Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWS Startup Tech Meetup Online #1 / Konmari DayとMokumoku Time

AWS Startup Tech Meetup Online #1 / Konmari DayとMokumoku Time

D98ee74ffe0fafbdc83b23907dda3665?s=128

doublemarket

January 21, 2021
Tweet

Transcript

  1. Konmari DayとMokumoku Time オーティファイ株式会社 松浦隼人

  2. 自己紹介 松浦 隼人 • オーティファイ株式会社 CTO (2020年1月〜) • Twitter :

    dblmkt • 経歴 ◦ インフラ何でも屋 ◦ 某ブログサービスのインフラ担当 ◦ テクニカルサポート ◦ インフラ + Rails ◦ CTO (イマココ) • 趣味 ◦ 翻訳
  3. https://autify.com/ja

  4. E2Eテストはハードルが高い? - Autifyを使えば E2Eテストはハードルが高い? - Autifyを使えば • 手でやるのは工数がかかる ◦ 自動化しましょう!

    • シナリオ作る・書くの大変 ◦ テストシナリオ作成が簡単 • 実行するの大変 ◦ 複数のブラウザでテスト実行 • 作った後も大変 ◦ AIの力でシナリオ修正を支援
  5. デモ (スライド公開版では省略) 代わりにデモリクエスト! https://autify.com/ja

  6. https://autifyjapan.connpass.com/event/201330/

  7. None
  8. None
  9. https://speakerdeck.com/autifyhq/autify-company-deck

  10. 実装を考える時に、Autify valuesを意識する • Autify values #1 : Solve Burning Needs

    ◦ 燃えている課題を特定する ▪ 最速かつ最も効率の良い方法で実現 • 解決しようとしている課題はそれで正しいか ◦ 顧客の問題をダイレクトに解決するか • 今解決すべきか? • その実装方法は課題の解決への最短経路か? ◦ 技術的に尖っているかではなく、素早く解決できるかどうか ▪ 例、Kubernetesは使わない ▪ 例、Infrastructure as Codeをやりすぎない ◦ ただし先を考えないこととは違う
  11. 直接的な製品への貢献以外も重視するカルチャー作り • タスクに追われるだけだと新しいアイディアが生まれない ◦ Burning needsの解決 + 遊び • 「やってもいい」だけだと実施されない

    • 時間枠を設けてその中でやってもらう方針
  12. Konmari Day • スプリントタスクとは別に、好きなバックログタスクに取り組んでいい日 ◦ 自由にタスクを自分にアサインして良い ◦ 毎月最終木曜日 • 取り組みの例

    ◦ 優先度は比較的低い(既に他の方法でできるとか )が、あると嬉しい機能 ▪ ちょっとしたログを簡単に表示するボタンなど ▪ 管理画面の改善など ◦ 細かい技術的負債の返済 ▪ 使っていない環境変数の削除など ◦ CI/CDの改善 • よかったこと ◦ 全方位(エンジニアリングチーム、社内別チーム、顧客 )に満足度の高い機能を出せた
  13. Mokumoku Time • 仕事に直接関係なくても、何か集中して取り組める 1時間 ◦ 毎週水曜夕方 ◦ Slackで何をやるか発言、終わったら成果を発言 •

    取り組みの例 ◦ 学習 ▪ 技術書を読む ▪ カンファレンスの動画を見る ◦ 競合製品の研究 ▪ OSS触ってみる ◦ ツールの開発 ▪ GitHub App • よかったこと ◦ つい先送りしてしまいがちな学習などを強制できる ◦ やりすぎを防ぐ(タイムボックス)
  14. しばらく運用してみて • Konmari Day ◦ 翌日のプルリクエストレビューが大変 → デプロイが大変 ◦ 1日だと大きなタスクには取り組めない

    ◦ 決まった日にやることの利点・欠点がある ▪ 利点 : スプリントタスクを意識しなくていい ▪ 欠点 : 好きなタイミングで取り組めない ◦ 本来はスプリントの中で正しく優先順位付けしてやるべき
  15. しばらく運用してみて • Mokumoku Time ◦ 参加者減 ▪ 継続してネタがない ▪ 盛り上がらない

  16. 組織の拡大に合わせた施策の必要性 • 各エンジニアが自由に裁量を持って仕事ができる環境づくり • 今まで ◦ 1人1人が最高のパフォーマンス → プロダクトも最高に •

    これから ◦ チームとして最高のパフォーマンス → プロダクトも最高に
  17. https://autify.com/ja/careers/