Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

100を超える開発チームの技術情報連携を実現する | CA BASE NEXT

100を超える開発チームの技術情報連携を実現する | CA BASE NEXT

□ 登壇者
脇本 宏平

□ 発表について
サイバーエージェントの技術組織はゲーム、メディア、AIと大きく3つの事業部に分かれ、そのなかで合計100を超えるサービスをそれぞれの開発チームが独立して開発しています。こうした組織体制は開発の自由度や意思決定のスピードを高める利点がある一方で、技術検証や社内共通のインフラなどに関する情報が統一されていないが故に車輪の再発明が起こり易くなる、所属をまたいだ共創が生まれにくくなるといった側面もあります。サイバーエージェントではそれらの問題を解決し、組織全体としての技術力を向上させるための取り組みを行っています。本セッションでは全社の技術情報連携の現状と今後の中長期的な戦略についてお話しします。

詳細はこちら

□ CA BASE NEXT (CyberAgent Developer Conference by Next Generations) とは
20代のエンジニア・クリエイターが中心となって創り上げるサイバーエージェントの技術カンファレンスです。
当日はセッション・LT・パネルディスカッション・インタビューセッションを含む約50のコンテンツをYouTube Liveを通じて配信します。
イベントページ

□ 採用情報
サイバーエージェントに少しでも興味を持っていただきましたら、お気軽にマイページ登録やエントリーをおねがいします!

◆新卒エンジニア採用
エントリー・マイページ登録はこちら
採用関連情報のまとめはこちら

◆新卒クリエイター採用
エントリー・マイページ登録はこちら

◆中途採用
採用情報はこちら

2016ba6b977a2e6691811fa66d5f4336?s=128

CyberAgent
PRO

May 28, 2021
Tweet

Transcript

  1. None
  2. 脇本 宏平 わきもと こうへい @kohei.wakimoto.7 @WakimotoKohei 2019年度 新卒入社 AI事業本部 極予測AI コピー素材開発

    開発責任者 次世代マネジメント室 第二期メンバー
  3. 次世代マネジメント室 マネジメントができるエンジニアの育成 経営層と現場の架け橋となり より良いエンジニア組織を創る 組織横断の連携強化も取組みの一つ 目的

  4. CAの技術組織

  5. 100を超えるプロダクト 各事業に特化した開発チーム 多様な技術・開発文化 CAの技術組織

  6. 各事業に特化した開発チーム 素早い意思決定・高いモチベーション 各事業領域での素早い成長 事業部間・チーム間で知見が共有されない • 車輪の再発明が起こりやすい 所属を超えた交流が少ない 組織間で協創が生まれにくい

  7.  多様性を活かして更に加速するために 組織間のつながりが重要 各事業に特化した開発チーム 素早い意思決定・高いモチベーション 各事業領域での素早い成長 事業部間・チーム間で知見が共有されない • 車輪の再発明が起こりやすい 所属を超えた交流が少ない 組織間で協創が生まれにくい

  8. エンジニアと技術をつなぐ Developers Connect • 社内報の発信 • 勉強会・オフィスアワー • イベント開催サポート •

    Slack技術チャンネル 組織をつなぐ
  9. 組織をつなぐ Development Inner Sourcing • ソースコードの全社化

  10. 組織をつなぐ Development Inner Sourcing • ソースコードの全社化 Slack Enterprise Grid •

    コミュニケーションの全社化
  11. 組織をつなぐ Development Inner Sourcing • ソースコードの全社化 Slack Enterprise Grid •

    コミュニケーションの全社化 Technology Map • 各開発チームの技術を可視化
  12. Development Inner Sourcing • ソースコードの全社化 Slack Enterprise Grid • コミュニケーションの全社化

    Technology Map • 各開発チームの技術を可視化 Developer Experts 制度 • 特定領域の専門家としてCAを牽引 組織をつなぐ
  13. 取り組む課題

  14. 技術情報の連携が不十分 極AIはどんなアーキテクチャ採用してるんだろ チームでNotion使いたいな 既にどこかで契約してるなら乗っかりたい 新チームの体制どうするのが良いんだ 参考になるプロダクト無いかな すぐに答えが見つからない

  15. すべてのエンジニアが最新の社内技術情報に 素早くアクセスできる 理想状態

  16. • 現場の最新の知見が全社に向けて発信される • 情報を1箇所に集約 • 構造化され、容易に検索できる 全社技術Wikiを作成

  17. 目標 次世代マネジメント室で取り組める時間は限られている ➥ 需要の高いコンテンツに絞り   確実に成功事例を作る

  18. • 実態を深堀るためヒアリング • 書く側・見る側両方の視点で現状の課題と理想状態 需要調査

  19. • プロダクトの開発資料 • インフラ・契約関連情報 • 登壇資料・社内イベント資料 • 社内施策・イベント情報 • 社内ライブラリ

    • 障害発生、リスク事例 • 研究・特許関連 需要のあるコンテンツ
  20. • プロダクトの開発資料 • インフラ・契約関連情報 • 登壇資料・社内イベント資料 • 社内施策・イベント情報 • 社内ライブラリ

    • 障害発生、リスク事例 • 研究・特許関連 需要のあるコンテンツ 特に需要が高い
  21. プロダクトの開発資料 内容 • チームの取組み • ツールのハマりポイント • アーキテクチャなど 現状 •

    事業部、プロダクト内でのみ共有 需要が高いコンテンツ
  22. インフラ・契約関連情報 内容 • オーナーの連絡先 • 契約手順 • 導入のノウハウ 現状 •

    ドキュメント化されているものが多いが、散らばっていて見つけ辛い • 知り合いを通じて知ることが多い 需要が高いコンテンツ
  23. 登壇資料・社内イベント資料 内容 • 他部署の文化やチーム・個人の取り組み 現状 • 見る側 社外に公開していない資料が検索できない • 書く側

    社内向けに資料を置く場所が用意されてない 需要が高いコンテンツ
  24. • Wiki自体の需要は高い • 特に需要の高いコンテンツ   ・ プロダクトの開発資料   ・ インフラ・契約関連情報   ・ 登壇資料・社内イベント資料

    • 情報が無いのではなく、まとまってない場合が多い 需要調査まとめ ➥ 需要の高いコンテンツをまとめていく
  25. ✔ Markdown ✔ ページ階層 ✔ 履歴管理 ✔ ページ制限 Notionを採用検討中 機能・コスト・既存の利用者数

    要望1位 要望2位 要望3位 セキュリティ上必須 既存のWorkspaceはそのまま利用 Wiki専用のWorkspaceを追加 ツール選択・構造 事業部 WS 子会社 WS Wiki Notion Enterprise
  26. 一斉導入はしない 魅力的なものにすることで、自然と利用者が増えていくのが理想 魅力的なものにするために 1. 需要の高いコンテンツを揃える 2. 小さく始めて検証しながら育てる 3. 便利な利用事例を増やし、発信していく 普及に向けた取り組み

  27. 2021新卒チーム開発研修 講義資料をNotionで作成・共有 共有の重要性やTipsを紹介 普及に向けた取り組み

  28. プロダクトの品質評価 / 技術・ツールの採用方針 / エンジニア評価制度のドキュメント 目標設定のフレームワーク / 全社施策の議事録 Wikiを全社方針の発信の場に 技術に関する全社方針・評価を発信

    全社の施策に誰もが素早くアクセスできる 連携の先の展望
  29. CAらしい技術施策

  30. CAらしい技術施策 • 課題発見と解決策は現場の声からボトムアップ 多くの社員が組織課題について考えている • トップダウンで導入しない 自然と受け入れられる良い施策を行う • エンジニアが推進する   自分たちが使うものだから良いものが選ばれる

  31. None