Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

introduction.pdf

Baseconnect
March 25, 2021

 introduction.pdf

Baseconnect

March 25, 2021
Tweet

More Decks by Baseconnect

Other Decks in Business

Transcript

  1. Baseconnect株式会社 採用候補者向けスライド 2023年2月7日更新

  2. 目次 会社紹介 1 事業について 2 組織について 3 働く環境について 4 経営人材について

    5 選考について 6
  3. 会社概要 会社紹介 会社名 Baseconnect株式会社 所在地 京都府京都市中京区山崎町235 4F 設立 2017年 1月

    17日 役員 代表取締役 國重侑輝 取締役   野中 崇史 社外取締役 山川 隆義 常勤監査役 尾堂 隆久 従業員数 214名(社員/役員 80名・アルバイト134名)  資本金 14.3億円(資本準備金を含む) 株主 • 國重侑輝 • Z Venture Capital • 日本郵政キャピタル • Genesia Venture Fund • ユーザベース • ジャフコ グループ • NTTドコモ・ベンチャーズ • Salesforce Ventures • 京都信用金庫(京信イノベーション C投資事業有限責任組合) • 他    
  4. 私たちの目的・存在価値 会社紹介
 世界中のデータを繋げることで、 ダイレクトに必要な情報にアクセスできる世界を作る。 15世紀にグーテンベルクにより活版印刷技術が生まれて「書籍」が普及し、20年前にGoogleが生まれ て「検索」が普及しました。 人が何かを知る方法はここ十数年変わっていません。 重たい本を持ってくるか、キーワード検索にヒットしたリンクの一覧を1つ1つクリックするか、知人に尋 ねるかのいずれかです。 Baseconnectは書籍、検索に続く、第3の「知る」インターフェースを創造します。

    知る体験を根本から 変え、これからの当たり前を発明します。 Baseconnectに課せられたミッションは「世界中のデータを繋げる」ことです。 世界中のデータを繋げ合 わせ、構造化して整理し、世界のデータの中心である「Knowledge Base」 を創造します。 そうすることで、世界中の人々はダイレクトに必要な情報にアクセスできるようになります。 人から何か を教えてもらうようにして知りたいことを「知る」ことができ、誰もが簡単に安心して「知る」ことができま す。 新しい「知る」の あたりまえを作る 情報検索に イノベーションを 世界最大の データ製造業の会社 世界一価値ある会社
  5. 事業価値 会社紹介
 インターネット上の整理されてない膨大な情報を繋げ、構造化し、整理する。 → 安心して必要な情報にダイレクトにアクセスできる世界を作る。 5 5 原料 製品同士をつなげる 加工・検品 製品

    大手求人サイト (売上高情報) 官報 (利益情報) 国税庁サイト (法人番号情報) 新聞インタビュー記事 (代表者情報) コーポレートサイト (事業内容) ハローワークサイト (従業員数) Company data
  6. Baseconnectが起こす3つのイノベーション ① 会社紹介
 脳とインターネットを接続し、記憶の外部装置となる 「世界中のデータを繋げることで、ダイレクトに必要な情報にアクセスできる世界を作る。」というBaseconnectの目的を達するた めの最もシンプルな方法は、脳とインターネットを接続することです。知りたいと思った瞬間、インターネットの膨大な情報から、瞬 時に必要なデータを取り出すことのできる世界を実現します。 人類の脳は記憶することを価値とせず、外部化された記憶装置を持つことで、新たな思考を促すことに特化できます。 ステップ③ 人と会話するように「知りたいこと」を知れるようにする

    例えば職場の近くにある美味しいラーメン屋さんを知りたい時の最も理想の体験は、Googleで調べることでもなく、食べログ で調べることでもなく、ラーメンに詳しい友達に聞いて教えてもらうことです。今やキーワード検索は最後の「できればやりたく ない手段(=最悪の手段)」として使わるようになりました。私たちは人とインターネットが会話するように知りたいことを知れる エンジン(=ナレッジ・エンジン)を開発します。 ステップ② 検索エンジンとWebページを経由しないダイレクトな検索を実現する 「知る」市場の歴史(リンク)からも分かる通り、人類はよりダイレクトに必要な情報を得られる手段を求め続けています。「キー ワードを考えて検索エンジンに入力し、そこから無数に出てくるWebページを1つ1つ開き、知りたいことを闇雲に探す」という 体験から、検索エンジンとWebページを経由しない、ユーザーが求めることにダイレクトで返答できる体験を実現します。 ステップ① ダイレクトに必要な情報にアクセスできる世界をつくる 6
  7. Baseconnectが起こす3つのイノベーション ② 会社紹介
 インターネットでの情報収集を信頼できるものにする インターネットが普及して以降、インターネットでの情報収集は危険であり、情報リテラシーを持たないといけないと言われる ようになりました。検索結果には、嘘の情報が飛び交い、まとめサイトやアフィリエイト記事などの質の低いお金儲けのため の記事ばかりが並ぶようになってしまいました。 また、検索は「知識のない人に知識を授けるツール」ではなく、「知識の豊かな人と乏しい人の格差を拡大させるツール」と なってしまいました。キーワード検索には高い情報検索スキルが必要です。 私たちは、インターネットを危険な場所ではなく、安心して情報収集できる場所にします。私達が最終的に最も価値を提供し

    たいのが、インターネットでの情報収集を苦手とする人々です。4歳の子供でも安心して使える検索エンジンを作ります。「知 識のない人に知識を授けるツール」としての検索を実現します。 知識を「深める」検索から、知識を「広げる」検索を作る キーワード検索は、打ち込むキーワードが思いつかなければ検索できません。今のインターネット検索は知っていることをよ り詳しく知るためのツールです。 私たちは知識を深められることはもちろんですが、「知識を広げられる検索」を作ります。世界を狭める場所としてのインター ネットではなく、世界を広げる場所としてのインターネットで在りたいと考えています。 プル型の検索からプッシュ型の検索の時代へと移行し、知りたいことを先読みして知れたり、全く知らなかった 「価値を感じられるものとの出会い」を促進するような検索を実現します。 誰もが安心して利用できるインターネットへ 7
  8. Baseconnectが起こす3つのイノベーション ③ 「人」が使うインターネットではなく、 「人とAI(機械)」の両方が使うインターネットにする 現在のインターネット上の情報は、人が読んで使うための自然言語を中心とした情報となっています。 これからのAIが発達した時代において、インターネットを直接使うのは人ではなくAI(機械)が多くを占めることとなるでしょ う。AIが秘書のように人が必要とする情報を検索し、音声やホログラムなどの次世代型のインターフェースに載せて人に提 供する時代となります。WebサイトやWebページとキーワード検索を組み合わせた情報収集は、書籍による情報収集からイ ンターネットでの情報収集の時代となったように古いものとなるでしょう AI(機械)のための情報検索にとって最も必要なのは、AI(機械)が読んで理解できる知識ベースを構築することです。私た

    ちが想像するナレッジ・ベースは、AI(機械)にとってのGoogleとなります。 世界中の情報を本当の意味で整理する 「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」をミッションとするGoogleはあくまで目次を 作っているに過ぎません。現在のインターネット上の情報はWebページや記事と言われるように、本や雑誌の延長線上でし かありません。Web上に展開された本や雑誌(=Webサイト)の記事の目次を作成しているのがGoogle(=検索エンジン) です。 私たちが提案する「インターネット上の情報あるべき姿」は、あらゆる情報が繋がり合い・構造化され・整理された「ナレッジ」 であることです。紙の延長であるインターネットから、人も機械も使える次世代のインターネットを創造します。 AI(機械)のためのインターネットへ 8 会社紹介

  9. コアコンピタンス 会社紹介
 世界初のデータの製造業 - Data Manufacturing の会社として、 質の高いデータを大規模に作ることができる。 人 物

    福沢諭吉 ✕ テクノロジー • インターネット上からデータの自動収集。 • 独自の構造化・多次元DB。意図したデータのみ抽出。 • カテゴリ分類の自動化やデータの入力支援。 • データの正確性を自動判断。自動データ更新。 人 物 福沢諭吉 人力 • データのチェック / 修正 / 校正。 • 数百人のリサーチャーによるリサーチとデータ作成。   質の高いデータを作成可能な体制。 • トヨタ生産方式等の製造業のノウハウを応用。 9
  10. 10 Z Venture Capital 日本郵政キャピタル Genesia Venture ユーザベース ジャフコグループ East Ventures みずほキャピタル キャナルベンチャーズ NTTドコモ・ベンチャーズ Salesforce Ventures 京都市スタートアップファンド 京銀リース・キャピタル エン・ジャパン 池田泉州キャピタル 京都信用金庫 オリエントコーポレーション

    資金調達状況 シリーズBラウンド、54億円を調達。(累計調達額は82億円) 株主について 2017年2月 プレシードラウンド 700万円 2018年2月 資本提携 4,000万円 2019年8月 シリーズA 18億円 2017年12月 シードラウンド 1億円 2018年10月 プレシリーズAラウンド 4.3億円 2017年1月 設立 2022年2月 シリーズBラウンド 54億円 New 会社概要
 株主について
  11. 目次 会社紹介 1 事業について 2 組織について 3 働く環境について 4 経営人材について

    5 選考について 6
  12. 事業内容 事業紹介
 Musubu事業 まだ会ったことのない「売れる顧客」に出会える 法人営業を支援する企業情報データベース Musubuは法人営業のためのクラウド型企業情報データベース サービスです。140万件以上のデータを網羅し、成約可能性の高 い企業のリストアップや営業アプローチ、顧客分析などを行うこと ができます。 ・SMB向けのクラウド型企業情報

    DB提供のB2B SaaS。 ・サービス開始以来、高い売上成長率を維持。 Partnership事業 ベースデータ提供でサービス価値を向上 データプロバイダーサービス Partnership事業はクラウド型のWebサービスや社内の基幹顧 客管理システムとAPI連携を行い、企業情報等のデータ提供を行 うデータプロバイダーサービスです。大手企業を中心に導入され ています。 ・Sansan,ナビタイム,ラクスル,SPEEDAなど大手サービスに導入。 ・ サービスを継続利用・アップグレードする顧客が多い。 Partnership API 12
  13. Musubuとは まだ会ったことのない「売れる顧客」に出会える。 法人営業を支援する企業情報データベース。 1 4 2 3 法人営業のためのクラウド型企業情報データベース。 ターゲティングからアプローチ、顧客分析まで オールインワン。

    企業情報140万件以上の情報量。拠点情報や求人データも提供。 「最新のテクノロジー × 500名の人力」による優れたデータ品質。 13 事業紹介

  14. 非生産的な関係が生まれてしまっている 自社の提案をできる企業がわからない 最低限の時間で成果をあげたい 自社商材が売れる企業を知りたい 自分が必要な提案だけうけたい 14 Musubuの提供価値 14 事業紹介
 現状、営業する側にも営業される側にも不満がある

    不要な提案や不必要なものは要らない 自社に適した商材を最低限の時間で見つけたい 課題例 課題例 営業する側 営業される側 buyer sales
  15. 15 buyer sales 営業する側 アポ確率の高い提案先がすぐ見つかる 最低限の時間で成果をあげれる 営業される側 必要な商材の提案だけ受けれる 商材検討時間が最小化される 必要なデータを入れると

    必要な情報に辿り着ける 事業紹介
 Musubuの提供価値 Musubuが営業する側にも営業される側にも必要な情報を提供する。 Musubuがあるから... Musubuがあるから... BtoB法人営業にかかわる全ての人々にとって価値のある存在となる
  16. Musubuの収益モデル Subscription SaasからUpgradable Saasへの進化。 B2B企業にとって不可欠な商談獲得におけるオールインワンサービスを提供。 価値提供に 応じた収益が 得られるモデル 16 事業紹介


  17. Partnership事業とは ベースデータ提供でサービス価値を向上。データプロバイダーサービス。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000030679.html Partnership事業はクラウド型のWebサービスや社内の期間顧客管理システムとAPI連携を行い、企業情報などのデータ提供を行うデータプロバイ ダーサービスです。大手企業を中心に導入されています。 Sansan、SPEEDA、ナビタイム、ラクスルなど大手サービスに導入されており、データの力でプロダクトを裏で支えています。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000030679.html 17 事業紹介


  18. 全社ビジョン 「世界中のデータを繋げる」 法人営業活動において、必要な情報へダイレクトにアクセス できる。 事業ビジョン 中小企業の 売上をあげる 商材の ポテンシャルの 最大化

    商材の価値を 適切な顧客に 届ける 求めている人に 求めている モノが届く 顧客発見ソリューション=Musubu 事業ビジョン 中小企業における 全ての潜在顧客を顕在顧客にして、売上を最大化する。 18 事業紹介

  19. (3)出所:社内ヒアリングを基に作成 (4)出所:オウケイウェイヴ総研「社内業務に関する調査」よりBaseconnect作成 取り組む課題 生産年齢人口の減少(1) (1)出所: 内閣府「令和2年版高齢社会白書」よりBaseconnect作成 (2)出所:大阪商工会議所「中堅・中小企業の経営状況・課題に関するアンケート調査」よりBaseconnect作成 営業活動のフェーズ(3) 中小企業の経営課題(2) 生産年齢人口の減少。

    営業部門のDX・効率化は、多くの企業が抱える課題。 新規開拓営業は中小企業にとって最も重要な経営課題。 情報収集の手段(4) 情報収集の効率化が課題。 インターネット検索に多くの時間を使っている。 アポ率の低さ。営業先のターゲティング精度がボトルネック。 件 数 9割減 19 事業紹介

  20. Baseconnectの成長ポテンシャル 成長戦略
 会社での「調べもの」市場は日本だけでも38兆円。コアコンピタンスを活かし、まずは、B2Bの「ビジ ネス検索エンジン」としての地位の確立を目指す。 企業・人物 データ 新規開拓営業 (買い手探し) 商品・製品 データ

    ・・・・・ B2B商材データベース (売り手探し) 与信・ 取引先モニタリング BtoB検索・リサーチ 法律・知的財産 等データ 不動産・建設 データ ・ ・ ・ BtoC向けに進出 会社で調べもの 人件費市場は38兆5000億円 ビジネスパーソンは 1日平均1.6時間、調べ物(情報検索)を行 う。日本全体の人件費換算で約 38兆5000億円。 (厚生労働省・オウケイウェイヴ総研 2019年4月) 20
  21. 目次 会社紹介 1 事業について 2 組織について 3 働く環境について 4 経営人材について

    5 選考について 6
  22. 22 組織形態 自律分散協調型の組織を目指す 組織
 鳥の群れのような組織 私たちは、トップダウン型でもボトムアップ型の両面を取り入れ、全員が定められた ルール(仕組み)の元で、自律的(自己組織的)に動く組織です。 この組織には上下関係がなく、中心がありません。 人間が持つ感覚と思考をフルで 活用し、お互いの情報を共有して協調

    しながらも、それぞれが自律して動きます。 私たちの組織を例えるなら、ムクドリの鳥の群れのような組織です。 鳥の群れはリーダーがいて指揮系統がある訳でもなく、相談しあって飛んでいる訳でも ありませんが、何千・何万という鳥が群れをなして目的地に向けて飛んでいきます。 従業員数が数百万人になってもスピードの落ちない組織 「数百万人規模になってもスピードを失わず、「イノベーションを起こし続けられる組織にするにはどうするか? 」を考え続けた結果、この組織形態に行き着き ました。 近くへ早く着きたいのなら少人数でいいのかもしれません。しかし、遥か彼方に行く ためには大人数で行くべきです。 階層主義にも合意主義にも 囚われず、それぞれが自律・協調して思いっきり前に進むのが私たちです。 組織図イメージ・ロールベースの組織
  23. 23 私たちのカルチャー 私たちが「こうありたい」と考える理想 組織
 カルチャーコードは、私たちの文化・価値観・行動指針を言語化してまとめたものです。それは「Baseconnectらしさ」であり、「迷った時に立ち返る羅針盤」 であり、「多様性を認められない価値観」であると考えています。入社をご検討いただく際に、私たちの「ありたい姿」を知っていただくことで、ミスマッチを減 らしたい。そんな願いと意志を持って公開いたしました。ぜひご一読いただけましたら幸いです。 https://company.baseconnect.in/recruit/img/CultureCode-Ver.2.0.pdf

  24. 24 カルチャーコードのアップデート 目的を達成するための手段としてのカルチャー 組織
 Baseconnectではカルチャーを「目的を達成するための手段」であると捉え、創業当初から言語化に取り組んできました。そして、パーパス、主力事業のビ ジョンと戦略、外部環境やコアコンピタンスとの一貫性・接続性などを考えながら、アップデートしていくことを大切にしています。現在のコアバリュー「Learn to Change」にあるとおり、カルチャーも常に変化し続けています。 https://note.com/kunishige_yuki/n/ne7c9e5bf8b58 カルチャーチームの結成

    創業当初は創業者が影響力を持ってカルチャーを形成していくケースが多 いと思いますが、組織の成長とともに徐々に創業者の手を離れて進化して いくことが理想です。2022年に公開したver 2.0のアップデートは、各部門か ら集まった有志20名の「カルチャーチーム」を中心に、全社横断プロジェクト として推進されました。 ver.2.0のアップデートプロセス 1. パーパス達成のために必要なカルチャーの抽出 2. 「残すべきカルチャー」と「変えるべきカルチャー」の棚卸し 3. マネージャー陣・経営陣のレビュー 4. 3ヶ月かけて50回を超えるダイアログイベントを実施 5. マネージャー向けオフサイトミーティングを実施 ※詳細については、ぜひ左記のnote記事をご覧ください。
  25. 25 取締役・監査役 事業企画 マネジメント マーケティング 投資ファンド運営会社のマーケティング責任者と して運営に携わる。その後、ライザップグループに て、買収先であるアパレル企業のターンアラウン ドにリーダーとして従事。経営の V字回復を実現。

    2018年にBaseconnectに入社。 取締役 野中 崇史 経営企画 セールス 常勤監査役 尾堂 隆久 京セラにて、創業者である稲盛和夫氏の秘書を 務めた後、ウィルコム、京セラドキュメントソリュー ションズにて執行役員総務本部長として 15年間管 理 部 門 全 体のマネジメントを経 験。 2021年に Baseconnectの常勤監査役に就任。 代表取締役 國重 侑輝 プロダクト エンジニアリング 組織 ファイナンス コンテンツ製造 高校生の頃から国際 NGOの立ち上げを行い、在 学 中にインターネットスタートアップの株 式 会 社 Campusを創業。10以上の事業を立ち上げ、月間 ユーザー数 400万人を達成する。事業売却後、 2017年にBaseconnect創業。 シリアルアントレプレナー コーポレートガバナンス 社外取締役 山川 隆義 横河ヒューレットパッカード (現・日本HP)、ボストン コンサルティング グループを経て、ドリームイン キュベータの創業に参画。同社、取締役 CTO、取 締役副社長、代表取締役に就任。 2021年当社社 外取締役に就任。 上場企業経営 経営コンサル 新規事業開発 経営戦略 人事労務 内部統制 大企業役員 組織

  26. 開発部門責任者 奥野 輔 大阪大学を卒業後、大阪大学 大学院基礎工学研究科および 人間科学研究科にて理系と文 系の修士号を取得。固体力学 や空き家問題、国際協力など の分野を研究。前職ではボス ニア・ヘルツェゴビナの平和構

    築 に 従 事 した。Baseconnect にはエンジニアとしてジョイン し、開発部門責任者として活 躍中。 新卒で電気通信事業会社に就 職、総合職として複数の業務 に従事。その後、数社への転 職を経験することで通信系エ ンジニア、営業、企画・運営社 内システムディレクター、開 発 デザインマネジメントなど 幅 広 い 職 種 に 携 わる。 2020 年 に UXデザイナーとして Baseconnectにジョイン。 社員紹介 ① PdM/企画デザイン部門責任者 伊澤 理奈 26 組織
 関西学院大学卒業。公認会計 士(日米)取得。 EYグループに 参画後、法定監査の担当や M&A関 連 業 務に従 事。その 後、大 阪ガスにて、 M&Aや在 外 子 会 社の管 理を担 当し、 2016年には英国子会社へ出 向 。その 後 、スタートアップに て、IPOに向けた業 務や資 金 調達を担当し10億円を調達。 経営管理チーム マネージャー 中辻 仁 一橋大学大学院商学研究科 にてMBAを取得。新卒で日本 電産に就職し、海外人事業務 を経験。その後、ベンチャー企 業2社で、新規事業立ち上げ 主導や経営企画に従事。立ち 上げ2年目の事業の黒字化や 中期経営計画の策定などを行 う。その後、LINEにて新 規 事 業の企画を担当。 事業企画室 マネージャー 佐々木 大輔 経営管理チーム 河井 航 新卒でEY新日本有限責任監 査法人に入社。上場企業の会 計監査業務に従事し、入社 4 年目には国内監査部門の監 査 現 場の責 任 者に抜 擢され る。また上場支援業務の一環 として、内部統制構築に対す るコンサルタント業務に従事。 公認会計士等、様々な資格を 保有する。
  27. 開発チーム テックリード 大槻 晋也 大 学 卒 業 後、システムエンジ ニアとして

    主 にバックエンドの 開発に従事。その後、複数社 にて、ウェブアプリケーションエ ンジニアとして、フロントエンド からバックエンドインフラまでシ ステム全 体の開 発を経 験。 2019 年 にBaseconnectにジョ インし、テックリードとして 活 躍 中。 社員紹介 ② 27 組織
 マーケティングチーム 岩村 東正 大学卒業後、デジタルエージェ ンシーに入社。事業責任者新 規事業責任者として新サービ スの立ち上げなど事業成長を 牽引。Baseconnectでは 同社初主催の大規模カンファ レンスを成功に導くなど様々な 施策に取り組む中で、現在は カスタマーサクセスの 立 ち 上げ責任者として部門横断的 に活躍。 セールスチーム 大原 知花 関西学院大学商学部卒業。新 卒 でシナジーマーケティングに 入社し、東京にて法人営業、カ スタマーサクセス業務に従事。 同部署での育成手腕を認めら れ、スカウトにより人材開発室 に異動。異動後は新卒採用や 教育、階層別教育の設計及 び、SNSにおける採 用 戦 略な どを担当。 開発チーム フロントエンド Tsang Jeun Yun イギリス 出 身 。デザイナー・プ ログラマーとして Webサイト 作 成 やマーケティング 関 連 のデ ザインを担当。来日後は、 IT企 業 にてデザインとプログラミン グに従事。英語版の Webサイ ト 等 を 作 成 。Baseconnectで は、フロントエンドエンジニアと してサービスサイトの開発を担 当。 Opsチーム 小引 友理 立命館大学卒業。新卒で三菱 東京UFJ銀行に入行し、個人 営業に従事。その後、事業会 社の会計・経理等の知識を深 めるため、監査法人トーマツに 入社。数多くの企業の経理業 務を担当。Baseconnectには、 労 務 担 当としてジョインし、最 短期間でのISO27001取得に 貢献。
  28. データで知るBaseconnect ① 組織
 28

  29. データで知るBaseconnect ② 組織
 29

  30. データで知るBaseconnectt ③ 組織
 30

  31. データで知るBaseconnectt ④ 組織
 31

  32. 写真で知るBaseconnect ① 組織
 「リモートの日常」と「リアルの非日常」が混ざり合う 32

  33. 写真で知るBaseconnect ② 組織
 オンラインとオフライン、両方の繋がりを重ねてチームは育っていく 33

  34. 目次 会社紹介 1 事業について 2 組織について 3 働く環境について 4 経営人材について

    5 選考について 6
  35. 35 2022年5月より「リモートベース」にシフト、全国での採用を開始 Baseconnectの「リモートベース」について 働く環境


  36. 36 全国採用・居住地自由・働く場所自由 場所や時間の制約を受けない、フルリモート・フルフレックスの働き方 Baseconnectは、居住地やオフィスで勤務しているかどうかによって得られる機会や働きやすさが変わらないこと、を大切にしています。「フ ルリモート」および「コアタイムなしのフルフレックス」を前提として、自宅・オフィス・コワーキングスペースなど多様な選択肢の中から「その 日、最も高いパフォーマンスを発揮できる環境」を選択することができます。 リアルもリモートも大切にする 月12万円まで交通費支給、対面でのコミュニケーションを支援する制度と施策 Baseconnectは、チームビルディングの観点から「空間を共にする機会」を大切にしています。普段はリモート環境で一緒に仕事をしている全 国各地のメンバーが京都オフィスに集まる、関西のメンバーが関東のメンバーに会いにいく、など様々なケースを想定し、それらを支援する制

    度を設計しつつ、オフサイトmtgなどの施策を推進しています。 「リモートベース」で目指す世界 働く環境

  37. 制度・福利厚生 組織
 働き方 「リモートベース」の目的は、パフォーマンスの最大化です。 Baseconnectには、場所や時間の制約を受けずに「その日、最も生産性の高い状態」で働くための支援制度があります。 リモートワーク手当 5,000円/月を支給 コワーキング手当 20,000円/月まで補助 備品補助

    備品のサブスク(HQ)を提供 勤務場所 オフィスまたは自宅、コワーキングスペース等で自由に勤務可能 勤務時間 コアタイムなしのフルフレックス 手当 制度 37
  38. 制度・福利厚生 組織
 休み方 中長期的に「質の高い仕事」をし続けるには、余白や休養の時間を持つことが重要です。 Baseconnectには、適切に自己管理をしながらコンディションを「整える」ための休暇制度があります。 シックリーブ 条件付有給休暇を付与(体調不良時、月 3日以内であれば申請なしで取得可能) コネクト休暇 入社時点で最大5日間の休暇を付与(有給休暇とは別で付与されます)

    ワクチン接種休暇 1〜2回目の接種の場合は接種日当日および翌日の最大 2日間 3回目以降の接種の場合は接種日当日および翌日、翌々日の最大 3日間 慶弔休暇 本人の結婚・パートナーシップ宣誓 5日 / 妻の出産 2日 父母(養父母)・配偶者・子(養子を含む)の死亡 5日(喪主の場合は7日) 兄弟姉妹・祖父母・配偶者の父母の死亡 3日(喪主の場合は5日) 保護者休業休暇 小学校等の臨時休業等により子どもの世話をするメンバーのための特別有給休暇 制度 38
  39. 制度・福利厚生 組織
 集まり方 リモートをベースとした働き方を導入しながらも、同じ空間で実際に会ってコミュニケーションを取ることを大切にしています。Baseconnectには、 より深い信頼関係の構築を支援する制度があります。 オフサイトmtg マネージャーオフサイト、開発オフサイト、企画デザインオフサイト、など Quarterly Session 四半期の個人目標をシェアし相互にフィードバックと応援コメントを贈りあう施策

    その他、懇親会など 歓送迎会、同期会、部門横断ランチ、 Baseconnect BBQ At Glamping、関西以外の集い、 同釜(オナカマ)制度 1名につき5,000円/月まで補助 出張交通費 1名につき120,0000円/月まで支給 施策事例 制度 39
  40. 目次 会社紹介 1 事業について 2 組織について 3 働く環境について 4 経営人材について

    5 選考について 6
  41. 41 いま、私たちは「経営人材」を求めています。 私たちの存 在 意 義・ビジョンに共 感 し、大 切にしているカルチャーにフィッ トする。

    100-200名規模の企業経営・事業統 括の経験がある。1→10(数億→数十 億)の事業グロース経験がある。 社会や業界全体を俯瞰しながら思考 することができる。 全社視点で考え、周囲に影響を与え ることができる。 専門領域に対して稀有な知識と経験 を持つ。また、専門外の領域について 他の経営メンバーと対等に議論できる 幅広い専門性を持つ。 高い目標に対して逆算で考え、やり遂 げることができる。 高 いエグゼキュー ション力がある。 豊富な決断経験を持つ。将来のビジョ ン・戦略を自ら描くことができ、明確な 方 針をリーダーとして示すことができ る。 ※私たちが求める「経営人材」のイメージ(必須条件ではありません) 経営人材採用に関して 経営人材採用

  42. 42 経営人材が大きく不足。 現在 CEO 事業 責任者 CPO COO CEO CTO

    VP of Produc t VP of Enginee ring 将来(約3年後) CHRO CFO 新規事業 責任者 R&D Head VP VP VP VP 現在の課題として、「経営メンバーの多数の役割兼任」や「会社の複雑性・企業規模に対しての経営リソース不足」、「経営にお ける実行力や技術観点の不足」などがあります。非常に高い事業ポテンシャルを感じており、売上 200億円規模への成長・複数 事業化による非連続成長を実現できる経営チームを作りたいと考えています。 ・・・ 3年後の経営チームイメージ 経営人材採用

  43. 43 私たちはパーパスの実現のため、事業としての プロダクト構想を描き、プロダクトの価値を高め て、成長させていきます。そのためには、 広くか つ複雑性の高いプロダクトとしての在るべき姿 を描き、領域の垣根を越えたプロダクト開発体 制を構築し、着実に実現すべき優先度を定めて いく必要があります。 プロダクト開発に限らないデータやマーケティン

    グ領域に及ぶ幅広い思考を強みとされている 方にお会いしたいです。 データ製造は私たちのコアコンピタンスです。テクノロジーと人力を掛け合 わせた、このBaseconnectならではの製造力を活かして、データを起点とし た、さらなる事業展開の在り方を模索していきたいと考えています。そのた めには、データ製造における技術を多様な事業展開の軸となるような水準 にまで引き上げていく 必要があります。 最新技術に対する知見をベースとし、高い仮説構築力を持ち、データ製造 の未来を共に描いていける方にお会いしたいです。 新しい「知る」のあたりまえを作るために、私たちは技術に秀でたテックカン パニーとして成長していきます。そのために、 プロダクト開発やデータ基盤 開発など、様々な技術領域でチームの創造性と生産性を最大化 し、技術を 事業の推進力にしていく必要があります。 エンジニアリングと事業推進の確かな経験をもち、私たちと共に挑戦し続け て頂ける方にぜひお会いしたいです。 開発領域 経営人材 (CTO / VPoE候補) データ製造領域 経営人材 (VP of Data 候補) プロダクト領域 経営人材 (CPO / Vp of Product 候補) 新しい「知る」という体験をより多くのユーザー の方に届けていくために、私たちはお客さまを 深く理解し、カスタマーフォーカスの視点をベー スに、より良いプロダクトを提供していきます。 そのためには、今後の事業展開を見据えなが ら、ビジネス・プロダクト・事業全体を捉え、中長 期的な目標達成に向けた全体戦略を描いてい く必要があります。 強い推進力を持ち、ビジネス事業全体を統括 し、事業スピードを加速させることができる方に お会いしたいです。 ビジネス領域 経営人材 (COO / Vp of Bussiness 候補) 現在は法人営業領域の情報検索のイノベー ションに取り組んでいますが、それは私たちが 実現したいことのごく一部に過ぎません。 新た な領域でも、新しい「知る」のあたりまえを作るこ とに挑戦していく 必要があります。 CEOと二人三脚で、新規事業の仮説検証から 立ち上げをお任せしたいです。 0からプロダクト を作り、世に問うことができる方にお会いしたい です。 新規事業領域 経営人材 (新規事業 事業責任者 候補) 採用を注力する経営人材ポジション (詳細は採用ページを御覧ください) 経営人材採用

  44. 目次 会社紹介 1 事業について 2 組織について 3 働く環境について 4 経営人材について

    5 選考について 6
  45. 45 実行力 がある人 高い専門性 を持つ人 変化 を楽しめる人 Baseconnectは成 長 期に差し掛

    かっており、大 型の資 金 調 達を 行って大きく成長投資をしつつ、ビ ジネスモデルの変革を行うチャレン ジを行っています。 このような変化の激しい環境にワク ワクし、その変化を楽しみながら組 織を牽引できる方を求めています。 これまではさまざまな業務をこなせ る万能タイプが活躍しやすい環境 でしたが、会 社の成 長に伴い、高 い専門性を持ち高い基準の仕事を 遂 行できるプロフェッショナル人 材 の重要性が増しています。そういっ た 方 には、Baseconnectの 次 の フェーズを 担 う 機 会 が 多 くありま す。 会社の立ち上げ段階であったこれ までは、自由な発想で仕組みを作 り上げるための、創造力や柔軟性 が重 要 視されてきました。プロダク トの完成度が上がり、グロースさせ ていくフェーズに入った今、高い目 標や数字に対して食らいつき、やり 遂げる機会が多くあります。 現在のBaseconnectに足りない要素・活躍の機会 採用情報

  46. 46 新しい「知る」のあたりまえを作る。情報収集を100倍早く便利にする。世界中のデータをつなげて構造化して整理する。世界最大のデータ製造 業の会社になる。そんなBaseconnectのPurposeへの共感が私たちの仕事の根底にあります。組織の存在意義と個々のメンバーの存在意義 が一致した時に大きな推進力が生まれ、本来成し得ないことを成し遂げられるのではないかと考えています。 自ら学び、変化する姿勢 自ら課題を設定しプロセスを設計して推進する 信頼と協調を大切にしながら仕事を進めるスタンス 私たちが取り組む事業および市場の環境は、目まぐるしく変化しています。そういった変化に適応するためには、私たち自身も常に学ぶ姿勢を もち、大胆に変化し続けることが必要です。そして学習の対象は、知識やスキルだけでなく行動や価値観、仕組みなど多岐に渡ります。目的達 成のためのアンラーニングも重要と考えています。私たちは、個々の経験から得られる膨大な知識を糧に、新たな道を切り開き、自ら学習しな

    がら目の前の課題を解決していくことのできる方と共に働きたいと考えています。 私たちの組織は自律分散協調型組織を目指しています。そして、自律することと同じくらい協調することを大切にしています。 信頼関係を築いた上で、徹底して情報をオープンにし、忖度せずに様々な視点から意見を伝え合い、良質な意見を取り入れながら意思決定の 質を上げていくことを目指しています。Baseconnectにとって「協調」は私たちがひとつの組織となるための鍵です。周囲からの助言を大切にし て取り入れる。助け合いを大切にする。そんな方と共に働きたいと考えています。 Purposeへの共感 1 2 3 4 私たちは、目的と役割とルールによって、仕事を進めていきたいと考えています。そのために、メンバーは目的にフォーカスした上で自ら課題を 設定し、具体的なプロセスを設計した上で、プロジェクトを推進する。「指示に従うのではなく、自ら考え行動できる人」「自分の仕事にオーナー シップを持てる人」「意思(Why)を持って仕事に向き合う人」と共に働きたいと考えています。 採用情報
 共に働くために大切にしていること
  47. 47 監 査 やファイナス、ベンチャー 企 業 での IPO準備などの経験を活かして、会社に貢 献している実感を得られると考え、入社を 決めました。IPOに向けた会社の整備を主

    導し、会社の変化を見られることにやりが いを感じています。自身の考えや軸をしっ かり持った上で、メンバーに対する気遣い ができる方と働きたいです! 経営管理チーム マネージャー 中辻 仁 Baseconnect HR Blog (https://hr.baseconnect.in/)より抜粋 皆で意見を出し合いながら、一緒に良いも のを作り上げていこうとする雰囲気があり、 Baseconnect全体に「つくること」を大切に する空気が息づいていることに楽しさを感 じます。今後もメンバーの強みや個性が最 大限発揮される環境作りやユーザーの方 に価値を届けていくための開発体制を作っ ていきたいです! 開発部門 部門責任者/マネージャー 奥野 輔 事 業の可 能 性に加え、企 画・UXデザイ ナーとしての力量を純粋に評価してくれた と感じたため入社を決めました。現在は事 業 戦 略を実 現させるための企 画 立 案を 担っています。 事業戦略をもとにユーザーにとって理想の 体 験を描くという重 要な役 割を任せても らっていることにやりがいを感じています。 PdM/ 企画デザイン部門責任者 伊澤 理奈 自身のアウトプットが事業や会社に与える 影響の大きさと、成長が見込まれるデータ ベース領域という市場に惹かれ、入社を決 めました。現在はデータ戦略や新サービス の企 画などやりがいのある業 務に携わっ ています。会社が掲げるビジョンを達成し、 働く人が持つポテンシャルをもっと引き出 せる世の中を作りたいです。 事業企画室 マネージャー 佐々木 大輔 メンバーからのメッセージ 採用情報

  48. 48 主な選考フロー ※募集職種や応募形態によって選考フローは異なります。 採用情報
 カジュアル面談 ご要望に合わせて、様々な テーマでお話をさせていただき ます。 複数回の面接 人事、チームメンバーとの対話

    を通して、相互理解を深めるた めの場です。 最終面接 選考責任者と、具体的な条件 なども含め、最終的な確認な どを行います。 書類選考 フォーマット問わず履歴書と職務 経歴書をデータにてご提出いただ きます。  選考課題 技術課題などを必要に応 じてお願いしています。 応募 オファー面談 内定通知。期待する役 割や条件などの説明。 入社 選考では「相互理解」を大切にしています 基本的なフローは以下の通りですが、ご希望にあわせて柔軟にアレンジすることが可能です。
  49. 49