ビオガーデン防災機能及びパーゴラ・プロジェクト

 ビオガーデン防災機能及びパーゴラ・プロジェクト

このプレゼ資料はヨコハマ市民まち普請事業(2020)でCode for Hodogayaが発表したものです。尚、Code for HodogayaはNPO法人まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.におけるプロジェクトチームです。

Transcript

  1. /10๏ਓ·ͪͮ͘ΓΤʔδΣϯτ 4*%&#&"$)$*5: ϓϩδΣΫτνʔϜ  ϤίϋϚࢢຽ·ͪී੥ࣄۀ

  2. 提 案 組 織 Code for Hodogaya このプロジェクトチームでは、 様々な観点での地域づくりを行う他、 自然環境や防災・減災に取り組む。

    for People / 地域住民 テーマ型とソリューション型の 両方から地域住民に貢献する 組織概要 組織結成:2020年2月 活動地域:横浜市保土ケ谷区 代表:志田健一
  3. 組 織 母 体 NPO法人まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY. この法人は、横浜市を主な拠点として 活動するまちづくりNPOである。3つの事業を

    主軸に「ミジンコから宇宙」に至るまで遂行。 事業内容 情報技術支援事業 中間支援事業 まちづくり支援事業 法人概要 団体創立:2009年7月 法人設立:2017年12月 活動拠点:横浜市中区
  4. 整 備 場 所 横浜市保土ケ谷区月見台 旧保土ケ谷小学校跡地 N 旧保⼟ケ⾕⼩学校跡地 土砂災害区域 区域外

    津波予想区域 区域外 浸水(洪水、内水、高潮) 0.5m以下
  5. 提 案 内 容 ビオガーデン防災機能及び パーゴラ・プロジェクト 旧保土ケ谷小学校跡地(いっとき避難場所) 内のビオガーデンに防災時に使用できる 仕様とした「防災パーゴラ」等を整備する。

  6. 整 備 概 要 防災パーゴラ+貯水設備 防災パーゴラ:耐震設計としたパーゴラを設置。 災害発生後に避難所として使用されることを 前提にテントをパーゴラに展開できる様にする。 外観は屋根、支柱、垂木、デッキから成る構造。 貯水設備:災害発生後に避難所として

    使用されることを前提に雨水貯留設備等を設置。 外観はステンレス製のドラム缶を使用する。
  7. 整 備 概 要 防災パーゴラ

  8. 整 備 概 要 貯水設備 事例:西戸部2(西区) 整備場所:既存の井戸あり

  9. 活 用 方 法 施設活用イメージ ①防災訓練に使用 ②小中学生への防災教育 ③防災機能の拡充 ④自然との調和 ⑤既存設備の防災的活用

    ⑥地域力や市民力、 防災力を高める試み ⑦その他(後述、防災構想)
  10. 防 災 構 想 防災トランスフォーメーション Disaster Management Tranceformation(DX) あらゆる防災への取り組みや関係する技術を 活用し、自助、共助、公助の最大化と

    全方向型防災として高度システム化すること。 DX × 公共性 ①整備事業→共助から公助への変化 ②「横浜モデル」→我が国のモデルへ確立
  11. One more thing. . .

  12. 私たちは、ハードに限定しない “シン・まちづくり”を遂行します。 災害は待ってくれない!