Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

バーチャルSNSはSNSではない!? バーチャルSNSに今私たちが夢中になっている理由を紐解き、さらにSNSの未来を考えてみたい

54ab95314b646ce2cf4c84ab4b553a87?s=47 でんこ
July 17, 2021

 バーチャルSNSはSNSではない!? バーチャルSNSに今私たちが夢中になっている理由を紐解き、さらにSNSの未来を考えてみたい

54ab95314b646ce2cf4c84ab4b553a87?s=128

でんこ

July 17, 2021
Tweet

Transcript

  1. 私たちが夢中になっている バーチャルSNS/VRSNS……

  2. なぜ我々はバーチャルSNS/VRSNSに 夢中になってしまうのか。 その謎を解明するため、我々調査隊は バーチャルSNS/VRSNSの奥地へと向かった……。

  3. バーチャルSNSはSNSではない!? バーチャルSNSに今私たちが夢中になっている理由を紐解き さらにSNSの未来を考えてみた バーチャルゲームライター / 第0期VR文化アンバサダー でんこ

  4. 結論(暴論) バーチャルSNS/VRSNSは SNSではありません Ω ΩΩ< ナ、ナンダッテー!!

  5. バーチャルSNS/VRSNSは 誰かと体験を共有する “場“です。 Ω ΩΩ< ナ、ナンダッテー!!

  6. そもそもSNSってなぁに? ▪ Web上で社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築可能にするサー ビスである。(Wikipediaより引用) ▪ ソーシャル・ネットワークを構築するのが目的。 ネットワークとは誰かと 「繋がる」もの。 ▪ バーチャルSNS/VRSNSは誰かと繋がることを目的としているのでしょうか?

    もちろん誰かと繋がることはできます。ただ真価は誰かと体験を共有して 繋 がった関係を深くすることだと考えます。
  7. これまでのSNS、そして新しいSNS Twitter Instagram Facebook clubhouse バーチャルSNS/VRSNS 主要なメディア テキスト 写真 テキスト

    音声 音声(一部テキスト) 双方向性 低 ~ 中 低 ~ 中 中 高 高 リアルタイム性 低 低 低 高 高 拡散性 高 低 中 最低 最低 特徴 原則140文字 写真が中心 実名前提 音声のみ 招待制 アバターを使って 仮想空間で交流する 従来のSNSとの違いは「双方向性」と「リアルタイム性」の2つ、 バーチャルSNS/リアルSNSには「仮想空間とアバター」を加えた3つ。
  8. 双方向性とリアルタイム性から 生まれる“情報量”の差 ▪ 鍵になるのは“情報量”。 – Twitter:テキスト中心/時間差あり – clubhouse:音声のみ/リアルタイム – バーチャルSNS/VRSNS:音声(テキスト)/リアルタイム+アバター。

    ▪ どれが一番情報量が多いでしょうか?
  9. Twitter clubhouse バーチャルSNS VRSNS

  10. アバターの“場”にいる感覚も加わる ▪ アバターはそこに存在している感覚が強いです。 – TwitterやFacebookのアイコンはそこに存在している感覚はありますか? – 今お使いのアバターはいかがでしょうか? そんな自分の分身が、他の誰かの分身であるアバターと雑談を楽 しんだり、1つの場所で交流する。 それは「ネットワーク」なのでしょうか?

    私は「場」だと思います。
  11. “場”を共有するから辞められない ▪ 仮想的な現実の中で、自分自身であるアバターを介し、また他の参加者自身で あるアバターと交流する。 ▪ 映像やゲームといった一方的なバーチャル/VRコンテンツではなく、誰かと同 じ「場」を共有して交流する。だから面白くて私たちはバーチャルSNS/VRSNS の沼に嵌っていくのだと思うのです。

  12. バーチャルSNS/VRSNSは 体験を共有する “場“なのです。 Ω ΩΩ< ナ、ナンダッテー!!

  13. 全人類はバーチャル SNS/VRSNSをやるべき?

  14. None
  15. None
  16. 疲れるから。 Ω ΩΩ< ナ、ナンダッテー!!

  17. 繋がりが薄いSNSのTwitterやFacebookで疲れるのに、 さらに密度の高いバーチャルSNS/VRSNSなんて更に大変です。

  18. 未来のSNSを考えてみる ▪ 人は誰かと繋がりたいのでSNSがなくなることはないでしょう。ただ情報量に よってSNSを選ぶ時代になります。 ▪ 今のスタンダードなSNSである、TwitterやFacebookを基準に考えると、密に人 とコミュニケーションを取りたい、もっと深く誰かと仲を深めたいときはバー チャルSNS/VRSNSを使うでしょう。 ▪ 逆に今のSNSにすら疲れてしまった人、だけど人とは何かの形で繋がりたい。

    それは匿名掲示板のように個人を特定できないSNSや、やりとりできる情報量 が限りなく少ないSNSになるのかもしれません。
  19. まとめ ▪ バーチャルSNS/VRSNSは情報量が圧倒的に多いです。ただ拡散性は低く少人数 で密なコミュニケーションをとるツールになります。そのため私は「ネット ワーク」ではなく「場」だと考えています。 ▪ そこに加えてアバターを使うこともバーチャルSNS/VRSNSのキーポイントです。 アバターからの情報量が加わり、そしてアバターが「場」にいる感覚も相まっ て、非常に密なコミュニケーションになります。 ▪

    上手く使えば非常に有効なコンテンツです。ただ全員が使う未来は来ないで しょう。情報量によって様々なSNSの中から取捨選択する時代になります。そ して鍵を握るのは意外と「情報量が少ないSNS」なのかもしれません。
  20. ありがとうございました! バーチャルゲームライター / 第0期VR文化アンバサダー でんこ ▪ Twitter:@denpa_is_crazy ▪ note:https://note.com/denpa_is_crazy/ ▪

    vprof:https://vprof.me/@/denco