Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

SecureNavi CompanyDeck for Product

Takumi Kudaka
November 29, 2023

SecureNavi CompanyDeck for Product

SecureNaviのこれまでの歩み、解きたい課題や描く未来、カルチャーについて記載しています。

Takumi Kudaka

November 29, 2023
Tweet

More Decks by Takumi Kudaka

Other Decks in Business

Transcript

  1. Company Deck
    1

    View full-size slide

  2. 2
    CEOメッセージ
    SecureNavi で働く経験を、
    ⼈⽣の Masterpiece(最⾼傑作)にしよう
    私たちは「悲報をなくす」という壮⼤なビジョンを掲げ、急成⻑しているスタートアップ企業です。
    現在は、事業の成⻑に伴い、⼀緒に働くメンバーを募集しています。
    SecureNaviで働くことは、今後のキャリアを歩む上で⼤きなメリットになります。まず私たちは「セ
    キュリティ」と「SaaS」の会社であり、いずれもニーズが⾼まり続けている領域です。また、組織とし
    ても25⼈→100⼈へのスケールのフェーズであり、組織の拡⼤によって起こる様々な出来事を、ご⾃⾝の
    経験として体感することができます。そしてもちろん、壮⼤なビジョンの達成に向けて、全社⼀丸と
    なって取り組む、ある種の “⻘春” のような稀有な経験を積むこともできます。
    私は、SecureNaviで働くすべての⼈に、SecureNaviでの経験を、⼈⽣のMasterpiece(最⾼傑作)にし
    てほしいと考えています。みなさんが⽼後を迎え、ふと⼈⽣を振り返ったときに「SecureNaviで働いた
    経験が、⼈⽣の彩りとなった」「⾃分がこの世の中に成した最⼤の功績は、SecureNaviで活躍したこと
    だった」と、そう思ってもらえる場を提供したいと考えています。SecureNaviで⽣み出す成果と経験
    が、あなたの⼈⽣における最⾼傑作になるような、すてきな活躍フィールドを⽤意しながら、皆さんの
    ジョインをお待ちしております。
    SecureNaviでのキャリアに興味がある⽅は、ぜひお知らせください。今この⽂を読んでいるあなたとお
    話できることを、⼼より楽しみにしています。あなたの⼈⽣のMasterpiaceを⼀緒に作りましょう!そし
    て、この世の中から悲報をなくしていきましょう!

    View full-size slide

  3. 3
    OUTLINE
    わたしたちのこと
    01
    わたしたちがやろうとしていること
    02
    わたしたちのプロダクト開発体制
    03
    採⽤情報
    04

    View full-size slide

  4. 01
    わたしたちについて

    View full-size slide

  5. 5
    Vision
    悲報をなくす
    ⾰新的な製品やサービスが次々と⽣まれ、世の中がますます便利になる⼀⽅で、
    その製品やサービスがきっかけで、悲報がもたらされることもあります。
    情報漏えいやサイバー攻撃は、その最たる例です。
    世の中を便利にしたいという思いに反して、
    世の中の悲しみが増えてしまうことを未然に防ぎたい。
    私たちは、情報セキュリティ分野での事業を通じて、
    起こるべきではない悲報をなくし、誰もが悲しまない世の中をつくります。

    View full-size slide

  6. 6
    会社概要
    会社名 SecureNavi株式会社
    設⽴ 2020年1⽉
    所在地 東京都中央区⽇本橋2丁⽬1-17
    丹⽣ビル2階
    事業内容 企業の情報セキュリティ対策を⽀援するソフトウェアの開発
    所属団体 JNSA 標準化部会 ⽇本ISMSユーザーグループ
    情報処理学会 情報企画調査会 企画準賛助員
    社名とロゴの由来
    社名には、複雑で難解なセキュリティ領域に迷い込んでしまったセキュリティ担当者を導くナ
    ビゲーターになりたいという意味が込められています。
    ロゴは、社名に含まれる「S」「N」の2⽂字と、S極とN極を指し⽰す⽅位磁針をモチーフにし
    ています。

    View full-size slide

  7. 7
    SecureNaviの事業
    SecureNavi
    ISMS認証も、Pマークも、
    カンタンに。
    SecureNavi Pro
    ⾯倒なセキュリティ規制対応は、
    もう終わり。
    ISMS認証‧Pマーク
    オートメーションツール
    セキュリティ規制対応を
    ⼀元化できるクラウドサービス

    View full-size slide

  8. 8
    沿⾰
    2020.01
    創業
    ‧週末起業として開始
    ‧株式会社ではなく、合同会社
    2020.04
    ISMSオートメーションツール
    SecureNavi リリース
    2020.06
    初の資⾦調達、そしてスタート
    アップへ
    2022.01
    プレシリーズA
    1.3億円の資⾦調達
    2022.10
    Pマークオートメーション機能の
    リリース
    2023.06
    IVS2023 LAUNCHPAD KYOTO
    4位⼊賞
    2023.09
    週刊東洋経済
    「すごいベンチャー100」
    2023に選出
    2023.10
    セキュリティ規制対応を⼀元化で
    きるクラウドサービス
    「SecureNavi Pro」をリリース
    2023.11
    シリーズA
    4.6億円の資⾦調達

    View full-size slide

  9. 02
    わたしたちが
    やろうとしていること

    View full-size slide

  10. 10
    市場課題
    セキュリティ事故と影響
    現在、IT化‧DXが進み、多くの情報はデジタル化され、インター
    ネットやクラウド上で管理されるようになりました。こうした情
    報のデジタル化や管理⽅法の変化に伴い、悪意のある第三者によ
    るサイバー攻撃や社内機密データの持ち出し、サプライチェーン
    攻撃など、⽇本中‧世界中で、情報セキュリティ事故は増加して
    います。
    また、最近の情報セキュリティ事故による年間平均被害額は約3億
    2850万円※1と⾔われており、事業や会社運営に⼤きく影響しま
    す。場合によっては、1回の情報セキュリティ事故で会社⾃体が
    倒産し、起業家や会社で働く社員の挑戦を奪う、まさに悲報と呼
    べる状況になる可能性もあります。
    ※1 トレンドマイクロ 「法⼈組織のセキュリティ成熟度調査」より抜粋

    View full-size slide

  11. 11
    市場課題
    セキュリティ事故の原因
     ⼀般的に、セキュリティ事故が発⽣したとき、ウイルス対策や脆弱性診断などの技術⼒が求められる「理系のセキュリ
    ティ領域」が注⽬されがちです。しかし、セキュリティ事故はセキュリティマネジメントや社内規程の順守といった「⽂系
    のセキュリティ領域」が⼤きな要因となっているケースが多くあります。
     つまり、セキュリティマネジメントをきちんと⾏い、社内規定の順守を徹底する、従業員のセキュリティ教育を⾏うな
    ど、「⽂系のセキュリティ」に対する取組みが⾏われることで、セキュリティ事故を防げる可能性が⾼まります。
    インシデント事例 原因の⼀例
    1 決済サービス事業者 カード情報漏えい
    (2022年1⽉)
    情報セキュリティ規程や実施要領に定められた内容が
    実施されておらず、規程が形骸化していた
    2 地⽅⾃治体 USBメモリ紛失
    (2022年6⽉)
    総務省の情報セキュリティポリシーガイドラインをベースに作成された、市
    の情報セキュリティポリシーや対策基準が守られてなかった
    ※ 「原因の⼀例」は、各組織の事故報告書から、SecureNaviが抜粋

    View full-size slide

  12. 12
    SecureNaviの取り組み
    ⽂系のセキュリティをDXする
    SecureNaviは情報セキュリティ認証や規制、ガイドラインへの準拠、社内の情報セキュリティ規程の整備‧運⽤‧順守などの
    「⽂系のセキュリティ」を⾃動化‧効率化することで、組織の情報セキュリティレベル向上に貢献します。
    社内規程‧ルール
    規制
    法律
    認証
    基準
    業界
    ガイドライン
    拠点
    従業員
    デバイス
    ソフトウェア












    View full-size slide

  13. 13
    SecureNaviの未来
    ⽂系のセキュリティをDXする
    今後、最新テクノロジーを活⽤や幅広い規制への対応を⾏い、より⼤きく、より新しい価値提供を⽬指します。
    企業の情報
    セキュリティデータ
    AI
    LLM
    その他の
    テクノロジー
    テクノロジーの活⽤ 情報セキュリティ以外への事業拡⼤
    情報セキュリティ分野
    ‧個⼈情報保護法が守られる
    ‧ISMSが守られる
    セキュリティ事故がなくな
    り、世の中の悲報が減る
    ⾦融分野
    ‧割賦販売法が守られる
    ‧⾦融商品取引法が守られる
    お⾦で悲しむ⼈が減り、
    世の中の悲報が減る
    品質分野
    ‧9001が守られる
    ‧各社の品質基準が守られる
    安全で⾼品質な製品を使う
    ことができ、世の中の悲報
    が減る

    View full-size slide

  14. 03
    わたしたちのプロダクト開発体制

    View full-size slide

  15. 15
    アジャイル開発で継続的にプロダクトをアップデート
    素早く価値提供し、迅速にフィードバックを得て改善するサイクルを回し続けます

    View full-size slide

  16. 16
    アジャイル開発のスクラムを導⼊
    迅速なフィードバックを得るために、1スプリントを1週間で回しています
    スクラム(1週間)

    View full-size slide

  17. 17
    開発チーム体制
    フューチャーチーム体制により、リリースまでの時間を短縮しています
    プロダクトマネジメント
    エンジニアリング
    UI/UXデザイン
    機能Aチーム 機能Bチーム 機能Cチーム

    View full-size slide

  18. 18
    技術スタック
    事業や組織に合うように、適宜⾒直し最適化します

    View full-size slide

  19. 03
    わたしたちの価値観と⽂化

    View full-size slide

  20. 20
    バリュー(⼤切にする価値観)
    わたしたちが⼤切にする価値観をバリューとして⾔語化しています。
    TRUST TEAM
    チームを信頼する。
    また、信頼されるメンバーであり続ける
    私たちは、1⼈で課題を解くのではなく、チー
    ムで課題を解きます。課題は難題だらけで、そ
    れを解くには多様な考えが必要です。
    ⾃分の考えとは異なる意⾒やアイデアを尊重
    し、メンバーの⽴場や性格によらず、全てのメ
    ンバーが平等に発⾔できる場を作ります。
    そして、各メンバーも、⾃⾝の役割にとらわれ
    ず主体的に業務に取り組むことで、他のチーム
    メンバーから信頼を得る努⼒をします。
    HIGH
    PERFORMANCE
    ⾃分のベストパフォーマンスを発揮し、
    それを更新し続ける
    ⾼いパフォーマンスを発揮し、成果を出し続け
    ることに貪欲になります。
    そのために、⾃⾝が求められている役割を理解
    し、常に周囲からの期待を超えられるよう努⼒
    します。⽣産性を向上させるため、業務内容は
    ドキュメントに落とし込み、徹底した標準化‧
    ⾃動化を⾏います。業務を⾏うための環境整備
    には、惜しみない投資を⾏います。
    また、家族や⾃分の⼼⾝の健康を⼤切にし、⾼
    いパフォーマンスが発揮できないと判断した⽇
    には、休める勇気と⽂化作りも重要です。
    HUMAN
    CENTRIC
    顧客の成功と事業の成⻑の源泉は
    「⼈」である
    ⼈の成⻑こそが、顧客の成功と事業の成⻑のた
    めの最も重要な要素であり、企業活動における
    最も効率の良い投資だと考えます。
    成⻑には、⾃主性と経験が⼤切です。積極的な
    権限移譲と、情報の透明性の確保に取り組むこ
    とで、⾃主的な⾏動を促します。
    また、失敗を許容する⽂化を醸成し、失敗経験
    から学びを⾝につけることを是とします。様々
    な意思決定のシーンにおいては、短期的な売上
    の向上よりも、⻑期的な⼈の成⻑にベットしま
    す。

    View full-size slide

  21. 21
    バリュー体現と浸透のための取り組み
    わたしたちのバリューを体現し、⽂化として根付かせるための取り組みを積極的に⾏っています。
    ⽇常会話でバリュースタンプが積極的に
    使われ、普段の発⾔や⾏動にもバリュー
    が反映されやすくなっています。
    Slackスタンプ
    毎週⾏っている全社定例で、社員が持ち
    回りでバリュー体現した⼈‧⾏動をピッ
    クアップして紹介、称賛しています。
    バリューピックアップ
    ビジョン‧バリューはもちろん、
    SecureNaviのカルチャーを⾔語化し、社
    内外の⼈に公開しています。
    カルチャードック
    カルチャードックの作成プロセスを全公開します
    https://note.com/secure_navi/n/na8ecbeafa6fd
    カルチャードック

    View full-size slide

  22. 22
    組織図
    セキュリティ領域で新たな市場を創出し、悲報をなくすために、1年後には100名組織を⽬指します
    CXO
    ビジネス本部
    プロダクト本部 コーポレート本部
    プロダクトマネジメント部
    プロダクト開発部
    プロダクトデザイン部
    マーケティング部
    営業部
    カスタマーサクセス部
    事業開発部
    コーポレート部
    事業の成⻑に合わせて、順次採⽤を強化していきます

    View full-size slide

  23. 23
    メンバー
    魅⼒あふれる、多様なメンバーで構成されています
    CEO
    井崎 友博
    COO
    久⾼拓海
    プロダクト本部⻑
    飯⽥ 康介
    コーポレート本部⻑
    間瀬 翔也
    PdM
    下⽥ 祐太朗
    営業部⻑
    堀⽥ 健太
    CS部⻑
    川畑 秀和
    ※ 他にも多くのメンバーが在籍しています。
    事業開発部⻑
    眞野 昌平

    View full-size slide

  24. 24
    SecureNaviの⽂化‧働き⽅
    私たちは、働く場所や時間に関するマイクロマネジメントを⾏いません。
    ⾃分がパフォーマンスを出せる環境と時間は、それがチームに与える影響
    を含めて、⾃分で決定することを原則としています。
    また、⼀般的にオフィスにかかるコスト分は、従業員の成⻑と働く環境に
    対して投資を⾏います。
    リモートワーク物品の無料レンタル制度、カフェやコワーキングスペース
    の費⽤100%負担制度などの提供を通して、リモートワークでも HIGH
    PERFORMANCE を実現できる環境づくりを⾏っています。
    フルリモート‧フルフレックス

    View full-size slide

  25. 25
    フルリモートワークにおけるコミュニケーションでは、オフィスワークよ
    りも、視覚や聴覚から得られる情報が少なくなります。そのため、ドキュ
    メントは、仕事を円滑に進めるための重要なコミュニケーションツールと
    なります。
    業務の進捗状況やタスクの管理、会議や議事録の作成、業務ルールなど、
    様々な情報をドキュメントとして作成‧公開することで、情報共有や意思
    決定のスピードを向上しています。
    また、⼊社年次に関わらず、公平に情報にアクセスできる環境を作ること
    で、誰もが同じ条件で業務にあたれるようになり、組織としても⾼いパ
    フォーマンスが発揮環境を⽬指しています。
    SecureNaviの⽂化‧働き⽅
    ドキュメント⽂化

    View full-size slide

  26. 26
    組織内での情報共有や意⾒交換がオープンになっています。情報や意⾒が
    不透明になっていたり、特定の⼈物やグループだけで共有されたりするこ
    とがなく、全てのメンバーが平等にアクセスできます。
    例えば、SlackではDMを原則使わず、会議を実施する際は議事録や動画を
    notionに残しているため、誰でもいつでも情報を取得することが可能で
    す。(もちろん、経営会議の議事録から、会社の銀⾏残⾼まですべてオー
    プンです!)
    トップダウン型の指⽰命令のやりとりだけでなく、部⾨やメンバー間での
    コミュニケーションも盛んに⾏われるため、組織の枠を超えた問題解決へ
    の取り組みやアイデアの提案が⽣まれやすい環境になっています。
    SecureNaviの⽂化‧働き⽅
    情報の透明性

    View full-size slide

  27. 27
    働き⽅‧福利厚⽣
    ‧全国からのフルリモート
    ‧フルフレックス
    ‧3ヶ⽉に1度の全社オフラインミーティング
    ‧週1で利⽤可能なオフィス(※任意で利⽤可能)
    ‧副業OK
    働き⽅
    ‧完全週休2⽇制(⼟⽇休み)、国⺠の祝⽇
    ‧「⼊社⽇に即付与」される有給休暇
    ‧特別休暇
    ‧慶弔休暇
    ‧育児休暇
    ‧クレジットカード貸与
    ‧オンラインランチ補助
    ‧コワーキングスペース利⽤の会社負担
    ‧業務に関連する資格取得‧勉強会費⽤の会社負担
    ‧書籍購⼊制度
    ‧リモートワーク環境整備補助 (リモートHQ)
    福利厚⽣

    View full-size slide

  28. わたしたちと⼀緒に
    世界から「悲報をなくす」
    挑戦をしませんか?

    View full-size slide

  29. 29
    「悲報をなくす」ために乗り越えるべきこと。
    SecureNaviは⽇々、課題に向き合い、挑戦しています。
    わたしたちは ⽇ 本 にはまだない
    市 場 を 作 っています。つまり、
    SecureNaviの成⻑=市場の成⻑
    と ⾔ えます。だからこそ、プロ
    ダクト 開 発 の 品 質 を ⾼ め、ス
    ピードを 加 速 していきたい。そ
    のために、わたしたちが 持 たな
    い知識や技術、経験を持つメン
    バーを求めています。
    ⽇本にまだない市場の創出
    プロダクト開発を加速
    セキュリティへの取り組みは、
    専⾨家はもちろん、セキュリ
    ティ知識が少ない⼈、⾯倒だと
    思っている⼈、様々な⼈を巻き
    込む必要があります。そのた
    め、様々な組織を⽀援するわた
    したちも、より多様な⽬線、
    バックグラウンドを持つメン
    バーが必要です。
    多様な⽬線を持つ
    セキュリティレベル向上を⽀援
    ⽂化の維持
    壊れない組織の基盤作り
    成⻑を加速させていくため、そ
    れぞれの組織に最適な業務プロ
    セスを構築‧維持するための就
    業環境に投資します。また、成
    ⻑を続ける中でも、わたしたち
    の⽂化を維持しつづけるため
    に、全員で意識し、向き合い続
    けていきます。

    View full-size slide

  30. 30
    募集⼀覧
    エンジニアリング プロダクトデザイン マネジメント
    ‧テックリード
    ‧Webエンジニア
    ‧SRE
    ‧QAエンジニア
    ‧AIエンジニア
    ‧エンジニアリング‧マネージャー
    ‧リード UI/UXデザイナー
    ‧UI/UXデザイナー
    ‧プロダクトマネージャー
    ‧スクラムマスター
    詳しい情報はこちら へ。メンバーと話してみたい⽅はカジュアル⾯談から。 SecureNavi 採用 検索
    SecureNaviはプロダクト部⾨で採⽤を加速しています。

    View full-size slide

  31. 31
    選考プロセス
    候補者と会社がフェアに、
    お互いを深く理解し合える
    選考プロセスを⼤切にします
    SecureNaviは、会社が候補者に対して⼀⽅的に合否判断するのではなく、
    候補者と会社がフェアに、深く理解し合い、お互いに適切に判断できる選
    考プロセスであることが重要だと考えています。
    そのため、候補者に合わせた適切な情報提供、選考プロセスのカスタマイ
    ズ、選考スピードや⼊社時期の調整など、候補者の状況に応じて、最適な
    候補者体験を⽬指します。
    カジュアル⾯談
    書類選考
    ⾯接(1〜2回)
    リファレンスチェック
    最終⾯接
    内定‧オファー⾯談

    View full-size slide

  32. あなたのご応募を
    ⼼よりお待ちしています
    SecureNavi プロダクト採⽤

    View full-size slide