Oversea Conference Many Things

Oversea Conference Many Things

「OiStudy #3 - 海外カンファレンスってどんな感じ?
海外カンファレンスに行けることになったけど初めてだからベテランの話を聞いてみたい、という集い」資料

7bcf6f29a0b9a348fe422a31a4f44752?s=128

cyberblack28

August 21, 2019
Tweet

Transcript

  1. Oversea Conference Many things !! OiStudy #3 - “What is

    an overseas conference like?” 2019.8.21 Oisix ra daichi Inc. © 2019 cyberblack28
  2. Profile Name:Yutaka Ichikawa Twitter:cyberblack28 Hatena Blog:https://cyberblack28.hatenablog.com/ https://speakerdeck.com/cyberblack28 Job Educational Solution

    Architect Developer Advocate / Technical Evangelist Infrastructure Engineer Frontend Engineer Community & Certification Publications #deepcn #rancherjp CKA KCM100 I wrote the Chapter 6 Rancher 2.0 part. Release on March 15, 2018 ISBN-10: 4798155373 ISBN-13: 978-4798155371
  3. Advertisement What’s Rancher ? 第I部 Rancher機能/操作編 第1章 Rancherインストール 第2章 Rancherユーザインターフェース

    第3章 Rancherカタログ 第4章 Kubernetesクラスタ構築 第5章 Rancher 2.2 & Rancher 2.3 第II部 RancherとCI /CD 第6章 RancherとCI/CD 第7章 サーバアプリケーションのGitLabを用いたCI 第8章 クライアントアプリケーションのCI 第9章 Rancherカスタムカタログの作成 第10章 サーバアプリケーションのCI改善とカタログアプリケーション作成 第11章 Rancher Pipelineを使ったサーバアプリケーションのCD 第III部 Rancher DeepDive 第12章 Rancherを構成するソフトウェア 第13章 Embedded Kubernetes 第14章 Rancherのリソースモデルについて 第15章 Rancher API 第16章 Rancher Controller 第17章 Rancher 2.2 の変更点について I wrote the Chapter 1 “Rancher Function/Operation”. Release on July 24, 2019
  4. AP Communications Co., Ltd Let’s Start CloudNative !! 4

  5. 1. My Oversea Conference History 2. Essential Points 3. How

    to enjoy 4. Summary Agenda
  6. My Oversea Conference History

  7. My Oversea Conference History DockerCon17 April 17 - 20, 2017

    Austin,TX 5,500 Atendees
  8. My Oversea Conference History KubeCon CloudNativeCon NA December 6 -

    8, 2017 Austin,TX 4,000 Atendees
  9. My Oversea Conference History KubeCon CloudNativeCon China November 14 -

    15, 2018 Shanghai, China 2,500 Atendees
  10. My Oversea Conference History KubeCon CloudNativeCon NA December 10 -

    13, 2018 Seattle, WA 8,500 Atendees
  11. My Oversea Conference History KubeCon CloudNativeCon EU May 20 -

    23, 2019 Barcelona, Spain 7,700 Atendees
  12. Essential Points

  13. Essential Points a. Register Coporate : 法人向け Individual : 個人向け

    Academic : 学生・職員向け 早ければ早いほどお安い!! 売り切れる場合もあるので早 めに購入!!
  14. Essential Points b. Day Zero Co-Located Events 企業やコミュニティがカンファレンスの前日にDay0として、有料のイベント(無料も有)を実施。 主にサミット、ミートアップ、ワークショップなど。 本カンファレンスよりも興味深いイベント

    があったりします!! 無料のイベントは早めに登録!! 本カンファレンスと同時に登録可能なイベ ントもあれば、個別サイトなどで行ってい る場合もあるので注意!! Day0のイベントに参加する場合は、その前 日に到着予定のプランを立てましょう!!
  15. Essential Points Kubernetes Contributor Summit Day0に開催されるContributor向けのサミット。Contributor向けのセッションやディスカッション ルームなどがあります。Contribute経験がない人は、New Contributorとして参加もできます。 Contributor Summit

    参加限定グッズ がもらえます!! Contributor Summitは専用受付場所 を必ず確認しておきましょう!! 登録開始連絡が来るようにメール登録 しておきましょう!! https://events.linuxfoundation.org/events/contri butor-summit-north-america-2019/
  16. Essential Points c. Hotel 宿泊先は、会社によっては専門部署に航空券と共にお任せする場合や個人ですべて手配する場合が あります。個人手配をベースに進めます。 Official Hotel Standard Hotel

    民泊 会場に近いホテルをカンファレンス割引価格で少しお安く利用できる。 (そんなに安いわけでもない。。) 基本的に名のあるホテルばかりなので安全性は高い。 インターネット(Hotels.com/Expediaなど)で会場近辺のホテルを探す。 日が迫ると高騰する可能性もあるので早めに予約しましょう。 AirBnbなどで探して予約。高騰していない限りでは通常ホテルよりも安い。 (部屋によりますが)複数人で利用するとお得。宿泊先のホストとメール やチャットでやり取りする必要があるのと悪までもホテルとは違うので、 よく確認して利用しましょう。
  17. Essential Points 民泊 Official Hotel DockerCon17 KubeCon CloudNativeCon NA 2017

    KubeCon CloudNativeCon China 2018 KubeCon CloudNativeCon NA 2018 KubeCon CloudNativeCon EU 2019
  18. Essential Points d. Air Ticket 航空券は、日が迫るほど高くなるので確実に行くことが決まっている場合は、早めに抑えておきま しょう。 直行便 乗り継ぎ便 直行便を利用できる場合は、利用した方が楽です。

    乗り継ぎ便を利用する場合は、トランジット時間に余裕を見ておきましょ う。空港の広さ、保安検査場の込み具合、便の遅れなどで乗り遅れる可能 性が高まるので気を付けましょう。 コードシェア便を利用する場合は、預けた荷物は最終地で受け取れますが、 そうでない場合は、トランジット空港での処理となるのでその時間も考慮 する必要があります。
  19. Essential Points e. Others その他事前に心構えをしておくと良いと思うポイントを挙げます。 • 渡米の場合は、ESTA申請を事前に必ず済ませましょう。 • 空港からの宿泊先の行き方を事前に調べておきましょう。電車、バス、タクシーなどの利用方法 など。

    • Wifiについては、無料のWifi利用、成田や羽田空港でレンタル、現地でSIM購入できるのでそのあ たりも調べておきましょう。 • 現地でクレジットカードも使えますが、現金もあると重宝するので1万~2万円くらいは成田や羽 田空港で両替しておくと便利です。 • 国によってはコンセント形状が違うので変換アダプタを準備しておきましょう。アメリカは日本 と同じです。 • 時差ボケは現地時間の生活に合わせる?
  20. How to enjoy

  21. How to enjoy a. Information Collection 情報収集においてはある程度事前に的を絞っておくと良いと思います。 • 参加するセッションのテーマを決める(新しい技術、事例、カテゴリ(DevOps、Observability、 Network、Storageなど)など)

    • 帰国後に社内外でのRecapを念頭に置いてどう絞るかを検討する • 自分の仕事と関わる内容のセッションを検討する
  22. How to enjoy b. Communication 国内外のたくさんの人が集まるカンファレンスではたくさんの出会う機会があります。 • ワークショップやディスカッションなどに参加してみる • 登壇者に個別に質問してみる

    • 各企業のブースに訪問して話してみる • 日本人交流会などにも参加してみる カンファレンスに来ている日本人との交流も実は大事!!
  23. How to enjoy Company Booth

  24. How to enjoy 日本から参加している人達との交流の場 https://kubecon-jp.connpass.com/

  25. How to enjoy c. Swags 各企業のブースでオリジナルグッズを貰えたり、カンファレンスオフィシャルグッズも買うことが できます。 ※貰い過ぎて帰りの荷物に影響が出ないように気を付けましょう!! ※帰国後、営業メールが沢山来ます。

  26. How to enjoy d. Eating カンファレンスではモーニング(軽食)、ランチ(お弁当)が提供されます。 ※提供されないカンファレンスもあります。 • 個人の好みによりますが、美味しい場合とそ うでない場合があります。

    • 近くの美味しいお店で食べるのもありです。 • 国によって特徴があります。
  27. How to enjoy e. Sightseeing 会社のご都合もあると思いますが、可能であれば観光の時間も予定しておくと良いと思います。 • カンファレンスで親しくなった人と一緒に行ってみる • 海外のテック企業に行ってみる

    • 現地の食を楽しむ • まさに観光してみる • カンファレンスのAttendee Partyなどを利用する
  28. How to enjoy

  29. Summary

  30. Summary 備えあれば憂いなし

  31. Thank you for your attention !! Let’s Go to san

    DieGo !!