Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

どうする情報デザイン

 どうする情報デザイン

5月29日開催の
高等学校「情報科」事例セミナー ~情報技術を活用した問題の発見・解決~
での、足立学園中学校・高等学校杉山 直輝先生による事例発表資料。

Transcript

  1. どうする? 情報デザイン・・・ ~AdobeXDでの取り組み~

  2. 足立学園中学校・高等学校 Adobe Education Leader Microsoft認定教育イノベーター Microsoft Showcase school認定校 杉山 直輝

    情報科・技術家庭科主任 ソフトテニス部・PC部顧問 2
  3. 男子育てて92年。東京都足立区 生徒数:約1500名。 3

  4. 4 Microsoft Showcase School

  5. 5 YouTubeで検索 最強のハブツール Teamsを活用した 最先端のICT教育 今までの状況は 動画で見てください

  6. 6 SurfaceGo2を使用

  7. 7 普段は・・・

  8. 8

  9. 9

  10. 10

  11. 11

  12. 12 ここからが 本題です

  13. 13 新学習指導要領キーワード ・プログラミング ・情報デザイン ・PBL

  14. 14 新学習指導要領キーワード ・プログラミング ・情報デザイン ・PBL

  15. 15 情報デザイン(座 学)教科書では 2ページ程度

  16. 16 情報の授業は PCの使い方を 教える授業 ではない ガイダンスでは・・・ 足 立 学 園

  17. 17 ITスキル 自己表現 足 立 学 園 ガイダンスでは・・・

  18. 18 情報デザイン(実 習)

  19. 19 情報デザイン 教科書自体が情報 デザインされている →UDフォント、インクルーシブ カラーユニバーサルデザイン

  20. 20 情報デザイン 変える? 今のままでOK?

  21. 21 AdobeXD との出会い

  22. 22 既に 6時間分の 授業案がある →状況に応じて リメイク

  23. 23 PBL(プロジェクト学習) 共同作業 プロトタイプ ディスカッショ

  24. 24 PBL(プロジェクト学習) 共同作業 プロトタイプ ディスカッショ

  25. 25 始める前に・・・ ①PCの環境は大丈夫か ②XDを使いこなせるか ③評価はどうするか

  26. 26 ①PCの環境は大丈夫か →生徒タブレットに →PC教室にも

  27. 27 ①PCの環境は大丈夫か →アカウントは office365(Microsoft365) に紐づけ。費用も安い⁉

  28. 28 ②XDを使いこなせるか →私はAdobe製品を 使ったことがないに等し い・・・

  29. 29 ②XDを使いこなせるか →練習は必要 動画(Adobe公式)

  30. 30 ②XDを使いこなせるか →簡易マニュアルを作り 実践は宿題に。

  31. 31 実際の宿題

  32. 32 ②XDを使いこなせるか →自分 →友達 →調 る

  33. 33 ③評価はどうするか →後程、説明します

  34. 34 6時間の 授業の様子 6時間の 授業の様子

  35. 35 1時間目 ・なぜXDを使うのか ・事前にアプリをダウンロー ド ・マニュアルを配布

  36. 36 ①情報デザイン能力 ②コミュニケーション能力 →プロジェクト学習 (PBL学習)

  37. 37 プロジェクト学習 複数の人たちがチームを組み、 課題を設定し、共同作業を進め ながら解決していく学習手法

  38. 38 プロトタイプは「作品」ではなく、何度も試行錯 誤を繰り返すための「試作品」 自分のアイデアを素早く カタチにする力が必要 ↓

  39. 39 2時間目 ・目標とテーマを発表 ・現在あるアプリを体感 ・東京都と足立区のアプリの 比較、良い点、悪い点をメモ ・同じようなものを作ってみ

  40. 40 目標 「実際に触ることのができる プロトタイプのアプリ作成と公開」 ※作り込む必要はない! ↓

  41. 41 テーマ 「地域に特化した 防災アプリ」

  42. 42 実際の宿題

  43. 43 3時間目 ・メモを参考に 各班でミーティング ・各自ページを作成 ・その場で相談する場面も

  44. 44 4時間目 ・作成したページを統合 ・共同編集により統一感を ・宿題でリモートワーク

  45. 45 5時間目 ・完成したアプリを表示 ・ほかの班の生徒が評価 ・評価はOnenoteに記入 ・戻ってきたら、評価をもとに改 良

  46. 46 6時間目 ・コンペティション (プレゼン)開催 ・評価はFormsで入力 ・1位を決める (現実では採用は1つ)

  47. 47 ③評価はどうするか →後程、説明します

  48. 48 ③評価はどうする? コンペの結果が班の評価 班のメンバーで相互評価 (貢献度など) 班長はプラス(負担大)

  49. 49 気づき メリット

  50. 50 使い方に苦戦 →途中からは スムーズに。 直感的に使える

  51. 51 PBLの重要さ →いきなり良い物は できない

  52. 52 チームの大切さ →自分一人では不可 スキルアップと コミュニケーション

  53. 53 チームの大切さ →オンライン会議 共同編集 在宅勤務体験

  54. 54 現実問題 →楽しいだけではダメ 世に出るアプリは 全体から1本だけ。

  55. 55 改善点

  56. 56 改善点① 作業時間を もっと取りたかっ

  57. 57 改善点② PBLをもっと やりたかった

  58. 58 改善点③ 操作に慣れるよう 他のアプリを使う

  59. 59 今後

  60. 60 今後① 地元との連携 足立区とコラボ

  61. 61 今後② HTMLへ接続 (本校のプログラミングへ活かす)

  62. 62 今後③ 防災アプリの プログラミングへ →Monaca?

  63. どうする? 情報デザイン・・・ ~AdobeXDでの取り組み~

  64. ご清聴 ありがとうございました。