Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Nealle Company Deck

Nealle
January 11, 2024

Nealle Company Deck

Nealle

January 11, 2024
Tweet

More Decks by Nealle

Other Decks in Business

Transcript

  1. 会社概要 会社名    株式会社ニーリー / Nealle Inc. 設⽴     2013年1⽉ 代表取締役  佐藤 養太 従業員数   約190名(2024年5⽉時点) 所在地    〒103-0012

    東京都中央区⽇本橋堀留町1丁⽬9−8 資本⾦    4,229百万円(2023年9⽉時点。資本準備⾦含む) 主な事業   駐⾞場オンライン契約サービス「Park Direct」事業        新規事業開発/事業戦略・コンサルティング/機械学習を⽤いたPOSデータ・画像解析「CrowdAi」の提供 株主     経営株主、Keyrock Capital Management、SBIインベストメント、        シニフィアン・みずほキャピタル(THE FUND共同運営者)、        三菱地所(BRICKS FUND TOKYO)、三菱UFJキャピタル 他 登録活動範囲︓ 1. Webアプリケーションおよびスマホアプリの企画、設計、開発、運⽤保守の運営 2. システム開発に関するコンサルティング業務及び開発業務の⽀援
  2. 沿⾰ 2019年に「Park Direct」をリリースしました。 創業 2013.1 リリース 2019.11 19.6億円の 資⾦調達 2022.4

    16億円の 資⾦調達 2023.5 2020年 導⼊社数‧掲載件数No. 2021.1 2021年 導⼊社数‧掲載件数No. 2022.1 オフィス移転 2021.7 フィナンシャルタイムズ「アジア太平洋地域の 急成⻑企業ランキング」2020,2021に選出 2020.4 2021.4 オフィス移転 2016.12 2022年 導⼊社数‧掲載件数No. 2022.12 2023年 導⼊社数‧掲載件数No. 2023.12 17億円の 資⾦調達 2023.8 オフィス移転 2022.11 ※「⽉極駐⾞場のオンライン契約サービス」(駐⾞場のシェアリングサービス・サブリースは除く)の対象各社への調査。(2022年12⽉、2023年12⽉、(株)エクスクリエ調べ。) ※ ※
  3. 経営メンバー 代表取締役 佐藤 養太 2007年に⾦融機関向けシステム開発会社シンプレク ス・テクノロジー(現シンプレクス株式会社)に⼊社。 エンジニア、後にプロジェクトマネージャーとして ネット銀⾏/⼤⼿証券会社向けにシステムを導⼊。メ ガバンクのデリバティブDWH案件をPMとして実現し た後、2011年GMOクラウド(現GMOグローバルサイ

    ン・ホールディングス株式会社)にて海外での新規事 業検討、エンタープライズ向けクラウド事業を担当。 その後⼤⼿事業会社の新規事業プランコンテストでの 準グランプリ受賞を期に2012年に独⽴。以後、⼤⼿ 企業の新規事業開発案件を中⼼に事業企画から開発ま で⼿掛ける。 取締役 三宅 克英 2007年に⾦融機関向けシステム開発会社シンプレク ス・テクノロジー(現:シンプレクス株式会社)に⼊ 社。 ⼊社1年⽬からプロジェクトマネージャーを任され、 証券会社向けFXシステムやメガバンク向けリスク管理 システムなど、⼩規模から⼤規模まで数多くのプロ ジェクトを責任者として担当。 フロントからミドル、バックまで⾦融機関業務に精 通。2016年にはシンプレクス新卒最速でプリンシパル に就任。2017年12⽉よりニーリーに参画。 取締役 ⼩野⽥ 亨 2005年システム開発会社へ⼊社、⾦融系システム中⼼ にSEからPMまでを経験。2012年ヤフーの⾦融⼦会社 (ワイジェイFX)に⼊社、2013年にシステム部マ ネージャー、2015年に執⾏役員へ。2018年証券事業 を⽴ち上げ、事業責任者として従事。 2019年ヤフー株式会社へ転籍し、事業推進部の部⻑に 就任。ヤフーファイナンス及び、⾦融メディアの責任 者を担当。2020年に新たな⾦融メディアを⽴ち上げ、 事業拡⼤を実現。 2021年11⽉よりニーリーに参画。
  4. チームの役割 開発 事業企画 不動産管理会社に Park Directを 導⼊していただく サイト上に駐⾞場を 掲載いただく∕ ParkDirectをご活⽤いただく

    サイト上で 借主に 契約していただく 不明点などは 電話やメールで 受け付ける Park Directの商流に沿って、各チームが活動しています。 機能改善‧新機能リリース モビリティSaaSとしての事業企画‧新規事業開発 ⼈事 急拡⼤に向けた⼈員強化‧従業員のサクセス 横断組織 事業組織 不動産管理会社 借主 セールス クライアント サクセス マーケティング カスタマー サクセス 利⽤社数 導⼊台数 サイト上の公開台数 活⽤率 駐⾞場契約数 応答率など グループ名 重点指標/役割
  5. Park Direct概要 リリース⽇    2019年11⽉1⽇ 掲載台数    約55万台(2024年5⽉現在) Park Directは駐⾞場のオンライン契約を可能にするモビリティSaaSです。 「Park Direct(パークダイレクト)」は、紙と印鑑をなくし、

    ⽉極駐⾞場の募集から契約、契約後の⽉々の使⽤料の⽀払い、 更新、解約、顧客管理まですべてをオンラインで実現するモビリティSaaSです。 駐⾞場の各種⼿続き(募集、契約、更新・解約)を 全てネット上で完結させ、不動産会社や 借主の駐⾞場契約・管理にまつわる ムダなコストを⼤幅に削減します。 ※「⽉極駐⾞場のオンライン契約サービス」(駐⾞場のシェアリングサービス・サブリースは除く)の 対象各社への調査。(2023年12⽉、(株)エクスクリエ調べ。) 導⼊社数 オンライン契約可能件数 2年連続No.1
  6. 業界課題 ネットで駐⾞場を探して そのままオンラインで 契約できたらいいのに… ... 指定⼝座作成や振り込み が⾯倒。クレジットカード ⽀払いなら早いのに… ... 借主様(駐⾞場ユーザー)

    業務がオフラインで、 業務負荷が⾼い。 物件の対応もあるので、 なんとか効率化したい… 集客施策が現地看板だけ。 オーナーさんのためにも もっと集客していきたい… 不動産管理会社様 駐⾞場に関する、借主様‧不動産管理会社様双⽅の課題が、開発のきっかけになりました。
  7. 借主様の駐⾞場探しの現状 飲⾷店探しなどの消費者⾏動と⽐較して、 借主様のユーザー体験が⾮常に悪いのが駐⾞場探しです。 ‧看板の電話番号に電話して  初めて賃料や空き状況がわかる。 ‧とりあえず不動産会社にきて  or FAXでの書類のやりとりが複数回発⽣ ‧ハンコや⾝分証明書などを  不動産会社に持参する

    ‧紙ベースの契約書を複数枚作成する ‧ネットでは情報がわからない ‧街を歩いて駐⾞場(看板)を⾒つける  or 街の不動産会社に出向いて  駐⾞場の情報を⼊⼿する ネットで駐⾞場を探して そのままオンラインで 契約できたらいいのに… ... 指定⼝座作成や振り込み が⾯倒。クレジットカード ⽀払いなら早いのに… ... 借主様(駐⾞場ユーザー)
  8. 駐⾞場管理から得られる収益は、 アパートやマンションなどの 賃貸物件管理のおよそ1/10 不動産管理会社様の駐⾞場管理業務の現状 来店対応や契約⼿続き、 契約後の対応(現地トラブル対応や 滞納督促など)など、 業務負荷は賃貸管理と それほど変わらず⼯数がかかる 不動産管理会社様にとって、

    ⽉極駐⾞場管理は効率化が求められる業務です。 質を落とさず、効率的に管理を⾏いたい 収益性の低さ 2 業務負荷の⾼さ 1 オーナーの⼤切な資産を預かっており、 賃貸物件同様、⼀定⽔準以上の 管理の質が求められる 管理の質が求められる 3 業務がオフラインで、 業務負荷が⾼い。 物件の対応もあるので、 なんとか効率化したい… 集客施策が現地看板だけ。 オーナーさんのためにも もっと集客していきたい… 不動産管理会社様
  9. ⽉極駐⾞場契約のユーザー体験⽐較(従来/Park Direct導⼊後)① Webで探す ネットに正しい駐⾞場情報がない (”賃料””満空”すらわからない) そのため、結局現地を歩くことに 現地を 歩いて探す 看板には満空情報や賃料もないので、 不動産会社に電話で確認するしかない

    (営業時間は10-18時が多い) 不動産会社に 電話 不動産会社も情報を正確に 把握してないことが多いので 確認に時間がかかる 不動産会社に 訪問 不動産会社まで訪問して契約する必要有 紙契約のため、 必要書類の事前コピー等が必要 ⾞庫証明の 発⾏ 不動産会社に発⾏依頼。 不動産会社の優先度次第で 遅れる事も多数 駐⾞場探し 駐⾞場契約 すべて オンラインで完結 従来の駐⾞場探し‧契約 Park Directでの駐⾞場探し‧契約 ポータルサイトまたは ⼆次元コード付き看板から 検索→契約まで オンラインで完了。 ⾞庫証明⽤書類も 不動産会社を 介さず⾃動発⾏が可能。 約14⽇間 (弊社インタビュー 調査より) 平均約2⽇間 (最速24分)
  10. ⽉極駐⾞場利⽤者のユーザー体験⽐較(従来/Park Direct導⼊後)② 銀⾏振込 ほとんどが銀⾏振込のため、 毎⽉⼿間がかかり、⼿数料も発⽣ (400-500円かかるケースが多い) 管理会社へ 電話 不動産会社の対応が遅れるケース多数 営業時間が10-18時(⽕⽔休み)が多く、

    緊急時の対応が受けてもらえないケース多数 借主 メリット 特になし 紙での ⼿続き 不動産会社に訪問した上で解約、 更新の⼿続きを紙で実施 ⽀払い 駐⾞場更新‧解約 従来の駐⾞場利⽤ Park Directでの駐⾞場利⽤ 約3⽇ トラブル発⽣時 その他 クレジット カード 振り込みの⼿間や 振り込み⼿数料が不要に。 カードのポイントバックも嬉しい 専⽤ サポート Park Direct専⽤のサポートチームが 24時間365⽇対応。 緊急トラブルでも安⼼ 借主 メリット ⽇常的に利⽤できるガソリンクーポンや ⾞両⽤品(タイヤ等)のクーポン、 カフェや道の駅等で使えるクーポンを配信 オンライン ⼿続き 不動産会社への訪問不要 オンラインですべて完結 ⽀払い 駐⾞場更新‧解約 トラブル発⽣時 その他 振込⼿数料 150~500円/⽉ 約5分
  11. 不動産管理会社への提供価値 賃貸物件管理 ⽉極駐⾞場管理 集客 契約 決済 決済 管理 不動産ポータル サイトなど

    電⼦契約 サービス 電⼦契約 サービス 決済会社 管理システム 提供会社 各業務ごとに、プレイヤーが分かれている状況 各業務ごとに、プレイヤーが分かれている状況 顧客ニーズ:集客から契約管理まで、⼀気通貫した業務効率化 全ての業務プロセスをオンライン化 全ての業務プロセスをオンライン化 ⼀気通貫したサービスを提供し、業務負荷を92%削減 ⽉極駐⾞場管理に関する業務を⼀気通貫でサポートすることで効率化を実現しています
  12. 不動産管理会社への提供価値 5⽇間で40台の新規契約(A社様での事例) 業務負荷を約92%削減 各種施策と⾃社ポータルサイトを通じて、 集客と稼働率のUPを短期間で実現。 ・オンライン:GoogleMap登録、SEO対策 ・オフライン:QRコード付看板、キャンペーンの実施 集客⼒UP 40 units

    in 5 days 92 % reduction in operating costs 業務負荷削減 管理業務の⼯数を約92%削減しつつ、 反社チェック等の顧客審査業務を付加価値として提供。 駐⾞場の集客⼒UPと業務負荷削減で不動産管理会社の効率化に寄与。 オーナーにもお喜びいただいています。
  13. 導⼊事例 株式会社ジェイエーアメニティーハウス 様 導⼊企業様の声 Park Directを⼊れたことによって借主様への対応業務が削減できたので、そこに かかっていた⼈員をオーナー様への対応業務に増やすことによって、結果として⽉ 極駐⾞場の管理数を増やすことができました。 システム管理業務では70%程削減、運営管理コストでは50%程削減、⼈件費におい ても60%程削減できていますし、契約率⾃体も御社と組むことによって10%程向上

    しています。副次的ではありますがペーパーレスの観点で、紙の利⽤⾃体も70%程 削減でき、⼤きな効果があげられています。 株式会社NTTル‧パルク 様 業務負荷を削減し、結果として管理⼾数の獲得などに繋げていただいています。 導⼊企業様の声 導⼊企業様(⼀部) 全国の不動産会社で ご利⽤いただいています
  14. 導⼊社数・オンライン契約可能件数 Park Directの導⼊社数、およびオンライン契約可能件数は業界No. で進捗しています。 オンライン契約可能な掲載件数 オンライン契約可能な駐⾞場掲載件数も業界No. 。 メンバーを増員して、よりオンボーディングを加速させます。 導⼊社数 導⼊社数は業界No.

    。 北海道から沖縄まで、全国でご利⽤いただいています。 ※「⽉極駐⾞場のオンライン契約サービス」(駐⾞場のシェアリングサービス・サブリースは除く)の 対象各社への調査。(2023年12⽉、(株)エクスクリエ調べ。)
  15. プラットフォーム展開 EC ライドシェア カーシェア ⾦融サービス ⾃動⾞向けサービス オフライン オンライン ⾞両整備サービス ⾃動⾞保険

    カーローン メンテナンス ⾞検 コインパーキング ⽉極駐⾞場 ⾞両購⼊・売却 ガソリンスタンド カーコーティング/洗⾞ Park Directユーザーだけでなく、⾃動⾞ユーザー⼀般に向けた モビリティ領域のプラットフォームとしてさらなる価値提供を実現します。
  16. Nealleとして⼤切にしたい価値観 Values 問い、Giveから始める 今、“いいもの”を作る フラットであれ ⼼に従え 航路をひらけ まず、⾃分⾃⾝が他者へ どんな価値提供ができるかを考える。 そして、⾏動する。

    顧客の解像度をあげ続けた先に 顧客にとって役に⽴つ、 真にいいサービスを「今、作る」。 ⼈・⽬的に対してフラットであること ⾃分⾃⾝の⼼に従うことが、 ⼀番⼤事 ⾼い⽬標を掲げ、 困難な課題に対しても 解決策を考え抜く