Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

真のリーダーの本質と条件

よしたろう
April 25, 2024
85

 真のリーダーの本質と条件

よしたろう

April 25, 2024
Tweet

Transcript

  1. ΤϯδχΞલ ೥݄d 
 ɹɹɹɹɹɹ 
 ೥݄d 
  
 ೥݄d

    ೥݄d Αͨ͠Ζ͏ɹϜΤλΠΤϯδχΞ !ZPTIJUBSPZPZP ༀہళ௕ɾྟচ޻ֶٕ࢜ɾͤͲΓɾεΫʔϧߨࢣFUD 
 डୗ։ൃͰ8'ͬΆ͍΋ͷ 
 4&4Ͱ͍ΘΏΔେखͰ8' 
 ๺ᅳ')%ͷσδλϧόϦϡʔͰࣗࣾ։ൃʢεΫϥϜʣ 
 όοΫͱΠϯϑϥ։ൃɾ43&ɾ4.ɾ2" 
 ͦͷଞɿٕज़ϒϩάେࡕͱژ౎Ͱ*5ษڧձ 
 ɹɹɹɹ$05&/$SFXͰ͢  

  2. 1.⼈物 1. 中華統⼀「秦の始皇帝」春秋戦国時代「墨⼦」三国志「曹操」中国史最⾼の治世者「太宗李世⺠」 2. 不知の⾃覚「ソクラテス」英雄の中の英雄「アレクサンドロス三世」独裁者「ヒトラー」インド独⽴の⽗「ガンディー」 3. 元スターバックスCEO「岩⽥松雄」株式会社COTEN「深井⿓之介、COTEN RADIO」エール株式会社「篠⽥真貴⼦」 2. 書籍・思想・技術書

    1. 原始仏教・⼤乗仏教「唯識の思想」「般若⼼経」 世界最⾼の帝王学「貞観政要」 2. ⺠主主義 ルソーの「社会契約論」ヘーゲルの「弁証法」 現代哲学の⽗ レヴィ=ストロースの「野⽣の思考」「構造主義」 3. 「世界のエリートが学んでいる教養書必読100選を⼀冊にまとめてみた」「サピエンス全史」「銃・病原菌・鉄」 4. 「具体と抽象」「嫌われる勇気」「無理の構造」「多様性の科学」「あなたのチームは、機能してますか?」 5. 「ゾンビスクラムガイド」「単体テストの考え⽅」「SREサイトリライアビリティエンジニアリング」「セキュアバイデザイン」 3. 漫画・アニメ 1. 「ワンピース」「ここは今から倫理です」「拳闘暗⿊伝セスタス」「⾵の⾕のナウシカ」「アンダーカレント」「蒼天航路」 
 「最果てのパラディン」「ヴィンランド・サガ」「キーチ」「少⼥ファイト」「MoonlightMile」「サンケンロック」 2. 「銀河英雄伝説」「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」「天元突破グレンラガン」「メイドインアビス」「もののけ 姫」 4.出来事・概念 1. フランス⾰命・⽇露戦争・第⼀次世界⼤戦・第⼆次世界⼤戦・パレスチナイスラエル問題 参考にした⼈物・書籍・思想・出来事・概念など
  3. ๻͕ߟ͑ͨͭΑͭΑϦʔμʔͷ৚݅ 1. ⾼い⾃制⼼『傲慢・増⻑・誘惑を制する』 2. 誠実・真摯・⾼潔(Integritey) 3. ⼀般意志に基づく組織合意を追求する『⺠主主義思想』 4. ⾃分の失敗・誤りを認め(failibility)、ネガティブFBを受け⼊れる 5.

    正しい現状認識『メタ認知⼒』 6. ⾃⾝の器を空にし、他者の意⾒を受容する⼒『学習棄却⼒と兼聴⼒』 7. 柔軟かつ状況に応じた振る舞いを選択できる『正しい現状認識』 8. 他⼈への惜しみない愛と諦め『墨⼦とガンディー』 9. 諸⾏無常・所法無我の思想を知る『仏教・量⼦⼒学』 10. 答えのない問題を解く⼒、不確実な世界を切り開く問いかける⼒ 11. 教養・⼈⽂知・リベラルアーツ・好奇⼼に富み、⼼⾝の健康に投資する 12. ⾎⽣臭い実践知と学術的な理論を融合させ⾼度な調和を実現できる
  4. 1. 元ゼネラル・エレクトリック(GE)会⻑。アメリカ、マサチューセッツ州出⾝。マサチューセッツ州⽴⼤学 卒業後、イリノイ⼤学⼤学院で化学専攻。 
 2. 1960年GEに⼊社、すぐに頭⾓を現し、1968年に最年少ゼネラル・マネジャーに昇格。1981年から2001 年まで21年にわたってGE会⻑兼CEOとして変⾰に取り組み、1981年から売上⾼を5倍、純利益を8倍、時 価総額を30倍に伸ばし、GEを世界⼀の株式時価総額を誇る巨⼤複合企業に育て上げる。 強烈なリーダー シップを発揮し、選択と集中、フラット型組織、学習する組織、境界のない組織、ワークアウト、シックス

    シグマ、サービス重視など、世界の企業経営をリードするアイディアを次々と⽣み出し、断固として実⾏す ることで、巨⼤企業をスリムで世界的視野を持つ収益性の⾼い組織に変えていった。 
 3. 産業界・メディアから、20世紀における最もすぐれた経営者として賞賛されている。 
 4. GEの精⼒的でパフォーマンスを重視する企業⽂化にフィットするようなリーダー向きの⼈材をウェルチが 発⾒・育成する上で役に⽴ったのが、4Eという考え⽅だった。4Eはそれぞれ影響しあい、重なり合う部 分もあるが、エネルギーを出発点に以下のように繋がり、連携したものである。GEにおけるリーダー像は この概念にマッチしているかどうか、全ての基本はこの4Eである。 
 1. Energy エネルギーに溢れている(仕事を成し遂げる情熱) 2. Energize 周囲を元気付ける   (⼈を刺激して⾏動させる) 3. Edge   エッジを持っている  (競争⼼が強く、困難な決断を下すことが出来る) 4. Execute 実⾏⼒がある     (結果に結びつけることが出来る) 
 5. リーダーの評価基準は、企業⽂化・4Eへの共感度合いと、与えられた⽬標に対する成果達成度を縦・横と する4つの分類によって分類される。 
 1. 企業価値観を⼗分に共有し、数字の⽬標も達成している社員は、タイプⅠ「Aプレーヤー」と呼ばれ、 昇進昇格を前提とした将来が約束される。 2. これに対し、いずれの評価も不⼗分な結果に終わった社員(タイプⅡ)は、解雇の対象となる。 3. ⼀⽅、価値観を⼗分に共有しているにもかかわらず数字としての結果が出せなかった場合(タイプⅢ) は、通常は所属部署や役割を変えて、再度挑戦するチャンスを与えられる。 4. 結果が出せても価値観を共有できないケース(タイプⅣ)に対しては、指導する⽴場の上位者が粘り強 く同化を促すことになる。それでも本⼈に価値観を共有しようという積極的意思が⾒られない場合に は、やはり社内でのリーダーへの道は残されていない。 δϟοΫɾ΢Σϧνʢ+BDL8FMDIʣ
  5. ?

  6. YES

  7. Men wanted for hazardous journey. Low wages, bitter cold,long hours

    of complete darkness. Safe return doubtful. Honour and recognition in event of success. ٻΉஉࢠɻ ࢸ೉ͷཱྀɻ͔ᷮͳใुɻۃפɻ҉ࠇͷଓ͘೔ʑɻઈ͑͟Δةݥɻੜؐͷอূͳ͠ɻ ͨͩ͠ɺ੒ޭͷڿʹ͸໊༪ͱশࢌΛಘΔɻ
  8. ଙࢠᐌ͘ɺҎԼʹ͓͍ͯʮউͪ໨ͷͳ͍ͱ͖͸ɺઓ͏ͳʯ • ⼀に⽈く道 
  理念・ビジョン:⺠衆の意思を君主に同化させる、内政の正しさ・⼤義名分・道理。 • ⼆に⽈く天 
  時節、タイミング:天の動き。⾵、雲、陽射し。気温。 •

      組織と環境、内外の時機が合致しているか?今が「その時」か? • 三に⽈く地、 
  コアコンピタンス・バリューチェーン: 
   強み。⾃らの⽴つ地の利。⾃らが守るに易く、他が攻めるに険しい地が良い。 • 四に⽈く将、 
  将軍が備える能⼒。⼼構え。智信仁勇厳。 
   □ 物事を明察できる智⼒  :先⾒⼒・洞察⼒・判断⼒・知恵 •   □ 部下の信頼       :信頼・信義・約束 •   □ 部下を思いやる仁慈の⼼ :仁徳・思いやり・労り •   □ 困難にくじけない勇気  :勇気・決断⼒・実⾏⼒ •   □ 軍隊を維持する厳格さ  :威厳・信賞必罰 • 五に⽈く法 
  コンプライアンス・ガバナンス:規律。 •   法が守られなければ組織として成り⽴たない。成果などあげられない。 • 
 ※ 競争における話なので、共創状態でそのまま適⽤は危ないですが
  9. 1. 未来のあるべき姿への強い確信、ビジョンを持つ 
 ⾃⼰の理念や価値観に基づいた why what を明確に持つ 
  何を、何故やるのか?それらに基づきチームを1つの⽅向に導く 2.

    アウトサイダー性をもって、変⾰・改⾰をリード 
  秦の中華統⼀・議会制⺠主主義の誕⽣・第⼀次産業⾰命と改⾰は辺境で起きている 
  環境に適応しすぎるな「君が今の君⾃⾝であろうとする執着は、君を制約し続ける」 3. 従わない⾃由があるにも関わらず、⼈が付いてくる有り様 
  有⾔実⾏・⾔⾏⼀致・⼈徳主義・⼀貫性ある⾏動・インフルエンス⼒・教養・品格 
  ネジのはずれっぷり・誠実さ・理念や思想を体現する姿・強さ・弱さ・感化⼒・⼈格の厚み Ϧʔμʔͷຊ࣭
  10. 1. ⾼い⾃制⼼『傲慢・増⻑・誘惑を制する』 
  ①ハンディキャップ(⾃⾝の過去の罪を忘れない) 
 ②諫⾔の仕組み化(苦⾔を呈するメンバーを重宝する) 
  ③運命の受容(ストア派の態度、⼀種の諦観。リーダーは⾃⾝の利益だけを追求することは許されない) 2. 誠実・真摯・⾼潔(Integritey)

    
  悪⼝・⾃慢話しない。⽴場に関係なく公平であり、弱い⼈を⼤事にしチームをケアする。権⼒は他⼈のために使ってこそ感謝される 
  また⼼理的安全性はリーダーの振る舞いを起点とする。多様性の確保・衝突の制御により、議論は⽌揚されたり⼀般意志が導かれる 3. ⼀般意志に基づく組織合意を追求する『⺠主主義思想』 
  特殊意志(個⼈の利益)・全体意志ではなく(議論なき特殊意志の⼀致。度々間違う。ホロコーストのように) 
  重要なのは、異なる意⾒同⼠の議論の上、AでもBでもCでもない、組織⼈格の意志として求められたXという『⼀般意志』である 4. ⾃分の失敗・誤りを認め(failibility)、ネガティブFBを受容する 
  恐怖を取り払い、弱みを認め開⺬し、失敗を認める。「より良くするのに、君の助けが必要だ」というメッセージを込める 
  ネガティブFBは確かにきつい。でもこの痛みは、おめでたい無知のままでいるデメリットを補ってあまりある 5. 正しい現状認識『メタ認知⼒』 
  外部要因・関係者の感情理解・組織の⼤戦略。外で何が起きていて、それが⾃分達に及ぼす影響は何か? 
  ステークホルダー・同僚・上司・株主の想いや⽬的は?⾃分達はどこに向かっているのか?何故向かっていくのか? 6. ⾃⾝の器を空にし他者の意⾒を受容する⼒『学習棄却⼒と兼聴⼒』 
  学習棄却とはいわゆるアンラーニング。強みはやがて弱みになる。成功体験に固執すると、周囲から⼤きな遅れをとる 
  こだわりなのか執着なのかは曖昧。どのような⼈の意⾒も広く聞き⼊れ、盲点を埋める価値を知り、集合知を導出する 
 
 
 
 
 
 
 
 Ϧʔμʔͷૉཆɾ৚݅
  11. 2.   3.   4.   5.   7. 柔軟かつ状況に応じた振る舞いを選択できる『正しい現状認識』

    
  正しい現状認識に基づき、その時々のベストな意思決定や⽴ち振る舞い、思想・アプローチ・在り⽅を選択できる。 
  例えば、創業と守勢では必要な能⼒は違うことを知る。普遍的な理想のリーダー像は存在しない 8. 他⼈への愛と諦観『墨⼦とガンディー』 
  どんなに⾃分の信念や理想が正しいと思っても、⼈に理解を求めない⽅がいい。100⼈に1⼈解ってもらえたら素晴らしい幸運 
  でも、それでも愛をもって接しないと伝わらない。そうしたって伝わる確証もないけど 9. 諸⾏無常・所法無我を知る『唯識の思想』 
  いつか全ては滅びる。今の⾃分が⾒ていること感じていることは、全て⾃分のフィルター越しに⾒える幻。全ては⼼の中にあり、 
  ⼼を離れたものは存在しない。テセウスの船のように、⾃分⾃⾝も曖昧。上⼿くいったりいかなかったりは世の理。気にすることはない 10. 答えのない問題を解く⼒、不確実な世界を切り開き、問いかける⼒ 
  リーダーは変⾰を促す。現代のVUCA時代に限らず古今東⻄、常に未知の世界の先頭で問いを定義できたものがイノベートをトリガー 
  優れた問いは相⼿の「内省プロセス」の強烈なトリガーとなり、チームのポテンシャルを最⼤限に引き出し、結果を出す 11. ⼈⽂知・リベラルアーツ・好奇⼼に富み、⼼⾝の健康に投資する 
  これも古今東⻄、優れたリーダーは歴史・哲学・⼈⽂学・社会学・芸術を学び豊かな精神性・教養を持っている 
  ⾃⾝の経験に頼らず歴史から学び、問い直す⼒と答えを出す⼒を養う。知的体⼒が求められる。それを担保するのは健康である 12. ⾎⽣臭い実践知と学術的な理論を融合させ⾼度な調和を実現できる 
  実践知だけでは⽣存者バイアスにすぎない。理論と共存させてこそ共有できるしセンスメイキングできる 
 
 
 
 
 
 Ϧʔμʔͷૉཆɾ৚݅
  12. 4-ʢ4JUVBUJPOBM-FBEFSTIJQɿঢ়گରԠܕϦʔμʔγοϓʣཧ࿦ S1 S2 S3 S4 ࢦࣔܕ(σΟϨΫτ) ίʔνܕ(ίʔν) ࢧԉܕ(αϙʔτ) ҕ೚ܕ(σϨήΠπ) ҙࢥܾఆ͸Ϧʔμʔ͕ߦ͍ɺ෦Լʹ

    ۩ମతͳࢦ໋ࣔྩΛ༩͑ɺ࢓ࣄͷ ୡ੒·ͰͷਐḿΛࡉ͔͘؅ཧ͢Δ τοϓμ΢ϯελΠϧɻ Ұൠతʹ͸Ϧʔμʔ͕໨ඪઃఆ΋ߦ ͍ɺεέδϡʔϧͳͲ΋؅ཧͯ͠Ϟ χλϦϯά͢Δɻ Ϧʔμʔ͸ࢦࣔܕɾڭࣔܕͱಉ༷ ʹࢦ໋ࣔྩΛ༩͑Δ͕ɺ෦Լͷҙ ݟ΍ΞΠσΞΛҾ͖ग़ͨ͢Ίʹԉ ॿ΋͢ΔɻϦʔμʔͷҰํతͳࢦ ࣔͰ͸ͳ͘෦Լͱͷίϛϡχέʔ γϣϯΛऔΓͳ͕ΒਐΊΔɻ Ϧʔμʔ͸෦Լͷ࢓ࣄͷୡ੒౓ɾ ੹೚ײɻ෦Լͱͷਓؒؔ܎ߏஙʹ ΋౒ΊΔɻ ҙࢥܾఆ͸෦Լ͕ߦ͍ɺϦʔμʔ͸ ෦Լ͕໨ඪΛୡ੒͢Δ·Ͱͷϓϩη εΛԉॿɻۀ຿ͷ۩ମతͳࢦࣔ͸ߦ Θͣɺҙࢥܾఆʹ͓͚Δج४Λ఻͑ ͨΓɺ஫ҙ͢΂͖ϙΠϯτΛΞυό Πε͢Δɻ ੒Ռ͕ग़Ε͹ঝೝ͢Δ͜ͱΛ௨ͯ͠ ࣗ৴Λ࣋ͨͤΔɻҙࢥܾఆͷ੹೚Λ ෦Լͱ෼͔ͪ߹͏ελΠϧɻ ҙࢥܾఆͱ໰୊ղܾͷ੹೚Λ෦Լʹ ೚ͤΔελΠϧɻ ϝϯόʔͱڞ௨ೝࣝΛ࣋ͪɺࡉ͔ͳ ࢦࣔΛߦΘͣʹ౰ਓʹ੹೚Λ࣋ͨͤ ͯࣗ༝ʹ࢓ࣄΛͤͯ͞ɺ੒ՌΛใࠂ ͯ͠΋Β͏ͱ͍͏ؔΘΓํΛ͢Δɻ D1 D2 D3 D4 ೤ڰతͳॳ৺ऀ ʢϞνϕʔγϣϯ͸ߴ͍͕ೳྗ͸௿͍ʣ ݬ໓ֶͨ͠शऀ ʢϞνϕʔγϣϯ͸௿͘ɺೳྗ͸௿ʙதఔ౓ʣ ༗ೳ͕ͩ৻ॏͳߩݙऀ ʢϞνϕʔγϣϯ͸౎౓มԽɺೳྗ͸தʙߴఔ౓ʣ ཱࣗͨ͠ୡ੒ऀ ʢϞνϕʔγϣϯ΋ೳྗ΋ߴ͍ʣ ৽͍͠λεΫ·ͨ͸՝୊͕͋Γɺ ͦΕΛղܾ͍ͨ͠ʢίϛοτϝϯ τ͕ߴ͍ʣ͕ɺܦݧ͕ઙ͍ʢೳྗ ͕௿͍ʣɻࣗ෼ࣗ਎͕஌Βͳ͍͜ ͱΛ஌Βͳ͍ɻࣗ෼ֶ͕ͼ͍ͨͱ ࢥ͓ͬͯΓɺڵฃ͠ɺ޷ح৺͕ڧ ͘ɺֶͿ͜ͱ͸೉͘͠ͳ͍ͱ֬৴ ͍ͯ͠Δɻ ࣗ෼͕ఔ౓ͷೳྗΛ֫ಘ͕ͨ͠ɺ ظ଴ͨ͠΄ͲͷਐาΛ਱͍͛ͯͳ ͍ɻࣗ෼ࣗ਎ͷίϛοτϝϯτ͸ ࢥͬͨΑΓ΋೉͍͔͠ɺࣗ෼ͷ౒ ྗͱਐา͕ೝΊΒΕ͍ͯͳ͍ͱײ ͨͨ͡Ίʹམͪ͜ΜͰ͍Δ͔΋͠ Εͳ͍ɻΠϥΠϥ͢ΔՄೳੑ͕͋ ΓɺλεΫ΍໨ඪΛ์غ͢Δ४උ ͕Ͱ͖͍ͯΔ৔߹΋͋Δʢίϛο τϝϯτ͕௿͍ʣɻ ࣗ෼͸͋Δఔ౓ͷೳྗΛൃشͨ͠ ͕ɺࣗ෼ͰλεΫΛ࣮ߦ͢Δࣗ৴͕ ͳ͍ɻࣗݾ൷൑త͔΋͠Εͳ͍ɻ· ͨ͸ɺಛఆͷ໨ඪ΍λεΫʹ๞͖ͯ ͍ͯίϛοτϝϯτΛࣦ͏Մೳੑ͕ ͋Δɻ ࣗ෼͸ߴ͍ೳྗͱίϛοτϝϯτͷ ྆ํΛ࣋ͪɺࣗ৴ͱࣗൃੑ͕͋Δɻ ߩݙʹରͯ͠ධՁ͞ΕΔඞཁ͕͋Γ ·͢ɻ੒௕ͱӨڹྗΛൃش͢Δػձ ͕ඞཁʢଟ͘ͷࢦࣔ΍αϙʔτ͸ඞ ཁ͋Γ·ͤΜʣɻ
  13. ଠफ͸Ҏલɺ෦Լʹ࣭໰Λͨ͠ɻ ʮࠃΛ࡞Δ͜ͱʢ૑ۀʣͱࠃΛकΔ͜ͱʢक੒ʣͰ͸ɺͲͪΒ͕೉͍ͩ͠Ζ͏͔ʯ ͱɻʢՈਉͷ̍ਓͰ͋ͬͨʣ๪ݰྸ͸౴͑ͨɻ ʮ෺ࣄ͕࢝·ͬͨ͹͔ΓͰɺ·ͩடংͷఆ·Βͳ͍࣌ظͷ࢝Ίɺଟ͘ͷ࣮ྗऀ͕ฒΜͰྗΛڝ͍͍͋ɺ ઓ͍ʹউརͨ͠ऀ͕૬खΛ۶෰ͤ͞Δ͜ͱ͕Ͱ͖·ͨ͠ɻࠃΛ࡞Δ͜ͱ͕೉͍͠Ͱ͠ΐ͏ʯ ͱɻʢҰํͰɺ΋͏̍ਓͷՈਉͰ͋Δʣᲇ௃͸౴͑ͨɻ ʮੲ͔Βɺࠃ͕ࠔ೉ͳ৔໘ʹ௚໘ͨ͠ͱ͖ʹɺ Կ΋ରॲͤͣʹࣦΘͳ͔ͬͨఇԦ͸͓Γ·ͤΜɻࠃΛकΔ͜ͱ͕೉͍͠Ͱ͠ΐ͏ʯ ͱɻଠࢠ͸ݴ͏ɻ ʮݰྸ͸ɺࢲͱҰॹʹఱԼΛͱΓɺඦࢮʹҰੜΛಘͨͷͩɻ͔ͩΒࠃΛ࡞Δ͜ͱͷ೉͠͞Λ஌͍ͬͯΔɻ

    ͦͯ͠௃͸ɺࢲͱҰॹʹଠฏͷੈͷதΛؾʹ͠ɺ͓͝Γ͕෋وΛੜͤ͡͞ɺ ੈͷཚΕ΍ಈཚ͕෺ࣄΛ͍͍͔͛Μͳ··ʹ͓ͯ͘͠৺͔Βੜ·ΕΔ͜ͱΛڪΕ͍ͯΔɻ ͔ͩΒࠃΛकΔ͜ͱͷ೉͠͞Λ஌͍ͬͯΔɻ͔͠͠ɺࠃΛ࡞Δ͜ͱͷ೉͠͞͸͢Ͱʹڈͬͨɻ ࠃΛकΔ͜ͱͷ೉͠͞͸ɺࠓ·͞ʹ͓લͨͪͱҰॹʹ৻ΜͰ޲͖߹͍ͬͯ͜͏ʯ ͱɻ ః؍੓ཁɿ܅ಓἫః؍೥ͷ߲ʮ૑ۀͱक੒ͱ͍ͣΕ͔೉͖ʯ Copyright (C) 2005 ౦ژ౎ཱதԝਤॻؗಛผจݿࣨ All Rights Reserved.
  14. ੒ਓൃୡཧ࿦ͱ͸ʁ 『知識やスキルを発動させる根幹部分の知性や意識 そのものが、⼀⽣をかけて成⻑・発達を遂げるという理論』 ◦提唱者は、発達⼼理学者のロバート・キーガン⽒。『⾃⼰変⾰の⼼理学』という共著論⽂がハーバード・ビジネス・レビューに掲載され、  成⼈発達理論が広がった。マッキンゼー、FBI、CIAでも成⼈発達理論が活⽤されている。 
  ⾃我の次元(意識において、内省の対象にできる範囲)を5段階に分類した。 ◦成⼈発達理論の優位性は、⼤別すると「器」と「能⼒」に関係するものがあり、それぞれの段階にはどのような特徴があるのか、  何がどのように作⽤することで、どの様に発達は遂げられていくのかのメカニズムが明確になっている点等にある。 ◦成⼈発達理論は各段階の特徴が明確になっていることで、⾃分が今どんな段階にいるのかを客観的に知ることができる上、

     何をどのようにすれば、次のどの段階に到達できるのかのヒントが得られる。 ◦それぞれの発達段階ではどのような振る舞いを⾏う傾向があり、どのような固有の限界があるのかが明⺬されていることから、  他者から指摘されても腹落ちできなかった様な、⾃分が繰り返し陥っている⾏動パターンを⾃覚しやすくなり、批判的内省が可能になる。 ◦部下や周囲の発達段階上の⾏動特性がわかるだけでなく、⾃分⾃⾝との相互作⽤によって相⼿のどんな⾏動を誘発してしまっているのかが  理解できるようになるため、他者理解が進み、相⼿の段階に合わせた発達促進を⽀援しやすくなる。 『発達とは⾃⼰中⼼性の減少である』 『かつての⾃⼰の中⼼をメタ認知することが発達である』 ◦ここでいう⾃⼰中⼼性とは『⾃分 = 世界』という⾒⽅で世界を⾒ることを指しており、その減少というのは、他者は他者の視点や背景を  持っているということに対して認識できるようになり、多様性を認識できるようになるというのが、⾃⼰中⼼性の減少。発達においては  基本的に、⾃⼰中⼼性の減少と意識の拡⼤が起こる。⾔い換えれば、発達が進むにつれて、それまで意識されていなかったさまざまな⼈々、  さまざまな場所、さまざまな物事のことを考慮に⼊れて、それらを気づかえるようになる。 ◦⼈はそれぞれ現実の世界を捉え直す独⾃の世界観いわばメガネをかけているため、世界の⾒え⽅は⼈によって異なる。この固有のメガネを  「意識構造」と呼ぶ。質的に⾼性能のメガネがあれば、物事を俯瞰的に眺めたり、細かい点にも注意を払えたりする。こうした質的な差異を 「意識段階」または「レベル」といい、意識段階が⾼くなればなるほど、世界への解像度が向上し、物事を広く深く捉えられるようになる。
  15. ʮҙࣝʹ͓͍ͯɺ಺লͷର৅ʹͰ͖ΔൣғʯΛஈ֊Ͱఆٛ ֤ஈ֊ʹ͸༏ྼ͸ͳ͘ɺ౳͘͠ฏ౳ɻϥϯΩϯάͰ͸ͳ͍ɻ ࢀߟɿέϯɾ΢ΟϧόʔʗՃ౻༸ฏ(༁)ʗ໳ྛ঑(༁) ʰΠϯςάϥϧཧ࿦ ଟ༷ͰෳࡶͳੈքΛಡΈղ͘৽࣍ݩͷ੒௕Ϟσϧʱ p48 ஈ֊ ղઆ ֫ಘߦಈ ਓশࢹ఺

    ໰୊ߦಈ ڪΕ ͷର৅ ଞऀͱͷ ؔ܎ੑ ݶք ಛ௃ ྺ্࢙ ͷਓ෺ ୈ5ஈ֊ 
 ࣗݾม༰ ૬ޓൃୡ ʢ੒ਓਓޱͷ1ˋະ ຬʣ ࣗ਎ͷՁ஋؍Λ࣋ͪͳ͕Β΋ɺͦΕʹറΒΕͯ ͓Βͣɺ·ͨଞऀ͕༷ʑͳՁ஋؍Λ༗͍ͯ͠Δ ͜ͱΛे෼ཧղ͓ͯ͠Γɺͦͷ͜ͱΛड༰Ͱ͖ Δɻࣗ෼ͱଞऀΛ۠ผͤͣʹɺଞऀͷ੒௕ࢧԉ ͕ࣗ෼ͷ੒௕ʹͭͳ͕Δͱ͍͏ߟ͑Λ͍࣋ͬͯ Δɻࣗݾͷੈք؍ͷఆৗతͳ࠶ߏங͕য఺ʹͳ Γқ͍ɻ ˓૬ޓൃୡ͕ՄೳʹͳΔ ˓ରۃͷ౷߹͕ՄೳʹͳΔ ˓ଟ༷ͳՁ஋؍ͷड༰ ˓ࣗզͷ٬ମɾ૬ରԽ ˓ࣗݾͷ୤ߏஙαΠΫϧ ˓ࣗݾҙ͕ࣝหূ๏త ˓࣊Ѫɾ࣊൵ɾఘ؍ ˓ଞऀͱͷਅͷڠಇ ˓ϝλϝλೝ஌ ֦ுਓʙਓশࢹ఺ ࣗݾͷྺ࢙Λ௒͑ɺෳ਺ͷจԽ ͱੈ୅ΛɻࣗଞͷՁ஋؍ͷࢹ఺ Λ࣋ͭɻਓশʹͳΔͱɺෳ਺ ͷՁ஋ମܥΛ૬ޓʹؔ࿈͚ͮͯ ଊ͑ΒΕΔ༷ʹͳΔɻ ϝλϝλೝ஌ύλʔϯΛ٬ମԽ ˞ࣗզൃୡཧ࿦Ͱ͸ଟࢹ఺ͳͲ ͞Βʹߴ࣍ͳஈ֊ʹ͓͚Δࢹ఺͕ଘࡏ͢Δ ˓ঢ়گʹԠͯ͡ҙࢥ ɹܾఆ͕มΘΓқ͍ ˓ҙࢥܾఆ͕஗͍ ˓ଞऀͷׯবɾࢧ഑ ˓ߏ଄ʹΑΔ੍໿ ૬ޓൃୡ ࣗݾม༰ͷͨΊ ʹ͸ઈରʹඞཁ ͢΂ͯͷਓশࢹ఺Λ౷߹తʹଊ͑Δ͜ͱ͕·ͩͰ ͖ͳ͍ɻ͢΂ͯͷՁ஋ମܥΛ٬ମԽͯ͠ଊ͑ΒΕ ͍ͯͳ͍ɻ ˞ਓྨֶऀͳͲ͸ͦͷྖҬʹୡͯ͠ΔͱࢥΘΕΔํ͕ଟ͍ҹ৅ɻϨϰΟ ετϩʔε͔͠ΓɺϚϦϊϑεΩ͔͠Γɻ มֵܕɾਅͷϦʔμʔஈ֊ ڧ͘͠ͳ΍͔Ͱೋ཯എ൓ੑΛ ड༰Ͱ͖Δ౓ྔΛ΋ͭ Ωϯά຀ࢣ ΨϯσΟɾϒομ ଠफཥੈຽ ૤ૢɾ๽ࢠ ಙ઒Ո߁ɾ٢দӄ ϧιʔɾϔʔήϧ ϨϰΟετϩʔε ʢଟ෼΋ͬͱ্ʣ ୈ4ஈ֊ 
 ࣗݾओಋ ʢ੒ਓਓޱͷ20ˋʣ ߴ౓ͳ಺໘ͷنൣʹج͍ͮͯՁ஋؍Λܗ੒ɺࣗ Βͷج४ͰҙࢥܾఆΛߦ͏ʢطଘͷ৘ใΛӏವ Έͤͣɺࣗ෼ͷ಄Ͱ뱌ͯࣗ͠෼ͳΓͷҙຯΛ ࠶ߏஙͰ͖Δʣɻࣗݾ੒௕΁ͷࢥ͍͕ڧ͘ɺଞ ཯Ͱ͸ͳࣗ͘཯తʹߦಈɻࣗݾͱ͸ҟͳΔಠࣗ ͷଘࡏͱͯ͠ଞऀʹܟҙΛ෷͍ɺ஥ؒ΍ಉ྅ͱ ͯ͠ଊ͑Δ͜ͱ͕Ͱ͖ΔɻҰํͰࣗݾͷಠࣗੑ Λڧ͘ೝ͓ࣝͯ͠ΓɺಠྗͰಓΛาΉ͜ͱʹΤ ωϧΪʔΛ࢖͏ɻ ˓ࣗ෼࣠ɾઐ໳ੑ 
 ˓แׅత໢ཏతࢥߟ ˓ݸਓओٛ ˓ߴ͍੒௕ҙཉɾ޲্৺ ˓൷൑త಺ল ˓ߴ౓ͳ಺໘نൣ 
 ˓࿮૊Έ͔Βͷཱࣗͷ๖ժ ˓ϝλೝ஌͕࢝·Δ   ˓ࣗݾ٬ମԽͷ࢝·Γ ֦ுਓʙਓশࢹ఺ ࣗݾͱଞऀͷؔ܎ʹ͍ͭͯա ڈɾະདྷͷࢹ఺Ͱͷ࣌ؒ࣠Λಘ Δɻஈ֊͸٬؍త൑அͷෆՄ ೳੑʹؾ෇͖ɺੜ·Εҭͬͨࣾ ձͷࢹ఺ɾՁ஋ମܥɾࣗݾೝ஌ γεςϜͷ֎ଆʹࢹ఺Λ༗͢Δ ਓশࢹ఺Λ༷࣋ͭʹͳΔɻ ˓όʔϯΞ΢τ܏޲ ˓ϚΠΫϩϚωδϝϯτ ˓ཧ࿦ɾઐ໳ੑͷࣥண ˓ҭ੒ɾڠಇదਖ਼͕௿ ˓ੜଘऀόΠΞεΛ࣋ͭ ˓৺ཧత҆શੑͷഁյ ˓ࣗ෼ͷਖ਼͕͠͞ઈର ˓ࢹ໺ڱࡥʹ΋ݟ͑Δ ɹՁ஋ମܥͷݶఆੑ ˓໨తͷະୡ੒ ˓ࣗ਎ͷઐ໳ྖҬͷ ɹਖ਼౰ੑͷ൱ఆ ˓ࣗ਎ʹର͢Δ ɹແՁ஋ධՁ ݸਓओٛ܏޲ ಠྗͰͷ੒௕ࢦ޲ ଞऀΛ ඞཁͱ͠ͳ͍ ಺লతͳ໰͍Λൃ͢Δ͜ͱͰɺࣗ෼ࣗ਎Λ߹ཧత ʹ཯࢝͠ΊΔ͕ɺࣗ෼ͷՁ஋؍ͱࣗݾΛʮಉҰ Խʯ͢Δ͋·Γɺࣗ෼ͷҙࣝߏ଄ʹറΒΕΔɻࣗ ਎͕ߏஙͨ͠Ձ஋؍ʹʮ͏͵΅Ε͍ͯΔʯঢ়ଶɻ ҟͳΔՁ஋؍ɾҙݟΛड͚ೖΕʹ͍͘ɻڠಇͱ ͍͍ͭͭࣗݾརӹͷҝʹ૬खΛ༠ಋͨ͠Γɺର ࿩ͱ͍͍ͭͭࣗ෼ͷߟ͑ͷ఻ୡʹͱͲ·Δɻ ஈ֊ॳظͰ͸ࣗ਎ͷݶքΛײͭͭ͡΋ࣗ෼ͷՁ ஋؍Λ༴ޢͯ͠͠·͏ͱ͍͏ݶք͕͋Δɻ ڧ͍͕ߗ௚తͳϦʔμʔ ৺ཧతॊೈੑʹ͚ܽಠળ܏޲ ਅͷҙຯͰଞऀΛಈػ ͚ͮ͠ಈ͔͢ࣄ͸Ͱ͖ͳ͍ ώτϥʔ ໟ୔౦ ελʔϦϯ ਇ࢝ߖఇ ୈ3ஈ֊ 
 ؀ڥॱԠ ଞऀґଘ ʢ੒ਓਓޱͷ70ˋʣ ଞऀ͔ΒͲͷΑ͏ʹݟΒΕΔ͔ͱ͍ͬͨଞऀͷ ࢹ఺ΛཧղͰ͖Δɻࣗݾͱࣗ෼ͷཉٻΛ੾Γ཭ ͢͜ͱ͕Ͱ͖ΔͨΊɺࣗ෼ͷཉٻ΍ئ๬Λίϯ τϩʔϧͰ͖ΔɻҰൠతʹɺࣗ෼ࣗ਎ͷҙࢥܾ ఆͷج४ཱ͕֬ͯ͠ͳ͍ɻଞऀʹґଘ͢ΔܗͰ ͷҙࢥܾఆΛ͢Δঢ়ଶͳͷͰؼଐҙࣝͷର৅Ͱ ͋Δ૊৫΍ࣾձͷϧʔϧ΍نൣΛ९क͢Δ ˓ैॱ ˓؀ڥॱԠ ˓ଞऀͷࢹ఺ ˓ࣗݾ੍ޚ ˓ن཯ɾடংͷ९क d̏ਓশࢹ఺ ࣗݾͱଞऀͷࢹ఺ɻଞऀ͕ࣗ෼ ΛͲͷΑ͏ʹݟ͍ͯΔ͔ʹؾͮ ͘ɻঃʑʹ֦ு͞Εରཱతʹଊ ͑Δ༷ʹͳΓɺஈ֊Ͱࣗ෼ͱ ଞऀҎ֎ͷୈࡾऀࢹ఺ΛಘΔɻ ˓อ਎త ˓ϦεΫΛආ͚Δ ˓௅ઓͰ͖ͳ͍ ˓ଞऀͷظ଴ʹԠ͑Δ ˓ݽཱɾ஥ؒ͸ͣΕ ˓஍Ґɾཱ৔ͷ૕ࣦ ࣗݾΛࢧ͑Δҝʹ ґଘ͢Δ ͨΊʹඞཁ ૬खͷੈքɾࢹ఺Λߟ͑ΒΕΔ͕ɺࣗ෼ಠࣗ ͷՁ஋ମܥͷߏங͕ແ͍ʙෆे෼ʙཱ֬ʙද ໌·Ͱஈ֊తʹਐΉɻ֎෦৘ใʹର͖ͯ͠Θ ΊͯහײͰͦͷӨڹΛड͚΍͍͢ͷͱظ଴ʹ Ԡ͑Α͏ͱ͢Δ܏޲ͷͨΊɺपғͷߟ͑ํ͔ Βൈ͚ग़ͤͳ͍ɻࣗݾओಋܕߴѹత্͕࢘ൃ ୡஈ֊̏Ͱ͋ΔਓΛ࡞Γग़͢৔߹΋͋Δɻ ্࢘ʹैॱͳϦʔμʔ ҙݟΛݴΘͳ͍ ࢦࣔ଴ͪɾݖҖʹऑ͍ ീํඒਓɾνʔϜϓϨΠϠ ʔ ୈ2ஈ֊ 
 རݾత ಓ۩ओٛత ʢ੒ਓਓޱͷ10ˋʣ ʮଞऀʹର͢Δڞײੑ͕๡͍͠ͷͰଞਓΛಓ۩ ͷΑ͏ʹΈͳ͢ʯ܏޲ɻଞऀͷ಺໘ྖҬʢײ৘ ΍ࢥߟʣʹؔ͢Δࢹ఺ΛऔΔ͜ͱ͔͕Ͱ͖ͣࣗ ෼ͷཉٻ΍ئ๬ʹࢧ഑͞Ε͍ͯΔɻࣗ෼ཉٻʹ ԊͬͨརݾతͳৼΔ෣͍͕໨ཱͭɻঃʑʹଞऀ ͷײ৘΍ࢥߟʹහײʹͳΓɺ࠷ऴతʹ͸ଞऀͷ ײ৘΍ࢥߟΛࣗ෼ͷ΋ͷͱݟ၏༷͢ʹͳΔɻ ˓ଛಘצఆ ˓ࣗݾอશɾอޢ ˓ੜ͖Δྗ ਓশࢹ఺ ࣗ෼ͷࢹ఺͚ͩͰ ଞऀ΍ࣾձΛଊ͑Δ ˓རݾతɾ๷ޚత ˓ଞ੹܏޲ ˓িಈతͳݴಈ ˓෺ࣄΛ͔͔Ͱ ɹߟ͑Δ܏޲ ˓ࣗ਎ͷଛࣦ ˓ةݥͳঢ়گ ࣗ਎ͷ໨తΛୡ੒ ͢ΔͨΊͷ ಓ۩ͱͯ͠ඞཁ ࣗݾத৺ੑ͕ඇৗʹߴ͘ɺࣗ෼Ҏ֎ͷੈքΛ ೝࣝɾೝ஌Ͱ͖ͳ͍ɻ ࣗ਎ͷ୳ٻɾཉٻ͕য఺ͳͨΊɺࣗ਎ͷར ӹɾؔ৺ʹԊΘͳ͍΋ͷʹ͸൓ൃ͢Δ͜ͱ͕ Ұൠɻ ࣗݾத৺తϓϨΠϠʔ ૬खͷཱ৔ʹཱͬͯ෺ࣄΛ ߟ͑Δྗ͕ͳ͍ ࣗݾத৺తͳೝࣝͷ࿮૊Έ Ͱଞऀɾ৘ใΛཧղ͢Δ ʔ ୈ1ஈ֊ 
 ۩ମతࢥߟ ະ੒೥ऀͷ͜ͱΛࢦ͢ɻ༮গظɾະ੒೥͕֘౰ ͠·͢ɻ͢΂ͯͷ੒ਓ͸جຊతʹ͜ͷஈ֊Λ௒ ͍͑ͯΔͱ͞ΕΔɻ੒ਓ͸࣍ͷརݾతஈ֊͔ Βɻ ʔ ʔ ʔ ˞۩ମతͳࢥߟΛ͕࣋ͭɺ 
 ܗͷͳ͍΋ͷɾந৅తͳ֓೦͸ཧղͰ͖ͳ͍ ʔ ʔ
  16. ʮҙࣝʹ͓͍ͯɺ಺লͷର৅ʹͰ͖ΔൣғʯΛஈ֊Ͱఆٛ ֤ஈ֊ʹ͸༏ྼ͸ͳ͘ɺ౳͘͠ฏ౳ɻϥϯΩϯάͰ͸ͳ͍ɻ ࢀߟɿέϯɾ΢ΟϧόʔʗՃ౻༸ฏ(༁)ʗ໳ྛ঑(༁) ʰΠϯςάϥϧཧ࿦ ଟ༷ͰෳࡶͳੈքΛಡΈղ͘৽࣍ݩͷ੒௕Ϟσϧʱ p48 ஈ֊ ղઆ ֫ಘߦಈ ਓশࢹ఺

    ໰୊ߦಈ ڪΕ ͷର৅ ଞऀͱͷ ؔ܎ੑ ݶք ಛ௃ ྺ্࢙ ͷਓ෺ ୈ5ஈ֊ 
 ࣗݾม༰ ૬ޓൃୡ ʢ੒ਓਓޱͷ1ˋະ ຬʣ ࣗ਎ͷՁ஋؍Λ࣋ͪͳ͕Β΋ɺͦΕʹറΒΕͯ ͓Βͣɺ·ͨଞऀ͕༷ʑͳՁ஋؍Λ༗͍ͯ͠Δ ͜ͱΛे෼ཧղ͓ͯ͠Γɺͦͷ͜ͱΛड༰Ͱ͖ Δɻࣗ෼ͱଞऀΛ۠ผͤͣʹɺଞऀͷ੒௕ࢧԉ ͕ࣗ෼ͷ੒௕ʹͭͳ͕Δͱ͍͏ߟ͑Λ͍࣋ͬͯ Δɻࣗݾͷੈք؍ͷఆৗతͳ࠶ߏங͕য఺ʹͳ Γқ͍ɻ ˓૬ޓൃୡ͕ՄೳʹͳΔ ˓ରۃͷ౷߹͕ՄೳʹͳΔ ˓ଟ༷ͳՁ஋؍ͷड༰ ˓ࣗզͷ٬ମɾ૬ରԽ ˓ࣗݾͷ୤ߏஙαΠΫϧ ˓ࣗݾҙ͕ࣝหূ๏త ˓࣊Ѫɾ࣊൵ɾఘ؍ ˓ଞऀͱͷਅͷڠಇ ˓ϝλϝλೝ஌ ֦ுਓʙਓশࢹ఺ ࣗݾͷྺ࢙Λ௒͑ɺෳ਺ͷจԽ ͱੈ୅ΛɻࣗଞͷՁ஋؍ͷࢹ఺ Λ࣋ͭɻਓশʹͳΔͱɺෳ਺ ͷՁ஋ମܥΛ૬ޓʹؔ࿈͚ͮͯ ଊ͑ΒΕΔ༷ʹͳΔɻ ϝλϝλೝ஌ύλʔϯΛ٬ମԽ ˞ࣗզൃୡཧ࿦Ͱ͸ଟࢹ఺ͳͲ ͞Βʹߴ࣍ͳஈ֊ʹ͓͚Δࢹ఺͕ଘࡏ͢Δ ˓ঢ়گʹԠͯ͡ҙࢥ ɹܾఆ͕มΘΓқ͍ ˓ҙࢥܾఆ͕஗͍ ˓ଞऀͷׯবɾࢧ഑ ˓ߏ଄ʹΑΔ੍໿ ૬ޓൃୡ ࣗݾม༰ͷͨΊ ʹ͸ઈରʹඞཁ ͢΂ͯͷਓশࢹ఺Λ౷߹తʹଊ͑Δ͜ͱ͕·ͩͰ ͖ͳ͍ɻ͢΂ͯͷՁ஋ମܥΛ٬ମԽͯ͠ଊ͑ΒΕ ͍ͯͳ͍ɻ ˞ਓྨֶऀͳͲ͸ͦͷྖҬʹୡͯ͠ΔͱࢥΘΕΔํ͕ଟ͍ҹ৅ɻϨϰΟ ετϩʔε͔͠ΓɺϚϦϊϑεΩ͔͠Γɻ มֵܕɾਅͷϦʔμʔஈ֊ ڧ͘͠ͳ΍͔Ͱೋ཯എ൓ੑΛ ड༰Ͱ͖Δ౓ྔΛ΋ͭ Ωϯά຀ࢣ ΨϯσΟɾϒομ ଠफཥੈຽ ૤ૢɾ๽ࢠ ಙ઒Ո߁ɾ٢দӄ ϧιʔɾϔʔήϧ ϨϰΟετϩʔε ʢଟ෼΋ͬͱ্ʣ ୈ4ஈ֊ 
 ࣗݾओಋ ʢ੒ਓਓޱͷ20ˋʣ ߴ౓ͳ಺໘ͷنൣʹج͍ͮͯՁ஋؍Λܗ੒ɺࣗ Βͷج४ͰҙࢥܾఆΛߦ͏ʢطଘͷ৘ใΛӏವ Έͤͣɺࣗ෼ͷ಄Ͱ뱌ͯࣗ͠෼ͳΓͷҙຯΛ ࠶ߏஙͰ͖Δʣɻࣗݾ੒௕΁ͷࢥ͍͕ڧ͘ɺଞ ཯Ͱ͸ͳࣗ͘཯తʹߦಈɻࣗݾͱ͸ҟͳΔಠࣗ ͷଘࡏͱͯ͠ଞऀʹܟҙΛ෷͍ɺ஥ؒ΍ಉ྅ͱ ͯ͠ଊ͑Δ͜ͱ͕Ͱ͖ΔɻҰํͰࣗݾͷಠࣗੑ Λڧ͘ೝ͓ࣝͯ͠ΓɺಠྗͰಓΛาΉ͜ͱʹΤ ωϧΪʔΛ࢖͏ɻ ˓ࣗ෼࣠ɾઐ໳ੑ 
 ˓แׅత໢ཏతࢥߟ ˓ݸਓओٛ ˓ߴ͍੒௕ҙཉɾ޲্৺ ˓൷൑త಺ল ˓ߴ౓ͳ಺໘نൣ 
 ˓࿮૊Έ͔Βͷཱࣗͷ๖ժ ˓ϝλೝ஌͕࢝·Δ   ˓ࣗݾ٬ମԽͷ࢝·Γ ֦ுਓʙਓশࢹ఺ ࣗݾͱଞऀͷؔ܎ʹ͍ͭͯա ڈɾະདྷͷࢹ఺Ͱͷ࣌ؒ࣠Λಘ Δɻஈ֊͸٬؍త൑அͷෆՄ ೳੑʹؾ෇͖ɺੜ·Εҭͬͨࣾ ձͷࢹ఺ɾՁ஋ମܥɾࣗݾೝ஌ γεςϜͷ֎ଆʹࢹ఺Λ༗͢Δ ਓশࢹ఺Λ༷࣋ͭʹͳΔɻ ˓όʔϯΞ΢τ܏޲ ˓ϚΠΫϩϚωδϝϯτ ˓ཧ࿦ɾઐ໳ੑͷࣥண ˓ҭ੒ɾڠಇదਖ਼͕௿ ˓ੜଘऀόΠΞεΛ࣋ͭ ˓৺ཧత҆શੑͷഁյ ˓ࣗ෼ͷਖ਼͕͠͞ઈର ˓ࢹ໺ڱࡥʹ΋ݟ͑Δ ɹՁ஋ମܥͷݶఆੑ ˓໨తͷະୡ੒ ˓ࣗ਎ͷઐ໳ྖҬͷ ɹਖ਼౰ੑͷ൱ఆ ˓ࣗ਎ʹର͢Δ ɹແՁ஋ධՁ ݸਓओٛ܏޲ ಠྗͰͷ੒௕ࢦ޲ ଞऀΛ ඞཁͱ͠ͳ͍ ಺লతͳ໰͍Λൃ͢Δ͜ͱͰɺࣗ෼ࣗ਎Λ߹ཧత ʹ཯࢝͠ΊΔ͕ɺࣗ෼ͷՁ஋؍ͱࣗݾΛʮಉҰ Խʯ͢Δ͋·Γɺࣗ෼ͷҙࣝߏ଄ʹറΒΕΔɻࣗ ਎͕ߏஙͨ͠Ձ஋؍ʹʮ͏͵΅Ε͍ͯΔʯঢ়ଶɻ ҟͳΔՁ஋؍ɾҙݟΛड͚ೖΕʹ͍͘ɻڠಇͱ ͍͍ͭͭࣗݾརӹͷҝʹ૬खΛ༠ಋͨ͠Γɺର ࿩ͱ͍͍ͭͭࣗ෼ͷߟ͑ͷ఻ୡʹͱͲ·Δɻ ஈ֊ॳظͰ͸ࣗ਎ͷݶքΛײͭͭ͡΋ࣗ෼ͷՁ ஋؍Λ༴ޢͯ͠͠·͏ͱ͍͏ݶք͕͋Δɻ ڧ͍͕ߗ௚తͳϦʔμʔ ৺ཧతॊೈੑʹ͚ܽಠળ܏޲ ਅͷҙຯͰଞऀΛಈػ ͚ͮ͠ಈ͔͢ࣄ͸Ͱ͖ͳ͍ ώτϥʔ ໟ୔౦ ελʔϦϯ ਇ࢝ߖఇ ୈ3ஈ֊ 
 ؀ڥॱԠ ଞऀґଘ ʢ੒ਓਓޱͷ70ˋʣ ଞऀ͔ΒͲͷΑ͏ʹݟΒΕΔ͔ͱ͍ͬͨଞऀͷ ࢹ఺ΛཧղͰ͖Δɻࣗݾͱࣗ෼ͷཉٻΛ੾Γ཭ ͢͜ͱ͕Ͱ͖ΔͨΊɺࣗ෼ͷཉٻ΍ئ๬Λίϯ τϩʔϧͰ͖ΔɻҰൠతʹɺࣗ෼ࣗ਎ͷҙࢥܾ ఆͷج४ཱ͕֬ͯ͠ͳ͍ɻଞऀʹґଘ͢ΔܗͰ ͷҙࢥܾఆΛ͢Δঢ়ଶͳͷͰؼଐҙࣝͷର৅Ͱ ͋Δ૊৫΍ࣾձͷϧʔϧ΍نൣΛ९क͢Δ ˓ैॱ ˓؀ڥॱԠ ˓ଞऀͷࢹ఺ ˓ࣗݾ੍ޚ ˓ن཯ɾடংͷ९क d̏ਓশࢹ఺ ࣗݾͱଞऀͷࢹ఺ɻଞऀ͕ࣗ෼ ΛͲͷΑ͏ʹݟ͍ͯΔ͔ʹؾͮ ͘ɻঃʑʹ֦ு͞Εରཱతʹଊ ͑Δ༷ʹͳΓɺஈ֊Ͱࣗ෼ͱ ଞऀҎ֎ͷୈࡾऀࢹ఺ΛಘΔɻ ˓อ਎త ˓ϦεΫΛආ͚Δ ˓௅ઓͰ͖ͳ͍ ˓ଞऀͷظ଴ʹԠ͑Δ ˓ݽཱɾ஥ؒ͸ͣΕ ˓஍Ґɾཱ৔ͷ૕ࣦ ࣗݾΛࢧ͑Δҝʹ ґଘ͢Δ ͨΊʹඞཁ ૬खͷੈքɾࢹ఺Λߟ͑ΒΕΔ͕ɺࣗ෼ಠࣗ ͷՁ஋ମܥͷߏங͕ແ͍ʙෆे෼ʙཱ֬ʙද ໌·Ͱஈ֊తʹਐΉɻ֎෦৘ใʹର͖ͯ͠Θ ΊͯහײͰͦͷӨڹΛड͚΍͍͢ͷͱظ଴ʹ Ԡ͑Α͏ͱ͢Δ܏޲ͷͨΊɺपғͷߟ͑ํ͔ Βൈ͚ग़ͤͳ͍ɻࣗݾओಋܕߴѹత্͕࢘ൃ ୡஈ֊̏Ͱ͋ΔਓΛ࡞Γग़͢৔߹΋͋Δɻ ্࢘ʹैॱͳϦʔμʔ ҙݟΛݴΘͳ͍ ࢦࣔ଴ͪɾݖҖʹऑ͍ ീํඒਓɾνʔϜϓϨΠϠ ʔ ୈ2ஈ֊ 
 རݾత ಓ۩ओٛత ʢ੒ਓਓޱͷ10ˋʣ ʮଞऀʹର͢Δڞײੑ͕๡͍͠ͷͰଞਓΛಓ۩ ͷΑ͏ʹΈͳ͢ʯ܏޲ɻଞऀͷ಺໘ྖҬʢײ৘ ΍ࢥߟʣʹؔ͢Δࢹ఺ΛऔΔ͜ͱ͔͕Ͱ͖ͣࣗ ෼ͷཉٻ΍ئ๬ʹࢧ഑͞Ε͍ͯΔɻࣗ෼ཉٻʹ ԊͬͨརݾతͳৼΔ෣͍͕໨ཱͭɻঃʑʹଞऀ ͷײ৘΍ࢥߟʹහײʹͳΓɺ࠷ऴతʹ͸ଞऀͷ ײ৘΍ࢥߟΛࣗ෼ͷ΋ͷͱݟ၏༷͢ʹͳΔɻ ˓ଛಘצఆ ˓ࣗݾอશɾอޢ ˓ੜ͖Δྗ ਓশࢹ఺ ࣗ෼ͷࢹ఺͚ͩͰ ଞऀ΍ࣾձΛଊ͑Δ ˓རݾతɾ๷ޚత ˓ଞ੹܏޲ ˓িಈతͳݴಈ ˓෺ࣄΛ͔͔Ͱ ɹߟ͑Δ܏޲ ˓ࣗ਎ͷଛࣦ ˓ةݥͳঢ়گ ࣗ਎ͷ໨తΛୡ੒ ͢ΔͨΊͷ ಓ۩ͱͯ͠ඞཁ ࣗݾத৺ੑ͕ඇৗʹߴ͘ɺࣗ෼Ҏ֎ͷੈքΛ ೝࣝɾೝ஌Ͱ͖ͳ͍ɻ ࣗ਎ͷ୳ٻɾཉٻ͕য఺ͳͨΊɺࣗ਎ͷར ӹɾؔ৺ʹԊΘͳ͍΋ͷʹ͸൓ൃ͢Δ͜ͱ͕ Ұൠɻ ࣗݾத৺తϓϨΠϠʔ ૬खͷཱ৔ʹཱͬͯ෺ࣄΛ ߟ͑Δྗ͕ͳ͍ ࣗݾத৺తͳೝࣝͷ࿮૊Έ Ͱଞऀɾ৘ใΛཧղ͢Δ ʔ ୈ1ஈ֊ 
 ۩ମతࢥߟ ະ੒೥ऀͷ͜ͱΛࢦ͢ɻ༮গظɾະ੒೥͕֘౰ ͠·͢ɻ͢΂ͯͷ੒ਓ͸جຊతʹ͜ͷஈ֊Λ௒ ͍͑ͯΔͱ͞ΕΔɻ੒ਓ͸࣍ͷརݾతஈ֊͔ Βɻ ʔ ʔ ʔ ˞۩ମతͳࢥߟΛ͕࣋ͭɺ 
 ܗͷͳ͍΋ͷɾந৅తͳ֓೦͸ཧղͰ͖ͳ͍ ʔ ʔ
  17. ࣍ͷஈ֊ʹਐΉʹ͸ʮਨ௚ൃୡʯ͕伴ʙࣗզൃୡཧ࿦ʙ ⽔平発達 
 知識やスキルを獲得するような量 的な成⻑。発達領域は⾏動的なもの であり、それはトレーニングや教 育によって鍛錬可能。 能⼒の成⻑ 垂直低下 


    ⽣活環境・ストレス・疾病などに よる⼀次的停滞または退⾏ 『⼈間の成⻑には2種類ある』 いくら新しい知識や技術を得ても、 それを受け取る「器」が未熟ならば、 知識を仕事や⽇々の活動に活かすことが難しい ⾃⼰変容・相互発達段階に ⾄るには垂直発達が鍵となる それが引き起こす変化は根本的・⾰命的 その変化が起きた⼈とそうでない⼈では 決定的な⾮対称性が発⽣する 垂直(⾃我)次元 ⼈間の存在の基盤の⼒そのもの 垂直発達 ⼈間としての器⾃体が広がって、認 識の枠組みが変化し、⼈間性を深まめ る質的な成⻑。発達領域は発達的なも のであり、それはスキルというより 世界観と密接に関わるもの 精神の拡張 ग़యɿIsao Hosoya. MURI NO KOUZOU KONOYO NO RIFUJINSA WO KASHIKA SURU (Japanese Edition) (Kindle ͷҐஔNo.22). dZERO Inc. Kindle ൛.
  18. 環境順応段階への移⾏ 『⼆⼈称の視点を育てることが⽋かせない』 
 ◦劣等感・敗北感・疎外感・孤独感が 
  ネガティブトリガーになる ◦利⼰的な振る舞いでは他者と共存できない ⾃⼰主導段階への移⾏ 『権威に屈することなく、既存の物の⾒⽅や 権威の主張に、健全な批判の⽬を持って、

    それらを超克していけるだけの意識の器が必要』 
 ◦情報やフィードバックを鵜呑みにせず、分析・評価する ◦問いかけやコーチングで独⾃の考えや思いを⾃覚させ、  気付かせたり、可能性を引き出す⽀援、専⾨スキル獲得 ◦所属欲求の充⾜、⾃⼰肯定感を育てるのが鍵になる ◦⾃⼰確⽴に伴い集団の利益よりも⾃分の考えを優先する ようになるため、孤独になり易いため⽀援が必要 ⾃分軸 他⼈軸 第5段階 ⾃⼰変容型 ⼈間性・慈悲・慈愛 第4段階 ⾃⼰主導型 価値観体系の構築 抽象概念⾔語化 全体最適視点の獲得 第3段階 環境順応型 集団利益優先 他者の気持ちの想像 気配り・思いやり 第2段階 利⼰的型 集団利益優先 弱⾁強⾷・⽣き抜く⼒ 第1段階 具体的思考型 ⾃⼰変容段階への移⾏ 『他者の存在が⾃分の成⻑に不可⽋』 
 ◦情報を元に持論を強化するだけではいけない ◦⾃⼰へのメタ認知・批判的内省が⽋かせない ◦他者からのフィードバック・越境学習が必要 ◦葛藤を経験しながら、それをいかに乗り越えるか ◦⾃分の価値観と相いれない⼈と出会い、  時にぶつかりながら、向き合っていくことが重要 ◦周囲から受けたサポートが何かを振り返る ◦⾃分の意⾒を客観視しその弱みや限界を明らかに ◦他者の意⾒をより素直に受け⼊れていく ⾃⼰変容の促進 
 『⾃⼰の脱構築サイクルと、異質な他者』 ◦⼈⽂知・教養・リベラルアーツや1ON1が有効的 ◦⾃分の今までの価値観や動機は虚構の産物という  認識を持ち、精神的な混乱を⽣じるケースもある ◦今まで囚われていた枠組みから解放され、  ⼈⽣を通じて成し遂げたいことの探求が始まる ◦仕事以外にも熱中できる趣味や様々な機会を設ける ◦⾃分のマインドに向き合い、メンタルモデル(⾃⼰  世界観の信念)やメンタルブロック(経験からの思い  込み)に意識を向ける機会を設ける ֤ஈ֊͔Β࣍ஈ֊΁ͷਨ௚ൃୡͷ৚݅ ࣗॿ౒ྗͱपғͷࢧԉ
  19. 1. リーダーのあり⽅はさまざま 2. リーダーシップを使い分ける必要がある 3. それでも原点は、先頭に⽴って導くこと 4. ⾃分が正しいと思う未来、ビジョンが必要 5. 歴史・哲学でリーダーシップは誰でも養える

    6. ⾃分がどの段階のリーダーなのかを知るべき 7. 普遍的な成功はないが学びは⼤きい 8. だが、普遍的に⾒える失敗はある 9. それは歴史からしか学べない ·ͱΊ
  20.  ਓจֶɾਓྨֶɾྺ࢙  ϦϕϥϧΞʔπ  ϝλೝ஌ ਓจ஌ΛखʹೖΕΔ ϙουΩϟετͰλμͰฉ͚Δɻגࣜձࣾίςϯɻ 
 ࠷ߴͰ͢ɻࢲ͸՝ۚͯ͠·͢ɻ

    ࣗ෼Λม͍͑ͨɺࣗ෼ͷੈքΛ࠶ߏங͍ͨ͠ͳΒઈର ฉ͍ͨ΄͏͕͍͍ɻ ܦӦऀɾϚωδϝϯτɾϦʔμʔ͸ඞௌϨϕϧɻ
  21. 1.⼈物 1. 中華統⼀「秦の始皇帝」春秋戦国時代「墨⼦」三国志「曹操」中国史最⾼の治世者「太宗李世⺠」 2. 不知の⾃覚「ソクラテス」英雄の中の英雄「アレクサンドロス三世」独裁者「ヒトラー」インド独⽴の⽗「ガンディー」 3. 元スターバックスCEO「岩⽥松雄」株式会社COTEN「深井⿓之介、COTEN RADIO」エール株式会社「篠⽥真貴⼦」 2. 書籍・思想・技術書

    1. 原始仏教・⼤乗仏教「唯識の思想」「般若⼼経」 世界最⾼の帝王学「貞観政要」 2. ⺠主主義 ルソーの「社会契約論」ヘーゲルの「弁証法」 現代哲学の⽗ レヴィ=ストロースの「野⽣の思考」「構造主義」 3. 「世界のエリートが学んでいる教養書必読100選を⼀冊にまとめてみた」「サピエンス全史」「銃・病原菌・鉄」 4. 「具体と抽象」「嫌われる勇気」「無理の構造」「多様性の科学」「あなたのチームは、機能してますか?」 5. 「ゾンビスクラムガイド」「単体テストの考え⽅」「SREサイトリライアビリティエンジニアリング」「セキュアバイデザイン」 3. 漫画・アニメ 1. 「ワンピース」「ここは今から倫理です」「拳闘暗⿊伝セスタス」「⾵の⾕のナウシカ」「アンダーカレント」「蒼天航路」 
 「最果てのパラディン」「ヴィンランド・サガ」「キーチ」「少⼥ファイト」「MoonlightMile」「サンケンロック」 2. 「銀河英雄伝説」「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」「天元突破グレンラガン」「メイドインアビス」「もののけ 姫」 4.出来事・概念 1. フランス⾰命・⽇露戦争・第⼀次世界⼤戦・第⼆次世界⼤戦・パレスチナイスラエル問題 参考にした⼈物・書籍・思想・出来事・概念など