Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Internet Explorer は Microsoft Edge へ - IE の歩みとこれから -

Internet Explorer は Microsoft Edge へ - IE の歩みとこれから -

B8a848a5d23adf51f4f5373da52c2804?s=128

ms-yuhara

June 16, 2022
Tweet

More Decks by ms-yuhara

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Internet Explorer は Microsoft Edge へ - IE の歩みとこれから -

    2022 年 6 月 16 日 日本マイクロソフト株式会社 カスタマー サービス & サポート 原 佑介 (Sr. Escalation Engineer) Twitter: @ms_yuhara
  2. 自己紹介 • マイクロソフトのブラウザー (Edge と IE) をサポートする人 • XR 好き、ゲーム好き

    • Vsinger (特に花譜とヰ世界情緒) が好き • Twitter @ms_yuhara (ユスキィ)
  3. アジェンダ 1. Internet Explorer の歴史的変遷 2. IE11 デスクトップ アプリのサポート終了と未来 3.

    Microsoft Edge と IE モード 4. IE 亡き未来をみすえて意識すべきこと
  4. Internet Explorer 1.0 • 1995 年 8 月 Windows 95

    Plus! に同梱 • Spyglass からライセンスを受け て開発 • テーブル表示にも対応していな かった
  5. Internet Explorer 2.0 • 1995 年 11 月公開 • 日本語を含む多言語版の提供

    • SSL 2.0 や Cookie に対応
  6. Internet Explorer 3.0 • 1996 年 8 月公開 • Spyglass

    のソース コードは使 用せずに開発 • CSS1 に対応 • ActiveX コントロール • Java アプレット • HTTP/1.1
  7. Internet Explorer 4.0 • 1997 年 9 月公開 • レンダリング

    エンジンに Trident • HTML 4.01 対応、CSS1 完全対応
  8. Internet Explorer 5.0 • 1999 年 3 月公開 • ルビ、MHTML、CSS2

    対応 • Windows 2000 の OS の Service Pack と共に SP 提供 • 2000 年 7 月 IE 5.5 公開
  9. Internet Explorer 6 • 2001 年 8 月公開 • CSS2

    への対応強化 • DOM Level 2 や SMIL 2.0 への部 分的な対応 • IE 5.5 との互換性を考慮した Quirks モードを搭載 • Windows XP および Windows Server 2003 の既定のブラウザー • もっとも広く使われた IE
  10. Internet Explorer 7 • 2006 年 10 月公開 • IE

    として初のタブ ブラウズ • HTML や DOM、CSS などの標準 対応への強化 (不完全) • IPv6 や Transfer-Encoding (gzip や deflate) をサポート • 保護モードやフィッシング フィ ルター (後の SmartScreen) など のセキュリティ機能が初登場 • Windows Vista および Windows Server 2008 の既定のブラウザー
  11. Internet Explorer 8 • 2009 年 3 月公開 • IE

    として初のマルチ プロセス アーキテクチャー (LCIE) • HTML 4.01 へのより厳格な対応、 CSS 2.1 完全準拠、ECMAScript 第 3 版のサポート • 互換表示、およびドキュメント モードが初登場 • Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の既定のブラウザー
  12. Internet Explorer 9 • 2011 年 3 月公開 • W3C

    の HTML5 や CSS3 へ対応 • 新規開発した JavaScript エンジ ン Chakra を搭載 (これまでは JScript) • Direct2D や DirectWrite を使用 した GPU レンダリング • ダウンロードしたファイルの安 全性を評価する SmartScreen Application Reputation を初搭載
  13. Internet Explorer 10 • 2012 年 8 月公開 • Modern

    UI 版の IE が初登場 • Web Sockets や Indexed DB な どより多くの Web 標準に対応 • Adobe Flash Player が OS ビルト インに • 拡張保護モードが初登場 • Windows 8 および Windows Server 2012 の既定のブラウザー
  14. Internet Explorer 11 • 2013 年 10 月公開 • 結果的に最後の

    IE • SPDY/3 (後の HTTP/2) や WebGL な ど多くの Web 標準に対応 • パフォーマンスの向上とタッチへ の最適化 • ドキュメント モードが非推奨に • 2014 年 4 月に IE8 互換のエンター プライズ モードを追加 • Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の既定のブラウザー • Windows 10 でも Server や LTSB/LTSC では既定のブラウザー Edge 標準 Quirks IE7 標準 Quirks IE7 標準 Quirks IE8 標準 IE7 標準 Quirks IE8 標準 IE9 標準 IE7 標準 IE5 Quirks IE8 標準 IE9 標準 IE10 標準 IE7 標準 IE5 Quirks IE8 標準 IE9 標準 IE11 標準 Quirks IE6 IE8 IE9 IE10 IE11 IE7 IE5 IE10 標準 Quirks Quirks
  15. Microsoft のブラウザーの歴史的変遷 •IE11 は以前のバージョンの IE のレンダリング エンジンをほぼすべて持つ ➢IE6 (IE5 Quirks),

    IE7, IE8, IE9, IE10 など古い IE 向けアプリのすべてに対応することができた ➢反面、コードが巨大化複雑化し、開発や保守のスピードが低下 •機能強化・仕様追加が頻繁に起こる Web 標準に追随できない •『過去を断ち切る』形で新しいレンダリング エンジンとブラウザーを開発した ① IE → Microsoft Edge Legacy について •「最新の Web 標準に準拠する」ことによりブラウザー間の差異は、従来より非常に小さくなった •一方、Chrome と Edge Legacy 間でも解釈の差異やサポートする API セットに差異が生まれ、完全 な相互運用性は確保できなかった •モダン ブラウザーとしてデファクト化している Chrome との完全な相互運用性を取るため、レンダ リング エンジンを Chrome と同一のものに変更した ② Microsoft Edge Legacy → Microsoft Edge (Chromium) について Internet Explorer Edge Legacy Microsoft Edge Trident EdgeHTML Chromium Trident 2015 年 (Windows 10 リリース時) 2020 年 ① ② 内部に旧バージョン IE の レンダリング ロジックも すべて持っている HTML5 の最新仕様に 追随するための変更 モダン ブラウザーとしてデファクトに なっている Chrome との相互運用性を 完全なものにするための変更 IE7 IE8 IE9 IE10 IE11 IE7 IE8 IE9 IE10 IE11
  16. IE11 デスクトップ アプリのサポート終了 2021 年 5 月 20 日 アナウンス

    2022 年 6 月 15 日 IE11 デスクトップ アプリの サポート終了 2029 年以降 IE モード終了 2021 年 8 月 17 日 Microsoft 365 上での IE サポート終了
  17. IE モードのサポート終了までのロードマップ 2015/11 Win10 リリース Edge Legacy 誕生 2020/01 Edge

    Chromium 誕生 IE モード登場 2022/06 IE デスクトップ アプリ のサポート終了 2029/?? IE モードのサポート終了 (Trident の終了?) 2021/05 ロードマップ の発表 IE11 Microsoft Edge Legacy Microsoft Edge (Chromium) Trident EdgeHTML Chromium Trident Microsoft Edge Chromium IE モード廃止 無意識に IE を 使っているエンド ユーザーをなくす IE11 を必要とする サイトへは Edge の IE モードでアクセス してもらう レガシー Web を 撤廃する この期間中に モダン Web 化を 進めていただく 2021/03 Edge Legacy サポート終了
  18. Microsoft Edge Windows 10 に標準搭載された、Internet Explorer の後継ウェブ ブラウザー 18 Windows

    10 の標準ブラウザー Windows に最適化 クロス プラットフォーム対応 macOS, iOS, Android にも対応 Chromium エンジンの利用 Google Chrome と同様のエンジン 他ブラウザーと比べて様々な機能 互換性を補う "IE モード" やセキュリティ機能
  19. IE の後継である Microsoft Edge によりこれまで以上にお客様をサポート 4.26 億円 情報漏えい対策にかかる総コストの平均 ※ 「情報漏えい時に発生するコストに関する調査

    2020 年版」 Ponemon 調査、IBM Security 提供 3700 万円 レガシー アプリ/サイト毎の近代化にかかる費用 ※ Total Economic Impact™ survey conducted by Forrester Consulting on behalf of Microsoft in January 2021 60% 業務中にブラウザーを使っている時間 ※ Microsoft テレメトリ、2019 Microsoft Edge のメリット
  20. Microsoft Edge の機能紹介 機能名 概要 SmartScreen 最高レベルの保護機能を使用して攻撃を阻止する フィッシング詐欺対策およびマルウェア対策のサポート Application Guard

    信頼されていないサイトを隔離してデバイスを保護する 条件付きアクセス Azure Active Directory の ID を使用してデータとアクセスを保護する データ損失防止 (Endpoint DLP) 機密データのアップロードなどを制限しデータ損失を防ぐ パスワード モニター パスワードの漏洩を通知し、オンライン アカウントを保護する Blog, Research, Docs コレクション Web ページ、テキスト、画像をグループ化して保存し、アイデアを整理 垂直タブ たくさんのタブを同時に開いても、必要なタブを容易に見つけて管理 スリープ タブ 複数のタブを開いている際に、ブラウザーのパフォーマンスを向上させる メモリ使用量を平均で約 16 %、CPU 使用率を平均で約 26 % 節約 Blog, Web Experiences スマート コピー すべての Web 上のコンテンツの選択、コピー、貼り付けを容易にする サイド バー検索 選択範囲を Bing 検索してサイド バーに表示 翻訳 右クリックからページを翻訳できる 同期 お気に入り、履歴、パスワードなど複数デバイスで同期する Web ウィジェット News ヘッドラインと検索窓を持つ独立のウィジェット (未使用時最小化可能)
  21. Internet Explorer モード (IE モード) • Microsoft Edge アプリ内で動作 Microsoft

    Edge のタブの内部で IE を利用 • 管理者による利用制御 「サイトリスト」により IE モードを利用するサイトを指定 • IE11 のサポート プラットフォームで利用可能 Server を含む Windows 各種エディションをサポート
  22. IE モードのアーキテクチャー • IE モードでは、ブラウザー ウィンドウとしての外枠 (フレーム) は Microsoft Edge

    (msedge.exe) が制御し、コンテンツの表示部分だけ分離して IE11 (iexplore.exe) に よって処理する • iexplore.exe がそのまま処理するため、IE11 と高い互換性を持つ • 逆にフレームが IE モードの制御外なので、ウィンドウに関係する動作は Chromium の制約を受ける Microsoft Edge Trident (mshtml.dll) タスク マネージャー iexplore.exe msedge.exe
  23. Internet Explorer って安全? ◆サポート中は安全なブラウザーであり続け るべくセキュリティ更新を提供、ただし… • 核となる設計は 1990 年代頃と大きく 変わらず

    ✓Edge は機能ごとに処理プロセスを 分離しサンドボックス化 • セキュリティ更新プログラムは原則と して月ごとの配信 ✓Edge は緊急度の高いセキュリティ 更新を数時間から数日で配信 • 利用者の減少にともない脆弱性の早期 発見が困難に ✓Microsoft Edge 報奨金プログラム によるゼロデイ攻撃対策
  24. IE 亡き未来をみすえて意識すべきこと • Edge 移行ではなく Web 標準準拠を目指す • 相互運用性、クロス プラットフォームの恩恵を得る

    • ブラウザー / Web アプリが明日も今日と同じよう に動く (はず / べき) という幻想を捨てる • HTML は Living Standard、仕様自体が日々進化する • Chromium では日々数十以上のコミットが行われている • サポートされるバージョンにブラウザーを常に更 新する • Beta/Dev/Canary などの先行リリースを活用し、少数の グループで常にテスト
  25. END

  26. 4.26 億円 情報漏えい対策にかかる総コストの平均 ※ 「情報漏えい時に発生するコストに関する調査 2020 年版」 Ponemon 調査、IBM Security

    提供 レガシー アプリとサイト、 および最新の Web のすべてに対応 33.5万ドル レガシー アプリ/サイト毎の近代化にかかる費用 ※Total Economic Impact™ survey conducted by Forrester Consulting on behalf of Microsoft in January 2021 60% 業務中にブラウザーを使っている時間 ※Microsoft テレメトリ、2019 *NSS Lab の独立した調査結果 セキュリティ
  27. 386万ドル 情報漏えい対策にかかる総コストの平均 ※「情報漏えい時に発生するコストに関する調査 2020 年版」 Ponemon 調査、IBM Security 提供 レガシー

    アプリとサイト、 および最新の Web のすべてに対応 33.5万ドル レガシー アプリ/サイト毎の近代化にかかる費用 ※Total Economic Impact™ survey conducted by Forrester Consulting on behalf of Microsoft in January 2021 60% 業務中にブラウザーを使っている時間 ※ Microsoft テレメトリ、2019 生産性向上
  28. 386万ドル 情報漏えい対策にかかる総コストの平均 ※「情報漏えい時に発生するコストに関する調査 2020 年版」 Ponemon 調査、IBM Security 提供 レガシー

    アプリとサイト、 および最新の Web のすべてに対応 3700万円 レガシー アプリ/サイト毎の近代化にかかる費用 ※ Total Economic Impact™ survey conducted by Forrester Consulting on behalf of Microsoft in January 2021 60% 業務中にブラウザーを使っている時間 ※Microsoft テレメトリ、2019 互換性
  29. Microsoft Defender SmartScreen 最高レベルの保護機能を使用して攻撃を阻止する フィッシングに対する保護※1 Microsoft Edge 95.5% Google Chrome

    86.9% Mozilla Firefox 85.9% Opera 79.2% マルウェアに対する保護※2 Microsoft Edge 98.5% Google Chrome 86.1% Mozilla Firefox 86.0% Opera 5.6% ※ 1 2020 NSS Labs Web Browser Security Results - Phishing ※ 2 2020 NSS Labs Web Browser Security Results – Malware
  30. Microsoft Defender Application Guard 信頼されていないサイトを隔離してデバイスを保護する https://aka.ms/EdgeAppGuard

  31. エンドポイント データ損失防止 (Endpoint DLP) エンドポイントでのデータ損失を防ぐ • ファイルのアップロード • クリップボードの保護 •

    印刷の保護 • USB/ネットワークへの保存 https://aka.ms/EdgeEndpointDLP ※ Microsoft エンドポイント データ損失防止 (Endpoint DLP) には、Microsoft 365 E5 また は Microsoft 365 コンプライアンス サブスクリプションが必要
  32. パスワード モニター パスワードの漏洩を通知し、オンライン アカウントを保護する https://aka.ms/PasswordMonitor

  33. コレクション Web ページ、テキスト、画像をグループ化して保存し、アイデアを整理

  34. 垂直タブ たくさんのタブを同時に開いても、必要なタブを容易に見つけて管理

  35. スリープ タブ 複数のタブを開いている際に、ブラウザーのパフォーマンスを向上させる ※ 2021 年 3 月時点のベータ ビルドによる調査 https://blogs.windows.com/windowsexperience/2021/03/04/amp-up-your-performance-

    with-startup-boost-and-find-information-blazingly-fast-with-microsoft-edge-and-bing/
  36. スマート コピー すべての Web 上のコンテンツの選択、コピー、貼り付けを容易にする

  37. エンタープライズ モード サイトリストによる制御 • URL ごとに開き方を指定する • 端末内や NW 上に配置できる

    IE モードで開く
  38. サイトリストによる制御 Microsoft Edge + IE モードの運用体制 ◆Microsoft Edge だけですべての Web

    サイト に対応 • レガシーな Web アプリ : IE モード • モダンな Web アプリ : Edge ◆IE モードの動作対象は URL で指定 • サイトリストで制御 • メニューによる手動切り替えでも利用可能 Windows 10 IE11 Microsoft Edge レガシー Webアプリ Microsoft 365 アプリ/サービス レガシー Webアプリ モダンな Webアプリ Chromium IE モード
  39. IE モードのウィンドウ構造 • Chromium のウィジェット (Chrome_WidgetWin) の子ウィンドウと して IE11 の従来のフレーム

    (IEFrame) が 埋め込まれている • 非アクティブな IE モードのウィンドウは、 ツリーから切り離されて非表示で存在
  40. IE モードへの Web 対応・開発でよくあるご質問 ◼ 互換性に関する情報 ➢ window.open による子ウィンドウの扱い ➢

    ウィンドウのクライアント領域のサイズ ➢ ウィンドウをデスクトップ外に開けない ➢ ブラウザー エンジンの切り替え時の通信で起こること ◼ How to/Tips ➢ Web コンテンツのデバッグ方法 ➢ Cookie の共有 ➢ ページ遷移時のブラウザー エンジンの切り替え ➢ IE モードでの表示をテストしたい ➢ Internet Explorer モードでサイトの再読み込みを許可 ➢ サイトリストで指定しているサイトが IE モードで表示されない ➢ ドキュメント モードを確認したい ➢ ニュートラル サイト IE モードの良くあるご質問 | Japan Developer Support Internet Team Blog (jpdsi.github.io) https://jpdsi.github.io/blog/internet-explorer-microsoft-edge/ie-mode-faq/ サポートチームの Blog にて情報を発信していますので、ご活用ください。 40