Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

最近のrubyインストール方法

 最近のrubyインストール方法

第84回 Ruby関西 勉強会での snap や docker イメージについてのプレゼンの発表資料です。

D0260637093bc53a82195678fd2ba4c3?s=128

Kazuhiro NISHIYAMA

December 01, 2018
Tweet

More Decks by Kazuhiro NISHIYAMA

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 最近のrubyインストール方法 Kazuhiro NISHIYAMA 第84回 Ruby関西 勉強会 2018/12/01 株式会社Ruby開発 Powered by

    Rabbit 2.2.1
  2. 自己紹介 西山 和広 Ruby のコミッター twitter, github など: @znz 株式会社Ruby開発

    www.ruby-dev.jp 1/15
  3. agenda 通常インストール snap docker 2/15

  4. 通常インストール 最新版は公式サイトのダウンロード http:// www.ruby-lang.org/ja/downloads/ から Windows なら RubyInstaller Ruby 開発者には

    rbenv + ruby-build が人気で rvm は評 判が悪い Linux などなら OS 標準のパッケージでインス トールも良い yum や apt など 3/15
  5. snap とは? canonical が開発している新しいパッケージシス テム Ubuntu 16.04 以降には標準で入っている その他の対応環境は https://docs.snapcraft.io/

    installing-snapd/6735 参照 http://www.ruby-lang.org/ja/news/2018/11/08/ snap/ 4/15
  6. snap でのインストール sudo snap install ruby --classic 2018/11 現在 channel

    を指定しない場合は 2.5.3 がイン ストールされる 2.4 を利用したい場合 sudo snap install ruby --classic --channel=2.4/stable 5/15
  7. 切り替え 2.3 に切り替えるには以下のコマンドを実行: sudo snap switch ruby --channel=2.3/stable sudo snap

    refresh 6/15
  8. snap の制限事項 RubyGems は $HOME/.gem にインストールされる ように GEM_HOME と GEM_PATH

    が設定されている bundle exec なしで rails コマンドなどを実行し たい場合 .bashrc などに以下が必要 eval `ruby.env` 7/15
  9. snap での gem の注意事項 $HOME/.gem が複数バージョンで共有される 切り替え時にC拡張は gem pristine --

    extensions で再コンパイルが必要 nokogiri など 8/15
  10. フィードバック先 https://github.com/ruby/snap.ruby 不具合報告やフィードバックなどはこちらへ 9/15

  11. docker とは? Linux のコンテナ環境 簡単にいうと、外側の環境にあまり影響を与えず に、独立した環境の中でプログラムを動かせるも の 10/15

  12. docker ruby イメージ https://hub.docker.com/_/ruby/ docker pull ruby のもの docker オフィシャル

    production 環境向き ruby 本体の開発者は関わっていない (Linux ディストリビューションのパッケージと同じ) 11/15
  13. rubylang/ruby イメージ https://hub.docker.com/r/rubylang/ruby/ docker pull rubylang/ruby ruby-lang.org オフィシャル 2018/11現在 実験的

    (EXPERIMENTAL) 扱い trunk のナイトリービルドがある 開発中のバージョンを一番手軽に試せる環境になるかも 12/15
  14. rubylang/all-ruby イメージ https://hub.docker.com/r/rubylang/all-ruby/ docker pull rubylang/all-ruby 大きい (現在 10.2GB) ので注意

    リリースされたすべての ruby での動作を確認できるイ メージ バグ報告をするときやドキュメントを書く時などに便利 13/15
  15. 実行例 $ docker run -it --rm rubylang/all-ruby ./all-ruby -e 'print("hello\n")'

    ruby-0.49 hello ... ruby-2.6.0-preview2 hello 14/15
  16. まとめ 通常インストールは公式サイト参照 ディストリビューションのパッケージのインス トールもあり snap パッケージが最近増えた 用途によっては docker イメージも便利 15/15

    Powered by Rabbit 2.2.1