Developers Boost Session 6

6378a3035de0b841dba4ab82bd7f624d?s=47 blendthink
December 12, 2020

Developers Boost Session 6

Developers Boost の Session 6 の登壇資料です。

Developers Boost 公式サイト
https://event.shoeisha.jp/devboost/20201212

6378a3035de0b841dba4ab82bd7f624d?s=128

blendthink

December 12, 2020
Tweet

Transcript

  1. OpenAPI Generator による API Client コードの完全⾃動⽣成 〜退屈な時間を有意義な時間に変えるために〜 2020.12.12 Developers Boost

    #6
  2. 岡⼭ 達哉 • Android App Developer • 株式会社ゆめみ(2019年11⽉⼊社) • 趣味は将棋

    • Flutter で個⼈開発中(2⽉にリリース予定) blendthink
  3. None
  4. これまでの経歴 公 務 員 地 元 & ⼩ ( )

    会 社 , - .
  5. None
  6. 本題に⼊る前に

  7. 正直...

  8. 題材ミスりました笑

  9. 1. 困った・苦労したこと 2. 考えた・⾏動したこと 3. 今後の⽅針について なので...

  10. 1. 困った・苦労したこと

  11. 1. 困った・苦労したこと こんな経験 ありませんか︖

  12. 1. 困った・苦労したこと どこが変更になったんだ.. いつのまにか仕様変わってる どこを変更したのか分からない⁉

  13. 1. 困った・苦労したこと こんなとき、ついつい 責めてしまってませんか︖

  14. 1. 困った・苦労したこと 仕様変更した時は ちゃんと⾔って︕ どこを変更したか 教えて︕ 変更箇所は 把握しといて︕

  15. 1. 困った・苦労したこと ⾔ってることは 正しい..

  16. 1. 困った・苦労したこと しかし

  17. 1. 困った・苦労したこと ⼈間は完璧ではありません

  18. 2. 考えた・⾏動したこと

  19. 2. 考えた・⾏動したこと 運⽤でカバーは したくないなぁ そもそも修正するの めんどくさいなぁ

  20. 2. 考えた・⾏動したこと そうだ

  21. 2. 考えた・⾏動したこと 責任はすべて プログラムに押し付けよう ⾃動化しよう︕

  22. 2. 考えた・⾏動したこと APIの変更の流れ サ ー バ ー 側 の 修

    正 修 正 箇 所 の 連 絡 ク ラ イ ア ン ト 側 の 修 正
  23. 2. 考えた・⾏動したこと APIの変更の流れ サ " バ " 側 の 修

    正 修 正 箇 所 の 連 絡 ク ラ イ ア ン ト 側 の 修 正 ⾃動化したい
  24. 2. 考えた・⾏動したこと ⾃動化するには..︖

  25. 2. 考えた・⾏動したこと APIの変更の流れ サ " バ " 側 の 修

    正 修 正 箇 所 の 連 絡 ク ラ イ ア ン ト 側 の 修 正
  26. 2. 考えた・⾏動したこと GitHub Actions

  27. 2. 考えた・⾏動したこと

  28. 2. 考えた・⾏動したこと APIの変更の流れ サ " バ " 側 の 修

    正 修 正 箇 所 の 連 絡 ク ラ イ ア ン ト 側 の 修 正
  29. 2. 考えた・⾏動したこと OpenAPI Generator

  30. 2. 考えた・⾏動したこと

  31. 2. 考えた・⾏動したこと こんな感じ API API Client • API の更新通知の受信 •

    API Client コードの⽣成 • API Client にプルリク作成
  32. 2. 考えた・⾏動したこと 試してみた

  33. 2. 考えた・⾏動したこと API のリポジトリ https://github.com/blendthink/linkmark-api

  34. 2. 考えた・⾏動したこと API Client のリポジトリ https://github.com/blendthink/linkmark-android

  35. 2. 考えた・⾏動したこと

  36. 2. 考えた・⾏動したこと めっちゃ便利︕

  37. 3. 今後の⽅針について

  38. 3. 今後の⽅針について 実は、、

  39. 3. 今後の⽅針について 課題が⼭積み

  40. 3. 今後の⽅針について そもそも、、 API仕様書がない

  41. 3. 今後の⽅針について API仕様書が Git管理されてない

  42. 3. 今後の⽅針について GitHub Actions をいじれない 権限が必要じゃ

  43. 3. 今後の⽅針について OpenAPI Generator で未対応の部分がある

  44. 3. 今後の⽅針について Retrofit X Coroutine X Kotlinx Serialization 例えば API

    Client コードが、まだこの組み合わせで⾃動⽣成できない
  45. 3. 今後の⽅針について

  46. 3. 今後の⽅針について 今後の⽅針

  47. 3. 今後の⽅針について できるだけ⾃動化する

  48. 最後に

  49. 前提を疑うこと は⼤切 それって⼈がやることなの︖

  50. 社内の OJT チャンネルガイドライン

  51. いかがでしたでしょうか︖

  52. 皆さんの退屈な時間を 少しでも有意義な時間に できていれば幸いです

  53. ご清聴ありがとうございました

  54. 参考 • https://openapi-generator.tech/ • https://github.co.jp/features/actions • https://www.irasutoya.com • https://qiita.com/warahiko/items/3676f1164f4619e8debc •

    https://qiita.com/n_komiya/items/8310fdb7e2002e89eb13