Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

回帰と革新のアートディレクション | CA BASE NEXT

回帰と革新のアートディレクション | CA BASE NEXT

□ 登壇者
島原 遥

□ 発表について
今年6周年を迎えた「夢王国と眠れる100人の王子様」。
お客様から愛され続けるために、原点回帰しながら革新を繰り返すクリエイティブの創り方についてお話しします。

詳細はこちら

□ CA BASE NEXT (CyberAgent Developer Conference by Next Generations) とは
20代のエンジニア・クリエイターが中心となって創り上げるサイバーエージェントの技術カンファレンスです。
当日はセッション・LT・パネルディスカッション・インタビューセッションを含む約50のコンテンツをYouTube Liveを通じて配信します。
イベントページ

□ 採用情報
サイバーエージェントに少しでも興味を持っていただきましたら、お気軽にマイページ登録やエントリーをおねがいします!

◆新卒エンジニア採用
エントリー・マイページ登録はこちら
採用関連情報のまとめはこちら

◆新卒クリエイター採用
エントリー・マイページ登録はこちら

◆中途採用
採用情報はこちら

2016ba6b977a2e6691811fa66d5f4336?s=128

CyberAgent
PRO

May 28, 2021
Tweet

Transcript

  1. None
  2. 島原 遥 Shimahara Haruka 2017年度 株式会社サイバーエージェント新卒入社 ・株式会社ジークレスト所属 ・夢100事業部 ・アートディレクター

  3. 「夢王国と眠れる100人の王子様」 ・2015年リリース 運用6年目 ・パズルで冒険 × 王子様との恋愛

  4. 「夢王国と眠れる100人の王子様」 ・2015年リリース 運用6年目 ・パズルで冒険 × 王子様との恋愛

  5. 「夢王国と眠れる100人の王子様」 ・2015年リリース 運用6年目 ・パズルで冒険 × 王子様との恋愛

  6. 制作イラスト

  7. 太陽覚醒 月覚醒

  8. (※ネタバレ防止のためボカシをかけています) 太陽覚醒  月覚醒 覚醒前 太陽スチル  月スチル

  9. None
  10. 1.長期運用における課題 2.運用には「革新」が必要 3.運用には「回帰」が必要 4.まとめ 回帰と革新の アートディレクション

  11. 長期運用における課題 課題:お客様が離れてしまうこと ↓

  12. 長期運用における課題 課題:お客様が離れてしまうこと ↓ 理由:飽きがくるため ↓

  13. 長期運用における課題 課題:お客様が離れてしまうこと ↓ 理由:飽きがくるため ↓ 解決:「現状維持」せず、「新しい体験」を提供し続ける

  14. 運用には「革新」が必要

  15. 「革新」するために ①「新しい」をチェックの基準の一つとする ・こんな衣装見たことない ・こんな表情見たことない ・こんなポーズ見たことない ・こんなシチュエーション見たことない etc...

  16. 「革新」するために ①「新しい」をチェックの基準の一つとする

  17. 「革新」するために ①「新しい」をチェックの基準の一つとする

  18. 「革新」するために ①「新しい」をチェックの基準の一つとする

  19. 「革新」するために ①「新しい」をチェックの基準の一つとする

  20. 「革新」するために ①「新しい」をチェックの基準の一つとする ②チャレンジのために制作を効率化する

  21. 「革新」するために ①「新しい」をチェックの基準の一つとする ②チャレンジのために制作を効率化する →クオリティを左右するところはしっかり見る  他はチームメンバーにおまかせする

  22. 「革新」するために イベントテーマ決め 例:ラフ制作

  23. 「革新」するために イベントテーマ決め ラフ 例:ラフ制作

  24. 「革新」するために 例:ラフ制作 イベントテーマ決め ラフ 詳細ラフ

  25. 「革新」するために 素体取り 例:清書

  26. 「革新」するために 素体取り 清書・線画・着彩 例:清書

  27. 「革新」するために 素体取り 清書・線画・着彩 フィニッシュ 例:清書

  28. 運用には「回帰」が必要

  29. 「回帰」に至った理由 ・背景、衣装を今までよりも更に描き込み、  新しい表現技法に挑戦した立ち絵を制作したが、  お客様にあまり支持されなかった。

  30. 「回帰」に至った理由 ・背景、衣装を今までよりも更に描き込み、  新しい表現技法に挑戦した立ち絵を制作したが、  お客様にあまり支持されなかった。 ↓ なぜ?

  31. 「回帰」に至った理由 ・背景、衣装を今までよりも更に描き込み、  新しい表現技法に挑戦した立ち絵を制作したが、  お客様にあまり支持されなかった。 ↓ なぜ? ↓ ・お客様がそもそもこのサービスに何を求めているのか? →「王子との恋愛」

  32. 「回帰」に至った理由 ・王子との恋愛とは・・・

  33. 「回帰」に至った理由 ・王子との恋愛とは・・・ ↓ 画面越しに向かい合っている お客様と王子のコミュニケーション

  34. まとめ ・「現状維持」はしない 新しい体験を届けること =「革新」 お客様が真に求めている作品のコンセプトに常に立ち戻ること =「回帰」

  35. None