Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

UIFlowのtoio用ブロックを使ってみた / ビジュアルプログラミングIoTLT vol.12

UIFlowのtoio用ブロックを使ってみた / ビジュアルプログラミングIoTLT vol.12

you(@youtoy)

September 13, 2022
Tweet

More Decks by you(@youtoy)

Other Decks in Technology

Transcript

  1. UIFlowのtoio用ブロックを使ってみた 2022年9月13日 (火) ビジュアルプログラミングIoTLT vol.12 @オンライン 豊田陽介( ) @youtoy

  2. 自己紹介 豊田陽介( ) @youtoy ・IT系イベント主催、登壇や運営なども ・子ども向けの活動いろいろ ・ Microsoft MVP(2021/10 から)

    プライベートでの活動 ・ガジェット大好き ・今年、本を2冊出しました 好きなことなど 3月発売 (共著) 7月発売 (単著)
  3. 余談:JavaScriptもよく使ってます 【作ったものの一例】 光学迷彩・透明マント のような表現

  4. 今回の話題 ATOM系のデバイスと UIFlowを使ったtoioの制御

  5. UIFlowのtoio用ブロック 1.9.7 以降で利用可能(今の最新版は 1.10.5)

  6. UIFlowのtoio用ブロック ATOM Lite・ATOM Matrix で利用可能

  7. 実際に使ってみた

  8. toio用ブロックを使って作ってみた内容 ダイソーのおもちゃの 刀を光らせる色を選択

  9. ダイソーのマスコットキーホルダーを使ったら お腹の部分にちょうど おさまった

  10. toio用ブロックの現状

  11. 今の時点でドキュメント類はなさそう UIFlow上のリンクの飛び先 toio公式のページへ toio公式の通信概要 (仕様)のページへ

  12. Twitter・イベントでの画像・動画より プログラム例はこのあたりにあるくらい? (中の人のツイート、オンラインイベントでのワンシーン)

  13. 試した内容の補足

  14. 動画でデモした試作品のプログラム これくらいのプログラム規模 (toio との接続・マットの座標の読み取り、LEDテープの制御)

  15. お試しをした結果 できた 道半ば ・ATOM Lite と toio の BLE接続 ・BLE

    を使った Read・Write  ※ Read:専用マットの座標、Write:サウンド ・BLEを使った Notify  ※ コールバックブロックで結果を得るための    ブロックの組み方が分からず
  16. 未発売の製品について

  17. 個人的に楽しみにしている製品 ATOM Mate for toio

  18. イベントの告知

  19. 【10月下旬】enebular developersコラボ https://enebular.connpass.com/event/250779/ 10/27(木) オンライン開催 「ガジェット・enebular」に興味がある方へ!

  20. 終わり!