Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

チームとチームのチーム

 チームとチームのチーム

# 何のスライド?

Scrum Fest Osaka 2022 ( https://www.scrumosaka.org/ )の「Chatworkのスクラム実践者によるLT大会!!」( https://confengine.com/conferences/scrum-fest-osaka-2022/proposal/16871/chatworklt )内にて発表したLTのスライドです。

# 解説

チームがチームとして成長していくと次第に自分たちのゴールにフォーカスして、他のチームとの連携がうまく取れていないのを観測していました。例えば、別のチームにお願いをすると「次のスプリントで…」となってしまったりします。これが起きると、依頼してから完了するまでのリードタイムが伸びてしまいます。これをチームの視点で解決するのは難しいから「チームとチームはチームだと考えてみよう」と伝えることでチームの外に目を向けてもらうのが狙いです。こういう考え方のパターンがScrum of ScrumsあったりはScrum@Scaleがあるわけです。(たぶん)

モナドの話を入れたのは、Scrum of Scrumsがチームのリーダの集まりではない。もっと身近にいうと、部署と部署のマネージャの集まりではないと強調したかったからです。

この話から感じることは組織が生み出す価値が一番重要で、そのためにチームが価値を生み出すことより他のチームを考慮して、組織が価値を生み出すように振る舞うのを最優先すべきです。つまり、個人を評価するより、チームを評価すべきですし、チームを評価するより組織を評価すべきなのです。(現実そうもいかないけども)

開発という創造性の高い業務で言われたことをやるだけでは、組織として成功しない。つまりは、自分自身にも還元されにくいというのは意識してもいいのではないかと思いました。

https://www.scrumosaka.org/
https://www.scrumosaka.org/scrum-fest-osaka-2022

1a679952cdf455ecd6a15cbde7ae80d5?s=128

Tomohiko Himura

June 17, 2022
Tweet

More Decks by Tomohiko Himura

Other Decks in Technology

Transcript

  1. © Chatwork チームとチームの チーム 火村 智彦 2022年06月17日-06月18日 Scrum Fest Osaka

    2022
  2. あくまで個人的見解であり、 所属団体や所属チームを代表するも のではありません 2

  3. 個人の意見です 3

  4. 自己紹介 4 火村 智彦 Chatwork 株式会社 プロダクト基盤開発部 アーキテクトチーム (フロントエンド開発部より無期限レンタル) (サーバーサイド開発部より無期限レンタル)

  5. 5 ピルクル400は安いので入門しやすい

  6. アーキテクトチームをやっている 6

  7. 7 “Architecture is about the important stuff. Whatever that is”

    by Ralph Johnson 
 https://martinfowler.com/architecture/ 今いちばん重要そうなことをやるチーム(雑)
  8. 8 組織が生み出す価値をもっと大きくしたい

  9. どうやって大きくすればいい? 9

  10. 10 みんなの力を最大まで引き出す

  11. 11 みんなすごいし 活かさないともったいない

  12. 12 みんなを組み合わせてもっと大きな力にしたい

  13. 13 せっかく集まるのだから 相乗効果を起こしたい

  14. 14 あとは組織のゴールに向かうだけ

  15. どんなときに人の力は発揮される ? 15

  16. 16 やりたいことができるとき 楽しいとき 個人のゴールに結びつくとき

  17. 17 組織のゴールに貢献するようにすり合わせは必要

  18. どうやって力を組み合わせる? 18

  19. 19 とりあえずチームを作ろう

  20. 20 チームがたくさんある

  21. 21 チームのチームが必要だ

  22. チームのチームでもたくさんある 22 例えば部署とか

  23. チームのチームのチームが必要だ 23 例えば部門とか

  24. チームのチームのチームの… 24

  25. 25 なんだかモナドっぽいな…

  26. チームのチームのチームの…が 最大まで力を発揮するにはどうしたらいいだろう? 26

  27. 27 • 組織のゴールに向かっている • チームのメンバーであるチームのチームの チームの力が最大まで発揮している チームのチームのチーム…

  28. チームのチームのチームが 最大まで力を発揮するにはどうしたらいいだろう? 28

  29. 29 • 組織のゴールに向かっている • チームのメンバーであるチームのチームの力 が最大まで発揮している チームのチームのチーム

  30. チームのチームが 最大まで力を発揮するにはどうしたらいいだろう? 30

  31. 31 • 組織のゴールに向かっている • チームのメンバーであるチームの力が最大ま で発揮している チームのチーム

  32. チームが 最大まで力を発揮するにはどうしたらいいだろう? 32

  33. 33 • 組織のゴールに向かっている • チームのメンバー、すなわち、個人の力が最 大まで発揮している

  34. 34 チームのフレームワークといえば スクラム

  35. 35 例えば、チームのチームのチーム…が スクラムならば、どんな価値観をもつべきか

  36. 36 チームのチームのチーム…は、ゴールを達成し、お互いにサポートすることを確約する。 チームのチームのチーム…は、ゴールに向けて可能な限り進捗できるように、スプリント の作業に集中する。 チームのチームのチーム…とステークホルダーは、作業や課題を公開する。 チームのチームのチーム…のメンバー(チームのチーム)は、お互いに能力のある独立した 個人として尊敬し、一緒に働く人たちからも同じように尊敬される。 チームのチームのチーム…のメンバー(チームのチーム)は、正しいことをする勇気や困難 な問題に取り組む勇気を持つ。 スクラムガイド

    - スクラムの価値基準を参考
  37. 37 チームのチームのチームが お互いにサポート 能力のある個人として尊敬 ゴールに向けて可能な限りに進捗だす

  38. まとめ

  39. 39 組織が生み出す価値を大きくしたい

  40. 40 ゴール達成のために チームのチームのチーム…がチームになってほしい

  41. 41 レビューが止まって 片方のチームのアウトプットが停止したり

  42. 42 別のチームのことは無関係だと思ったり 負担になるようなお願いをしたり

  43. チーム自体に問題はないのに起きてしまう 43

  44. 44 チームとチームがチームになってない

  45. 45 私達はチームのメンバーであり、 チームのチームのメンバーであり、 チームのチームのチームのメンバーであり、 組織のチームメンバーであるはずである。

  46. 46 Listモナドで表現すると

  47. 47 (>>= id) チームのチーム – => チームのチームのメンバー一覧 (>>= id) [[1,

    2], [3, 4]] — => [1, 2, 3, 4] チームのチームのチーム = 組織 (>>= id) . (>>= id) $ チームのチームのチーム – => 組織のメンバー一覧 (>>= id) . (>>= id) $ [[[1,2], [3,4]], [[5, 6], [7, 8]]] – => [1,2,3,4,5,6,7,8]
  48. 48 チームのチームのチームビルディングができていない

  49. 49 みんなで大きな成果を出したい

  50. 50 チームとチームのチームを作りたい チームのチーム チームのチーム チームのチームのチーム チームのチームのチーム