Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

小さい組織での SRE の探求

Yuzo Iwasaki
February 10, 2023

小さい組織での SRE の探求

Yuzo Iwasaki

February 10, 2023
Tweet

More Decks by Yuzo Iwasaki

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 小さい組織での SRE の探求
    2023/02/09 岩崎 雄三
    ©2023 CAMPFIRE, Inc.

    View full-size slide

  2. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 2
    自己紹介
    岩崎 雄三
    ● CAMPFIRE VPoE 兼プロダクト開発部部長
    ● 2016年に CAMPFIRE 入社後、負荷対策や
    デプロイ改善、SRE チームの立ち上げなどに
    関わる。元リード SRE / SRE チームマネー
    ジャー
    ● Twitter: @yuzoiwasaki

    View full-size slide

  3. 3
    900万人 330万人
    支援者数
    申請から掲載までに
    1ヶ月程度かかるプ
    ラットフォームが一般的ですが、
    CAMPFIREでは審査は必要最低限に。
    ページの作成も文字と画像を組み合わ
    せるだけで、誰でも簡単に作成可能で
    す。
    私たちは「誰しもが声を上げられる世の
    中」を作るために、ジャンル・規模は問い
    ません。オールジャンルで幅広い世代の
    方にご利用頂いています。
    ©2023 CAMPFIRE, Inc.
    これまでの累計支援者数は
    900万人、
    会員数は330万人を突破しました。
    会員数

    View full-size slide

  4. 4
    わたしたちのミッション
    一人でも多く一円でも多く、
    想いとお金がめぐる世界をつくる。
    私たちは、インターネットの可能性を信じ、
    誰もが声をあげられるプロダクトを創り続けます。
    どんなに小さな声であろうと、自由に表現や発信ができるように。
    どんな立場の人であろうと、等しく金融にアクセスできるように。
    テクノロジーを駆使して、共感や仲間、お金集めを支える新たなインフラになっていく。
    そこから生まれる多様な経済圏を、毛細血管のように社会にめぐらすことで、
    すべての人が自己表現するように生きられる経済を実装します。
    ©2023 CAMPFIRE, Inc.

    View full-size slide

  5. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 5
    CAMPFIRE の開発組織
    開発チーム
    14名
    SREチーム
    3名
    コーポレートエンジニア
    リングチーム
    2名
    プロダクト開発部

    View full-size slide

  6. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 6
    CAMPFIRE の SRE の仕事
    CAMPFIRE の SRE の仕事
    ● CAMPFIRE のミッションを実現するために、サービスの信頼
    性を担保する
    ● インフラの構築、運用がメイン
    ● コードを書くことでインフラ課題を解決
    ● 最近 ECS を EC2 から Fargate に変更しました

    View full-size slide

  7. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 7
    本日のテーマ
    CAMPFIRE は小さい組織
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  8. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 8
    小さい組織でどう SRE を実践していったか
    小さい組織の良い点
    ● チームワークが良い
    ● チーム間の垣根が低い
    ● 対応がスピーディー
    ● フィードバックサイクルが速い

    View full-size slide

  9. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 9
    小さい組織の悪い点
    ● 属人化しやすい
    ● 兼任が多い
    ● みんな忙しい
    ● ローテーションが組みにくい
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  10. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 10
    良いところはうまく利用し
    悪いところは逆手に取る
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  11. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 11
    ● チームワークが良い
    ● チーム間の垣根が低い
    ● 対応がスピーディー
    ● フィードバックサイクルが速い
    開発と運用の連携や SRE 文化の浸透が容

    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  12. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 12
    ● チームワークが良い
    ● チーム間の垣根が低い
    ● 対応がスピーディー
    ● フィードバックサイクルが速い
    バリューストリームにおけるフィードバックループ
    が速いため、DevOps と相性が良い
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  13. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 13
    小さなチームは SRE と相性が良い🦎
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  14. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 14
    問題は悪い点とどう向き合うか🤔
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  15. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 15
    ● 属人化しやすい
    ● 兼任が多い
    ● みんな忙しい
    ● ローテーションが組みにくい
    属人化を許容し、スムーズな運用に繋げる。
    例えば、開発チームと SRE チームのマネー
    ジャーを特定の人間が兼任すれば衝突はなく
    なる
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  16. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 16
    CAMPFIRE での事例
    ● 岩崎が開発チームと SRE チームのマネージャーを兼任し責
    任を負う
    ○ どちらのチーム経験も長く全員と顔見知りなのでコミュニ
    ケーションがスムーズ
    ○ コントロールではなくコンテキストを重視
    ● 徐々に組織が大きくなり余裕ができたら、それぞれのチーム
    にマネージャーを立てて権限を委譲

    View full-size slide

  17. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 17
    ● 属人化しやすい
    ● 兼任が多い
    ● みんな忙しい
    ● ローテーションが組みにくい
    強制せず、まずは一人でもやってみるところか
    ら始める。MTGの頻度を減らす。少しずつ変
    えていく
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  18. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 18
    CAMPFIRE での事例
    ● 任意参加 & 事前準備不要の SRE 本の輪読会を開催
    ○ 本がない人は各章のテーマについてネットで調べて勉強
    すればOK
    ○ 開発チームなど他のチームの参加もOK
    ● チームの忙しさに合わせて、本来は毎週行うべきプロダク
    ションミーティングの頻度を隔週に
    ● 少しずつ変えるのは SRE のベストプラクティスでもある。まず
    はやってみることから始めた

    View full-size slide

  19. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 19
    ● 属人化しやすい
    ● 兼任が多い
    ● みんな忙しい
    ● ローテーションが組みにくい
    無理せずベストエフォート対応に。ただし、事
    前にリスクは最小化する
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  20. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 20
    CAMPFIRE での事例
    ● 開発者に広く権限を与え、SRE 以外も緊急時に対応できる
    体制に。特に当番は決めず、気づいた人が対応する
    ● 定時前や休日前はデプロイしないなど運用ルールを整備し
    てリスクを最小化。デプロイの粒度も日常的に小さくしておく
    ● ビジネスサイドとも常にコミュニケーションを取っておき、大型
    案件が公開されるなどの情報は事前に共有してもらう

    View full-size slide

  21. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 21
    SRE 本を必ずしもそのまま実践する必要はなく、
    チームにあったプラクティスを柔軟に適用すること
    がだいじ
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  22. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 22
    もう一つだいじなこと = 文化
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  23. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 23
    ● 小さいチームが機能するためには、各々が主体性
    を持って取り組むことが重要
    ● 各々が主体性を持つためには、健全なカルチャー
    と心理的安全性が必要
    小さい組織でどう SRE を実践していったか

    View full-size slide

  24. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 24
    CAMPFIRE での事例
    CAMPFIRE のミッション・バリュー
    https://campfire.co.jp/mission/
    04. 人に優しくあろう
    人に優しくあろう。痛みを知っているからこそ、失敗を過去にしたからこそ、他者に優しくで
    きる。
    07. 言葉を大事にしよう
    言葉を大事にしよう。言葉は態度となり、態度は必ず相手へと伝わる。常に謙虚な気持ち
    を忘れず、軽薄な言葉や、誰かを貶める発言に気をつけよう。

    View full-size slide

  25. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 25
    CAMPFIRE での事例
    ● 非難のないポストモーテムを導入し、失敗から学んでいくカ
    ルチャーを醸成
    ● カンバンを使い、WIP 制限を設けつつ、ボトムアップで改善
    を進めていくプル型の運用を実現
    ● 特定の人間に運用負荷が集中しないように、手動対応は極
    力自動化し、50%は成長できる仕事に当てられるように

    View full-size slide

  26. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 26
    Yes, SRE!
    CAMPFIRE での事例

    View full-size slide

  27. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 28
    まとめ
    ● 小さい組織でも、小さい組織だからこそ SRE を実践すること
    は可能
    ● SRE 本をそのまま実践するのではなく、チームにあった工夫
    をすることがだいじ
    ● その際は DevOps や SRE のプラクティスを導入して健全な
    カルチャーを作ると良い

    View full-size slide

  28. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 29
    まとめ
    ● CAMPFIRE のエンジニア組織は一人一人のエンジニアが有
    機的に動くやさしいチーム
    ● 先月の CircleCI のインシデント対応もすごく早かった

    View full-size slide

  29. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 30
    一緒にやさしい組織でこれからの SRE を作
    りませんか?
    まとめ

    View full-size slide

  30. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 31
    おわりに
    We’re hiring !
    https://campfire.co.jp/careers/

    View full-size slide

  31. ©2023 CAMPFIRE, Inc. 32
    おわりに
    ご清聴ありがとうございました!

    View full-size slide