHに関わるすべてのひと 座組 すごそう担当:Saqoosha、muraken、Fladdict デザイン担当:AKIRA FUKUOKA、Lancia

    女性デザイナー担当: asamimimi、Ahchang コミュニケーション形式 ダイニングカフェで飲み放題半立食形式
  25. テーマ 座組 コミュニケーション 形式      行ってみたさ

  26. イベントを通して実現したいUX

  27. イベントを通して実現したいUX 1、課題があるがもやもやしている、気づいていない 潜在的な課題 気づく・期待する 行く・参加する 振り返る 一歩前へ

  28. イベントを通して実現したいUX 2,イベントに気づき「これかも?」と思う。テーマが生まれる 潜在的な課題 気づく・期待する 行く・参加する 振り返る 一歩前へ

  29. イベントを通して実現したいUX 3,イベントに参加して楽しむ 潜在的な課題 気づく・期待する 行く・参加する 振り返る 一歩前へ

  30. イベントを通して実現したいUX 4,イベントで得た経験を振り返る 潜在的な課題 気づく・期待する 行く・参加する 振り返る 一歩前へ

  31. イベントを通して実現したいUX 5,次のテーマを得る。 潜在的な課題 気づく・期待する 行く・参加する 振り返る 一歩前へ

  32. まとめ 自分にとって、イベントを企画して主催することの意味は、 テーマに沿って人を巻き込んで動く ということです。 イベントに来て終わり、やって終わりではありません。 そのテーマ性にシンパシーを感じてもらうことで、 なにかのきっかけに繋がったり、真似してもらえたりします。

  33. まとめ 一貫して、根底にテーマが無いと継続しません。 一方で自分と遠いと思われたら参加してもらえません。 総体的に「同志」のような関係をつくることで、 次に繋がる継続可能な関係性につながるという考え方を作ることが UXして重要だと考えています。

  34. いまやりたいこと 頭を使うデッサン講習 読書履歴を晒して語る会 アクセシビリティ関連

  35. ぜひイベントやりましょう!

  36. 相談のります!

  37. ご清聴ありがとうございました。