Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

DevOpsとリーンの理論と実践

 DevOpsとリーンの理論と実践

73dfdf58c8072916f1b4c62c93279fd7?s=128

Yuzo Iwasaki

April 07, 2021
Tweet

Transcript

  1. DevOpsとリーンの理論と 実践 2021/04/07 Yuzo Iwasaki

  2. 自己紹介 ・Yuzo Iwasaki ・Engineering Manager @CAMPFIRE, Inc. (Ex-SRE) ・ @yuzoiwasaki

    ・趣味はギター、散歩など ・最近作ったもの https://github.com/yuzoiwasaki/bird-san 朝活コミュニティ用のSlackbotです #CAMPFIRE_MEETUP
  3. 今日はDevOpsとリーンの話をします #CAMPFIRE_MEETUP

  4. DevOpsとは ・開発チーム(Dev)と運用チーム(Ops)がお互いに協調し合うことで、価値をより 迅速にエンドユーザーに届け続けるという概念 ・DevOps は文化運動であり、文化とツールの二側面がある ・DevOps はインフラにアジャイルを適用したものであり、リーン開発の思想が ベースになっている。また高信頼マネジメントなどの組織論も背景にある ・DevOps には明確な定義は存在しない

    ・class SRE implements DevOps #CAMPFIRE_MEETUP
  5. リーン開発とは ・リーン開発はトヨタ生産方式(TPS)をソフトウェア開発に応 用させた開発手法 ・ムダを取り除くことに特徴がある #CAMPFIRE_MEETUP

  6. カンバン リーン開発ではカンバンと呼ばれるボードを使ってタスクを 管理する 出典: https://lean-trenches.com/one-day-in-kanban-land/ #CAMPFIRE_MEETUP

  7. カンバンのポイント ・WIP制限で各ステージごとのカードの数が制限されてい る ・プル型である ・バリューストリームが可視化されている #CAMPFIRE_MEETUP

  8. WIP制限のメリット ・効率の悪いマルチタスクがなくなる ・ボトルネックが可視化される ・自然にタスクの粒度が小さくなる #CAMPFIRE_MEETUP

  9. プル型であること ・ボトムアップでタスクを作ったり拾ったりできるようになる ・助け合いの精神が生まれる ・プル型の組織を実現するには心理的安全性が確保され ていることが重要 #CAMPFIRE_MEETUP

  10. バリューストリーム ・バリューストリームとは顧客の要求からソフトウェアのデ プロイまでの流れを指す ・カンバンを使うことでバリューストリームを可視化できる ・全体を俯瞰して計測することで、どこにボトルネックがあ るかを特定し、取り除くことができる #CAMPFIRE_MEETUP

  11. SREチームのカンバンボード #CAMPFIRE_MEETUP

  12. SREチームのカンバンボード ・重要度と想定工数フィールドを設けることで、優先度とタ スクの粒度を視覚化しプルしやすくしている ・種別を設定することでトイルを可視化している ・本来はReviewやDeploy Readyステージも設けるべき だが、人数が少ないのでシンプルにしている #CAMPFIRE_MEETUP

  13. カイゼン ・カイゼンとは作業における無駄をなくし、業務を効率化 する活動 ・ボトムアップであることが特徴 #CAMPFIRE_MEETUP

  14. ソフトウェア開発における 3つのムダ ・間違ったものを作るというムダ ・学び損ねるというムダ ・過度な作業切り替えによるムダ #CAMPFIRE_MEETUP

  15. 改善を続ける ・失敗とは学ぶ機会である ・標準は挑戦や改善のために存在する ・科学的な方法を使う #CAMPFIRE_MEETUP

  16. 結果が重要なのではなく、人と結果を出せる システムを育てるのが重要 #CAMPFIRE_MEETUP

  17. Thank you for listening ! #CAMPFIRE_MEETUP

  18. Any questions ? #CAMPFIRE_MEETUP