GitLabサーバーのモニタリング / gitlab server monitoring

GitLabサーバーのモニタリング / gitlab server monitoring

GitLab server monitoring with Prometheus.
And some server configurations.

Dc7327be55331bea629e0fde1499bdba?s=128

Teraoka Yoshinori

April 24, 2019
Tweet

Transcript

  1. GitLabサーバーの
 モニタリング
 Yoshinori Teraoka 2019.4.24 GitLab Meetup Tokyo #16 @PLAID

  2. 自己紹介
 エムスリー株式会社 エンジニアリンググループ SREチーム yteraoka yteraoka

  3. 自己紹介
 ◀ これ書きました autoscale runner のことはこ れ読めばだいたいわかる https://www.m3tech.blog/entry/advent-calendar-2018-2


  4. エムスリーと GitLab
 ユーザーの作成日時を見ると 2012年7月~(っぽい) 当然タヌキは昔のやつ 当時はまだ Omnibus package はまだ存在しなかったし、DB は

    MySQL だった どこかのタイミングで OS 更新に合わせて Omnibus package に変更 現在のプロジェクト数1200超 GitLab CI, GitLab Pages, Review Apps 使ってます
  5. 今日はモニタリングの話


  6. Agenda
 • Prometheus の活用 • 私の欲しかったもの • gitlab.rb 見てますか?

  7. Prometheus
 Monitoring GitLab with Prometheus https://docs.gitlab.com/ce/administration/monitoring/prometheus/ GitLab 9.0 以降では有効になっているはず 初期は有効にしていると問題があったので弊社ではながらく無効にしていました

  8. Prometheus Expoters
 • GitLab monitor exporter ◦ database (:9168/database) ◦

    process (:9168/process) ◦ sidekiq (:9168/sidekiq) • Node exporter (:9100/metrics) • Redis exporter (:9121/metrics) • Postgres exporter (:9187/metrics) • Nginx exporter (:8060/metrics) • Gitaly exporter (:9236/metrics) • GitLab Sidekiq exporter (:8082/metrics) • GitLab Workhorse exporter (:9229/metrics) • GitLab Unicorn (:8080/-/metrics)
  9. Grafana Dashboard
 Grafana Dashboard Repository がある https://gitlab.com/gitlab-org/grafana-dashboards Omnibus package 用

    https://gitlab.com/gitlab-org/grafana-dashboards/tree/master/omnibus (でも別にこれ使う必要はないし、必要なものを自分で作ったほうが良い)
  10. Overview Dashboard


  11. コレジャナイ感...
 Overview だけじゃなくて他にもいくつかあるし、必要なら自分で Dashboard も作れ ば良いのだが、何かあったら見ればよいメトリクスで、 GitLab で普段見る必要がある ようなものではない 私が欲しかったものは

  12. GitLab CI の待ち時間が知りたかった
 Runner 不足があるなら早く気づいて対処したい (実はまだ autoscale Runner 導入してない) しかし、Job

    の状況を確認できるメトリクスが見つからない 無かったら作るしかない
  13. GitLab CI の待ち時間が知りたかった
 node_exporter には Textfile Collector という機能があり、デフォルトで --collector.textfile.directory=/var/opt/gitlab/node-exporter/textfile_collector というオプションが指定してある

    このディレクトリに .prom という拡張子でテキストファイルを置けばメトリクスとして取得 可能になる DB から定期的に取りだしてファイルに書き出すようにしました
  14. GitLab CI の待ち時間が知りたかった
 こんなのが見れるようになった 
 
 赤い横線は Grafana のアラートの閾値 


    
 GitLab には Prometheus の alertmanager も含まれているが Grafana でやるとグラフ付きで Slack に送れます 

  15. 入門 Prometheus
 良さそうな本が出るみたいです 2019/05/18 発売 自分の見たい情報は自分で Dashboard 作るのが良い。 Grafana のサイトに共有されているものが参考になる。

  16. モニタリングだけじゃ時間が余りそうなので...


  17. gitlab.rb 見てますか?
 Omnibus package では /etc/gitlab/gitlab.rb にあり chef を使ったセットアップのための 変数定義がされています。

    yum update ではこれは更新されずに新機能はデフォルト値でセットアップされます。 カスタマイズしたい場合は /opt/gitlab/etc/gitlab.rb.template をもとに更新しましょう。 Release note に書かれていない新機能が見つかるはずです。
  18. S3 利用の拡大
 利用者が増えるとストレージの容量を気にする必要がでてきますが S3 もしくはその互換ストレージにファイルを保存できるものが増えてます • Backup • LFS •

    MergeRequest の diff • Artifacts (CI の生成物保存) • Uploads (Avatar 画像や添付ファイル) • Container registry
  19. Rack Attack
 かつてデフォルトで有効になっていましたが、オンプレ GitLab の導入理由を考えたらデ フォルトでは無効の方が良かったということでしょう。 インターネットに公開する場合は有効にしましょう。

  20. Unicorn worker killer
 GitLab には unicorn worker killer が組み込まれています。かつて、この値が弊社環境 には小さすぎたため頻繁に

    woker が kill されて遅いという問題がありました。気になる 場合はログを確認して unicorn['worker_memory_limit_min'] unicorn['worker_memory_limit_max'] を調整しましょう。
  21. まとめ
 • GI の待ち時間を減らしたい ◦ 可視化したので効果も見える ◦ autoscale させるぞ •

    gitlab.rb の差分をちょいちょい見ておくと良いですよ • GitLab CI (gitlab-ci.yml) のドキュメントもときどき見直すと発見がある