clusterのコンテストで、大賞を取ったワールドを解説してみる

3dfed36dc1543f0007b5fd46fcb41a47?s=47 yunoda
July 31, 2020

 clusterのコンテストで、大賞を取ったワールドを解説してみる

2020/7/31開催のyokohama.unityで登壇したスライド

アップロードしたら、なんか文字が滲んでしまいましたー......

3dfed36dc1543f0007b5fd46fcb41a47?s=128

yunoda

July 31, 2020
Tweet

Transcript

  1. clusterのコンテストで、 大賞を取ったワールドを解説してみる yokohama.unity ~オンラインDEユルクヤッテル #実質4回目~ 2020/7/31 yunoda

  2. 自己紹介 モバイルゲームエンジニア Unity/Blender 歴2年半 個人開発を経て、 エウレカスタジオ株式会社で ハイパーカジュアルゲームを作っていま す yunoda

  3. clusterでゲームが作れます!

  4. 今、clusterが熱い!!

  5. clusterゲームワールドコンテスト(終了) - clusterにギミックとトリガーが実装さ れたタイミングで開催されたイベント - 準備期間1か月で「遊べる」ワールドを 制作するコンテスト - 創造力、何度も楽しめる、熱量、の三 項目が審査対象

  6. 私も参加してみました....その結果、

  7. None
  8. 教えたい、ワールド制作の秘儀..... ※環境はClusterKit ver.1.6.1です。

  9. clusterでできること - ClusterKitを使ったギミック、トリガー ◦ ギミック ex. アニメーション、タイムライン、オブジェクト生成・削除 ..... ◦ トリガー ex. 衝突検知、クリック.....

    ◦ ロジック(experimental) ex. タイマー.... - ワールドポータルの設置 ◦ 重たすぎるワールドは分割して、ワールド内から誘導する - コメントの取得、YouTube Liveのコメント取得..... - Unity純正のコンポーネント類はだいたい使えます - ポストプロセスも使えます
  10. clusterでできないこと - スクリプトは動きません!!(DLL化してもダメです) - ペデスタル(アバター変身装置)はありません - Built-in Pipelineなので、VFXやShaderGraphも使えません - リアルタイムシャドウが使えません

    - プレイヤー視点のカメラで細かい設定ができません(Culling Mask, Clipping Planes….)
  11. あっ!、と言わせるワールドを作るには......

  12. ベイク前提のライティング リアルタイムシャドウは使えないので、ベイクでモデルの立体感を出す - ライトマップがそこそこ容量を取るので、ほどほどに シャドウがなくても目立たないデザインにする - 今回の作品では、エミッションで誤魔化しました - エミッションを多用した使ったワールドは少なかった印象.....

  13. リバーブゾーンで差を付けよう 実は使っている人が少ない......。 音の反響でスケール感や臨場感をアップする。 VRだと特に効果的です。スマホでも、エコー系のエフェクトはわかりやす いです。

  14. オブジェクトに動きを付ける 動きのあるオブジェクトを作るには、 • アニメーション • タイムライン • シェーダー(他にやってた人はほぼゼロ.....) ただし、ClusterKitはBuilt-in Pipelineに

    しか対応していないので、 ShaderGraphは使えません .......そこで、
  15. Built-in時代のシェーダーエディターを使う Shader Forge Amplify Shader Editor サポート終了....

  16. Physical Materialで物理を操る 現状の機能だけだと、ランダム性のある動きはほとんど作れません - 物理演算に任せてしまいましょう Physical Materialで摩擦や弾性を設定できる スーパーボール、ホッケー、卓球....っぽい動きを再現できる 今回のコンテストでは、ほとんど使われていなかった

  17. 入賞を狙うには…

  18. ちなみに今回の受賞理由はこちら

  19. (個人的に) 重要なゲームデザイン要素 • 「ムキになってしまう」 ◦ トライアンドエラーがスムーズ にできる ◦ 【プレイヤーのアクション ⇒

    結果】がテンポよく返ってくる • シンプル ◦ ClusterKitでできること < C#でできること なので 難しいルールを作らない • 完成度 ◦ かならず他の人にテストプレイしてもらう (客観的に見てもらうことが大事) • VRでもスマホでも ◦ デバイスに依存しない遊び ◦ VRは酔いやすい、スマホは視点操作にワンテンポかかる
  20. ワールド制作、はじめてみませんか?

  21. 余談ですが.....

  22. None