20191225_DevRel_Community_vol.6

Fecdd3417cd7375cc0bd0352d72db27e?s=47 1ft-seabass
December 25, 2019

 20191225_DevRel_Community_vol.6

DevRel/Community #6 〜ユーザカンファレンス〜「はじめてのNode-RED UGカンファレンス!Node-RED Con Tokyo 2019運営よもやま話!」の登壇資料です。

◆スライド内の素材は以下を使用させて頂いております。ありがとうございます!

・シルエットデザイン http://kage-design.com/
・human pictogram 2.0 http://pictogram2.com
・ICOOON MONO http://icooon-mono.com/

Fecdd3417cd7375cc0bd0352d72db27e?s=128

1ft-seabass

December 25, 2019
Tweet

Transcript

  1. [サブタイトル] [タイトル] ワンフットシーバス 田中正吾 DevRel/Community #6 〜ユーザカンファレンス〜 はじめてのNode-RED UGカンファレンス! Node-RED

    Con Tokyo 2019運営よもやま話! ワンフットシーバス 田中正吾
  2. 私の話はスライドを後ほど共有します。 話す内容に注力いただいて大丈夫です!

  3. 田中正吾(たなかせいご) 屋号:ワンフットシーバス 2004年よりフリーランス。以後、FLASH制作を 中心にインタラクティブコンテンツを主に行い現 在に至る。 最近ではWEBフロントエンドをベースにしなが らも、情報とインターフェースが合わさるアプ ローチという視点でIoTやMixed Realityといった 技術も取り入れながら活動しています。

  4. こんなことを話します • イベントの様子 • よもやま話 ◦ スケジュール感とか反省点とか良かった点とか • ??? •

    来年へ向けての話
  5. Node-RED Con Tokyo 2019

  6. 最近のNode-RED勉強会で 盛り上がりが感じていたのでチャンス! という気持ちで動きはじめました

  7. 動き出したのは4月 7月開催だったので超過密スケジュールでした 4

  8. 会場 日立製作所 中央研究所 協創棟 !UGスタッフがつないでくれた素晴らしい場所。 日立製作所さんというネームバリューは、企業な方々にもアピールが強かったと思う。

  9. 登壇もさまざま 教育系、ハンズオン知見などなど

  10. 登壇もさまざま 企業のリアルな事例や都市や社会へアプローチする大きなものとか

  11. 登壇もさまざま 企業のリアルな事例や都市や社会へアプローチする大きなものとか

  12. キーノート UGメンバーでリレー形式で話しました

  13. キーノート IBM UK Advocate team の Nick and Dave さん(Node-RED

    のメイン開発者)がビデオレター
  14. イベントとても盛り上がりました おおよそ180人来場、つねに100人ほどいらっしゃいました Meetup Applicants about 180 persons. Usual atendees about

    100 persons.
  15. よもやま話 大変だった点とか良かった点とか

  16. 2ヵ月での立ち上げは過密だった スピーカー調整・デザイン回り・サイト・告知・当日運営・諸連絡・懇親会・見渡し などなど UGメンバーのみなさんが経験者が多く助けられた面が多い

  17. Todoログとったのでチラ見せ あくまで自分目線ですが

  18. スピーカーとの調整はエキサイティング プロフィールあつめとか内容のお伺いとか今回は知り合い補正があったが 今後はPaperCallとか独立担当立てるとかいろいろやったほうがいいかも。うむむ。

  19. そしてとあるTIPSを伝えたい なにごとも正フローの巻き戻しである

  20. グッズは大事 マグカップ・バナー・ロゴ入りマグカップ・ Tシャツ・ネックレス (たいじさんハンドリング本当に感謝でした!)

  21. Tシャツは結束を上げるし雰囲気作りでも重要 ほんと作っていただいてよかった

  22. 良かった点 • とにもかくにもカンファレンスを実現できた(日本初ど ころか世界初っぽい) • Node-RED日本での様々なユースケースを集めて知らせる ことができた。カンファレンスの基本効用。 • Node-REDにおけるユーザーや企業のつながりを強められ たし、UGを応援してくれる方がたくさんわかった。

    • テクノロジーを広めていくってとてもたのしい。
  23. 来年へ向けて いろいろあるけど • 勢いだけでいきすぎたので、次はきっと余裕を持ったス ケジュール(せめて4ヵ月ほしい) • ちゃんとスポンサーを募ったりして運営の幅を広げてい きたい。大変だけど挑戦してみたい。 • オリンピックとかぶる年なので、注意深く慎重にプラン

    を立てていきたい • ユーザーグループに大きな目標ができて芯が通った感じ でたのしい
  24. スペシャルサンクス • All volunteer staffs! • All atendees! • All

    Speakers!
  25. Node-RED Con Tokyo やってよかった! 今後も頑張っていきます!