Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ビジュアルプログラミングIoTLT vol5

ビジュアルプログラミングIoTLT vol5

ビジュアルプログラミングIoTLT vol5「Androidを通知Webhook化できるMacroDroidとNode-REDで通知ライフをアップデートしてみる
」の登壇資料です。

◆スライド内の素材は以下を使用させて頂いております。ありがとうございます!

・シルエットデザイン http://kage-design.com/
・human pictogram 2.0 http://pictogram2.com
・ICOOON MONO http://icooon-mono.com/

Fecdd3417cd7375cc0bd0352d72db27e?s=128

1ft-seabass
PRO

October 28, 2020
Tweet

Transcript

  1. [サブタイトル] [タイトル] ワンフットシーバス 田中正吾 ビジュアルプログラミングIoTLT vol5 Androidを通知Webhook化できるMacroDroidと Node-REDで通知ライフをアップデートしてみる ワンフットシーバス 田中正吾

  2. 私の話はスライドを後ほど共有します。 話す内容に注力いただいて大丈夫です!

  3. 田中正吾(たなかせいご) 屋号:ワンフットシーバス 2004年よりフリーランス。以後、FLASH制作を 中心にインタラクティブコンテンツを主に行い現 在に至る。 最近ではWEBフロントエンドをベースにしなが らも、情報とインターフェースが合わさるアプ ローチという視点でIoTやMixed Realityといった 技術も取り入れながら活動しています。

  4. 今日はAndroidデバイスを軸にした スマホと生活に関する話をします といいつつもスマホ全般の話なので iOS(iPhone) でも参考になるかもしれない

  5. スマホの通知をMacroDroidというツールで Webhookで飛ばしてNode-REDがイイ感じにする 通知 Webhook MacroDroid Node-RED

  6. たとえば、Node-REDがDiscordに通知してる例

  7. さらにNode-REDにobnizに通して・・・ 最新の obniz ノードは直接コードが書けて使いやすい!

  8. 今回は obniz にTwitterいいね数と 最新のいいねユーザーを表示してます @1ft_seabass のツイートにいいねをいただけると!

  9. MacroDroidはデバイス自動化ツール root開放が伴うツールやTaskerなどが有名だが、こちらもかなり使いやすい

  10. こんなUIでつくれる ややビジュアルプログラミングできる

  11. データを送る設定 トリガーでアプリ通知をひっかけて、HTTP GETで送るアクションを行う

  12. トリガー(きっかけ)に アプリの通知というのがある

  13. アプリを複数選択できる

  14. アクション(何かする)

  15. アクションにHTTP GET送信があるので設定する

  16. できあがった設定はこちら

  17. URL設定の様子 [v=nodered-gateway-main] はグローバル変数(後述)にNode-REDで判断するtypeや アプリ名 [not_app_name] 通知タイトル [not_title] などのMacroDroidが掴んだ値を送付 [v=nodered-gateway-main]? type=mobile_notification&name=[not_app_name]

    &detail=[notification]&title=[not_title]
  18. グローバル変数でNode-REDへ送るURLを 設定しておくと試行錯誤が楽そうなのでやってる Node-REDサーバーを変えたりサーバレスの仕組みに繋いだりスケールしやすそう。 スマホでのURLの手修正は手がとても疲れるのでやりたくない。

  19. ということでNode-REDに送る 通知 Webhook MacroDroid Node-RED

  20. Node-REDの仕組み typeで分けてDiscordに連絡している仕組み

  21. type分岐の様子 mobile_notification が通知、他に battery とかある

  22. 通知は重複して飛んでくる場合があるので duplicate ノードでイイ感じに防いでます 以前 PushBullet API でも同様の症状が出ていたので、これは通知上の癖なのかも(なんとなくわかる)

  23. duplicate ノードはこちら https://flows.nodered.org/node/node-red-contrib-deduplicate

  24. そんなこんなで、あとは Discord に Webhook で送ってあげている Discord は Webhook 発行しやすいが、もちろん Slack

    や LINE でもいける
  25. 時間があれば今までの背景を話したい

  26. たくさんのPCやスマホの通知 Gmail・Slack・Messanger・Microsoft Teams・Twitter・Facebook

  27. 通知をほどよくキャッチしたい

  28. 各WEBサービスやSNSのAPIで 一時期はうまくやってた 直接実装は大変になってきたので、IFTTTを導入したり

  29. それでもWEBサービスが増えるたびに API探したり対応を待っているもの大変 最近、様々なAPIがクローズドになってしまいこの方法は限定的にしか使えなくなってきた

  30. ならばいっそスマホの通知で情報把握してみる PushBulletで通知ミラーリング

  31. こんな設定をして

  32. スマホの通知をPCのChromeで確認できる これでもまだ不自由ではあるが情報把握はしやすくなった

  33. しかし悩ましい・・・!

  34. つどつどスマホの通知を消していかないと もう読んだ通知が復PCで復活して困る つまり情報把握は達成できたが、運用面でストレスがかかっていて発展途上 (結果、2年ほど続けて次を模索)

  35. 欲しい通知が取れるスマホ通知と WebhookさばきができるMicroDroidに着地 ツールがなくなっても Automate や Tasker など類似ツールで頑張れる気はする! 通知 Webhook MacroDroid

    Node-RED
  36. 使用感などふりかえり

  37. 仕事やプライベートの必要な情報が スマホを見ずにPCで把握できるのはとても良い Discord を起動しておけばバッチリ。 ただしそのチャットグループを通知OFFにしないとスマホ通知をキャッチし続けて無限ループにw

  38. 自分で各サービスの API をつなぐ実装するよりも スマホの通知をいかに送るかに注力できて手軽! 各API設定をメモしたり安全に扱うのはそれなりに大変。手軽さで見える世界がある。

  39. さまざまな通知が自分に便利なものと気づける PayPayの支払い通知、アラームが鳴ったときの通知、メール通知は内容も持ってるので特定抽出が楽そう、 PushBulletでスマホへの通知が生成できるので遠隔コマンド実行やIoTのセンサー値の集約など夢が広がる

  40. Androidを通知Webhook化できるMacroDroidと Node-REDで通知ライフをアップデートしてみた! 通知 Webhook MacroDroid Node-RED