Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

20210521_familytechlt_vol.4

 20210521_familytechlt_vol.4

20210521_第4回【ファミリーテックLT】「息子の体温を非接触ではかってみた試行錯誤」の登壇資料です。

◆スライド内の素材は以下を使用させて頂いております。ありがとうございます!

・シルエットデザイン http://kage-design.com/
・human pictogram 2.0 http://pictogram2.com
・ICOOON MONO http://icooon-mono.com/

Fecdd3417cd7375cc0bd0352d72db27e?s=128

1ft-seabass
PRO

May 21, 2021
Tweet

Transcript

  1. 20210521_第4回【ファミリーテックLT】 息子の体温を非接触ではかってみた試行錯誤 ワンフットシーバス 田中正吾

  2. 私の話はスライドを後ほど共有します。 話す内容に注力いただいて大丈夫です!

  3. 田中正吾(たなかせいご) 屋号:ワンフットシーバス 2004年よりフリーランス。以後、FLASH制作を 中心にインタラクティブコンテンツを主に行い現 在に至る。 最近ではWEBフロントエンドをベースにしなが らも、情報とインターフェースが合わさるアプ ローチという視点でIoTやMixed Realityといった 技術も取り入れながら活動しています。

  4. こういうものを作りました

  5. サーモカメラ + M5Stack

  6. Grove サーモカメラ MLX90640 を M5Stack で可視化して LINE にログも送る

  7. Node-RED でセンサーデータを受信して LINE Notify に通知する仕組み

  8. まず私がデモしてみます!

  9. モチベーション

  10. 1歳の息子の発熱がちょいちょいある 保育園に行くようになって機会が増加!

  11. 脇に挟むやり方は絶対ムリ すごくいやがる

  12. 耳に入れる方式

  13. これもメッチャいやがる

  14. 現状は非接触の体温計に落ち着いているが 割と結果がブレるのとログが取れないのを何とかしたかった

  15. 息子相手でもちゃんと測れたよ! いろいろ試行錯誤しました!

  16. 試行錯誤したこと

  17. センサーをM5Stackへつないだナレッジはこちら MQTTで大量のデータ送るコツや温度分布をM5Stackに可視化するナレッジは複雑なので近日まとめます https://www.1ft-seabass.jp/memo/2021/05/05/grove-thermal-camera-ir-array-mlx90640-110-degree-firststep/

  18. 離れて計測すると温度がまばらに出るので 中心温度を測るようにして近づけるように

  19. すばやく計測しないといけないので 3秒カウントとかやめて即反応するように 起きててると一瞬でやらないと取られる!寝てても気づかれる場合が!

  20. 相手に向けて計測するためには こういう向きで配置するのが良いと気づいた

  21. ほかの体温計の差で調整は必要 密接で1℃+、1~5cmは2℃+でいける。ただ、これ右の非接触体温計と同じ距離感で納得。

  22. センサーは面白いがそれなりのお値段 普通の体温計は3000~8000円。M5Stack+このセンサーは、たか・・・まあ作りたいから、いいんです!

  23. 結果がブレるので本気で健康が関係するケースは ちょっと自信がないのも事実 もう熱が下がってきた時に測ってみたけど、これを信じるべきか悩ましい。ファミリーテックならでは。

  24. LINEにログが出る運用は可能性を感じた もっと自動化すると便利に使えそうだし普通の温度計に是非実装してほしいと思った

  25. ➔ 息子に使えるまでには色々調整が必要で勉強になった ◆ 使い勝手・UI・センサー・利用シーンの想定など問われる。 ◆ というか、普通の温度計のすごさがわかる。 ➔ LINE通知のようにIoTとつながると便利そう ◆ 自動でログが取れるというのはやっぱりいい。

    ◆ いつか保育園に直で送れたらいいな! ➔ 健康にまつわるファミリーテックはヒリつく ◆ どうしても重要度・本気度が上がりがちなので導入の難しさはある。 ◆ 実装力・現場対応力・プロトタイプ力が一気に求められて楽しかった。 ◆ と同時に、力が及ばない部分もあって、とってもくやしいので今後につなげたい。 ➔ ともあれやってみるの大事! ◆ やってみると見える世界があるのは大切。 ◆ よりよいセンサーや実装のアプローチを探していきたい。 まとめ やってみて考えたこと