Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

2021年のカーボンニュートラル動向とこれから

 2021年のカーボンニュートラル動向とこれから

2021年12月15日に開催したフィンテックエンジニア養成勉強会#20のトーク「2021年のカーボンニュートラル動向とこれから」(ゼロボード 渡慶次 道隆さん)の発表スライド。
https://fintech-engineer.connpass.com/event/228873/

More Decks by フィンテック養成コミュニティ

Other Decks in Technology

Transcript

  1. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    フィンテックトレンド2022
    『2021年のカーボンニュートラル動向とこれから』
    株式会社ゼロボード
    代表取締役 渡慶次道隆

    View full-size slide

  2. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    ⾃⼰紹介
    2006年 JPMorgan
    2009年 三井物産
    2018年 A.L.I.Technologies
    2021年9⽉ 企業向けのCO2排出量算出クラウドサービス「zeroboard」事業をMBOし、
    株式会社ゼロボードとしての事業を開始。
    東京⼤学⼯学部卒
    CMA(⽇本証券アナリスト協会認定アナリスト)
    CFA(⽶国証券アナリスト)
    渡慶次 道隆
    とけいじ みちたか
    株式会社ゼロボード 代表取締役

    View full-size slide

  3. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    2021年のカーボンニュートラルのトレンド
    企業の温室効果ガス排出量の開⽰義務化の流れが決定的になった

    View full-size slide

  4. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    ⇨ 企業にとって、脱炭素経営に取り組まないリスクの⽅が⼤きくなりつつある
    事業会社を取り巻く経営環境の変化
    ⾦融市場︓環境配慮型経営への圧⼒
    2020年10⽉26⽇ カーボンニュートラルを宣⾔
    加えて、2021年4⽉22⽇︓菅⾸相 2030年の温室効果ガス⽬標 2013
    年度⽐46%削減を表明
    顧客動向︓環境配慮ブランドが選ばれる時代
    Allbirds(D2Cシューズブランド)
    企業に求められるカーボンニュートラルへの取り組み

    View full-size slide

  5. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    2021年のトレンド
    1. コーポレート・ガバナンスコード改訂
    3. COP26まわり
    2. 炭素会計
    企業の温室効果ガス排出量の開⽰義務化の流れが決定的になった

    View full-size slide

  6. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    2021年のトレンド
    1. コーポレート・ガバナンスコード改訂
    3. COP26まわり
    2. 炭素会計
    企業の温室効果ガス排出量の開⽰義務化の流れが決定的になった

    View full-size slide

  7. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    コーポレート・ガバナンスコード改訂
    本年6⽉の改訂によって、初めて気候変動に関する情報の開⽰も求められることに
    コーポレート・ガバナンスコード
    上場企業が⾏う企業統治においてガイドラインとして参照すべき原則・指針
    2015年に⾦融庁と東京証券取引所により公表
    2022年4⽉〜のプライム市場に上場する企業に向けては、気候関連財務情報
    開⽰タスクフォース(TCFD)が求める⽔準で開⽰すべきであるとしている。

    View full-size slide

  8. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    TCFD提⾔に基づく開⽰とは
    出典:環境省Website

    View full-size slide

  9. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    2021年のトレンド
    1. コーポレート・ガバナンスコード改訂
    3. COP26まわり
    2. 炭素会計
    企業の温室効果ガス排出量の開⽰義務化の流れが決定的になった

    View full-size slide

  10. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    Scope 1
    Scope 2
    事業者⾃らによる温室
    効果ガスの直接排出
    他社から供給されたエネル
    ギー使⽤による間接排出
    ⾃社
    上流 下流
    (5)廃棄物
    (8)リース
    (2)資本財
    (6)出張
    (3)エネルギー
    関連
    (12)廃棄
    (15)投資
    (9)輸送
    (13)リース
    (10)加⼯
    (14)フランチャイズ
    (11)使⽤
    (4)輸送・配送
    (7)通勤
    (1)原材料
    Scope 3 Scope 3
    燃料の燃焼
    ・⼯業プロセス
    電気、熱・
    蒸気の使⽤
    GHGプロトコル(Greenhouse Gas Protocol)による開⽰

    View full-size slide

  11. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    Scope3導⼊の意味
    Scope1&2のGHG Scope3まで含めた場合
    仕⼊先の
    排出GHG
    (Scope1・2)
    御社の
    排出GHG
    (Scope1・2)
    全事業者が⾃社分GHGプロトコルのScope1・2の
    みを算出対象とするとき、重複は発⽣しない
    仕⼊先
    御社の
    排出GHG
    (Scope1・2)
    御社のGHG(Scope3)
    御社の購⼊した原料⽣産
    のために仕⼊先が排出した
    GHG
    事業者がGHGプロトコルのScope3を含めて算出し
    た場合、重複して計上される部分が発⽣しうる
    ⇨企業間で協調して削減する必要有り。

    View full-size slide

  12. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    炭素会計︓ Carbon Accounting / Sustainability Accounting
    出典:https://davistoo.co.ke
    炭素会計SaaSによる巨額調達

    View full-size slide

  13. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    CO2可視化クラウドサービス「zeroboard」

    View full-size slide

  14. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    ソリューション︓CO2可視化クラウドサービス「zeroboard」
    CO2排出量
    把握後 ⾃社努⼒
    削減
    100
    40
    2)削減管理
    1)算出
    把握前
    ︖︖
    オフセット
    削減
    20
    40
    報告
    排出量
    クレジット
    活⽤
    3) アウトプット
    ü 煩雑なデータ処理を必要とするサプラ
    イチェーン排出量や商品ごとのCO2排
    出量の算出
    1)サプライチェーン排出量の算出
    ü 視認性の⾼いダッシュボードによる
    CO2排出量の削減管理やコスト対効
    果のシミュレーション機能
    2)削減管理
    ü TCFD等の国際的な開⽰形式に加
    え、国内の既存環境法令の報告形
    式にも対応したアウトプット
    3)各種報告形式でのアウトプット
    サービス提供フロー 特徴

    View full-size slide

  15. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    2021年のトレンド
    1. コーポレート・ガバナンスコード改訂
    3. COP26まわり
    2. 炭素会計
    企業の温室効果ガス排出量の開⽰義務化の流れが決定的になった

    View full-size slide

  16. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    COP26まわり
    先進国から途上国への資⾦⽀援の流れ加速が約束された。
    1.5℃⽬標に向かって世界が努⼒することが、COPの場で正式に合意されました
    産業⾰命前からの気温上昇幅を、2℃を⼗分下回る⽔準で維持することを⽬標とし、
    さらに1.5℃に抑える努⼒をすべきとしています。
    企業開⽰のルールがさらに整備されていく流れ
    • 2021年11⽉3⽇、COP26において、IFRS財団はISSB(International
    Sustainability Standard Board、国際サステナビリティ基準審議会)の設⽴
    を発表。
    • Product Carbon Footprintの開⽰ルール

    View full-size slide

  17. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    2022年
    気候変動関連開⽰の流れはさらに加速

    View full-size slide

  18. © Zeroboard Inc. All Rights Reserved
    (株)ゼロボード主催ウェビナー(企業向け)
    ゼロボードと考える脱炭素経営
    2022年 1⽉13⽇、1⽉25⽇
    ゼロボード公式
    Twitter
    渡慶次Twitter
    • 国内外の「脱炭素」最新動向
    • 産業界の動き
    • 「zeroboard」 プロダクト版ご紹介
    イベントページ
    講師︓
    株式会社ゼロボード
    代表取締役 渡慶次道隆

    View full-size slide