開発プロセスとRancher

 開発プロセスとRancher

Rancher Deep Dive #1の発表資料です。

4631864606a93224804a49331d1a7dfd?s=128

Ryoma Fujiwara

May 15, 2019
Tweet

Transcript

  1. © 2019, Ryoma Fujiwara, All Rights Reserved 開発プロセスとプロセスととRancher 藤原 涼馬(@RYoMa_0RYoMa_0923))

  2. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 自己紹介 • 藤原

    涼馬(@RYoMa_0RYoMa_0923)) – インフラエンジニア@RYoMa_0東京駅近辺 – フリーランスとエンジニア・コンサルタント(Tea pod 418)) – 職歴 • ユーザ系系SIer R&D (2011年4月~2015年12月) • インフラエンジニア@RYoMa_0丸の内の内内(2016年1月〜) • フリーランスとエンジニア・コンサルタント(2018)年4月~) – 他 • Rancher JPコアメンバー • Japan Container Days v18).12 / Cloud Native Days Tokyo セッションスとピーカー(予定) • @RYoMa_0ITおよびThinkITで連載中連載中
  3. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 本日話すことすこと • 開発プロセスとプロセスととRancherが提供してくれる提供してくれる機能してくれる機能の対応関係機能の対応関係の内対応関係

    • Rancher以外でも併用したりで連載中も併用したりでき併用したりできる場したりで連載中きる機能の対応関係場合はそれも含めてはそれも併用したりでき含めて解説めて解説
  4. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved (復習) V字モデルモデル 一旦解説しやすいV字モデルモデルに則って解説則って解説って解説

    コーディング 受け入れテストけ入れテスト入れテストれテスとト 要件定義 基本設計 詳細設計 要求分析 コードレビュー 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト シスとテムテスとト
  5. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved Rancherとその内周辺ツールや考え方でカバーでえ方でカバーでき方でカバーできるで連載中カバーで連載中きる機能の対応関係範囲 一旦解説しやすいV字モデルモデルに則って解説則って解説って解説 コーディング

    受け入れテストけ入れテスト入れテストれテスとト 要件定義 基本設計 詳細設計 要求分析 コードレビュー 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト シスとテムテスとト
  6. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved Rancherとその内周辺ツールや考え方でカバーでえ方でカバーでき方でカバーできるで連載中カバーで連載中きる機能の対応関係範囲 コーディング 受け入れテストけ入れテスト入れテストれテスとト

    要件定義 基本設計 詳細設計 要求分析 コードレビュー 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト シスとテムテスとト 運用したりできる場
  7. © 2019, Ryoma Fujiwara, All Rights Reserved 要求分析・要件定義

  8. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved Rancher@RYoMa_0要求分析・要件定義 • 基本的に役立つ部分はに則って解説役立つ部分はないつ部分はない部分はない

    ハズ コーディング 受け入れテストけ入れテスト入れテストれテスとト 要件定義 基本設計 詳細設計 要求分析 コードレビュー 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト シスとテムテスとト
  9. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved Rancher@RYoMa_0要求分析・要件定義 • 基本的に役立つ部分はに則って解説役立つ部分はないつ部分はない部分はない

    ハズ • 大量のドキュメントの内ドキュメントを管理共有するた管理共有するための仕組する機能の対応関係ための内仕組みが重要みが提供してくれる重要 要件定義 要求分析 プロセスと 成果物 大量のドキュメントの内ドキュメント 管理
  10. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved Rancher@RYoMa_0要求分析・要件定義 • 基本的に役立つ部分はに則って解説役立つ部分はないつ部分はない部分はない

    ハズ • 大量のドキュメントの内ドキュメントを管理共有するた管理共有するための仕組する機能の対応関係ための内仕組みが重要みが提供してくれる重要 要件定義 要求分析 プロセスと 成果物 大量のドキュメントの内ドキュメント 管理
  11. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved Rancher@RYoMa_0要求分析・要件定義 • 基本的に役立つ部分はに則って解説役立つ部分はないつ部分はない部分はない

    ハズ • 大量のドキュメントの内ドキュメントを管理共有するた管理共有するための仕組する機能の対応関係ための内仕組みが重要みが提供してくれる重要 要件定義 要求分析 プロセスと 成果物 大量のドキュメントの内ドキュメント 管理 ドキュメント管理に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係注意点をお土産代わりを管理共有するたお土産代わりに解説わりに則って解説解説
  12. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved ドキュメント管理の内ツールに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係考え方でカバーでえ方でカバーでき方でカバーできる • ドキュメント作成の内目的に役立つ部分は

    – 考え方でカバーでえ方でカバーできの内整理 – (他人とのとの内)認識合はそれも含めてわせ
  13. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved ドキュメント管理の内ツールに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係考え方でカバーでえ方でカバーでき方でカバーできる • ドキュメント作成の内目的に役立つ部分は

    – 考え方でカバーでえ方でカバーできの内整理 – (他人とのとの内)認識合はそれも含めてわせ
  14. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved ドキュメント管理の内ツールに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係考え方でカバーでえ方でカバーでき方でカバーできる • ドキュメント作成の内目的に役立つ部分は

    – 考え方でカバーでえ方でカバーできの内整理 – (他人とのとの内)認識合はそれも含めてわせ ドキュメントは共有するための仕組してこそ業務的に役立つ部分は価値があるが提供してくれるある機能の対応関係 (逆に共有しないドに則って解説共有するための仕組しないドキュメントはチラ裏の落書きやメモの内落書きやメモきやメモ)
  15. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved ドキュメント管理アンチパターンと対策 1.そも併用したりできそも併用したりできドキュメントが提供してくれる共有するための仕組されて無いい 2.最新ドキュメントはドキュメントはあの内人とのの内端末

    3.そも併用したりできそも併用したりできの内ドキュメントが提供してくれる共有するための仕組しづらい
  16. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved ドキュメント管理アンチパターンと対策 1.そも併用したりできそも併用したりできドキュメントが提供してくれる共有するための仕組されて無いい •

    個人とのの内趣味や遊びではないや遊びではないのでびで連載中はないの内で連載中ちゃんとやりましょう 2.最新ドキュメントはドキュメントはあの内人とのの内端末 • 共有するための仕組忘れをしないためれを管理共有するたしないための内仕組みが重要みを管理共有するた整備しましょうしましょう 3.そも併用したりできそも併用したりできの内ドキュメントが提供してくれる共有するための仕組しづらい • 共有するための仕組しやすい仕組みが重要みに則って解説しましょう
  17. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved ドキュメント管理アンチパターンと対策 1.そも併用したりできそも併用したりできドキュメントが提供してくれる共有するための仕組されて無いい •

    個人とのの内趣味や遊びではないや遊びではないのでびで連載中はないの内で連載中ちゃんとやりましょう 2.最新ドキュメントはドキュメントはあの内人とのの内端末 • 共有するための仕組忘れをしないためれを管理共有するたしないための内仕組みが重要みを管理共有するた整備しましょうしましょう 3.そも併用したりできそも併用したりできの内ドキュメントが提供してくれる共有するための仕組しづらい • 共有するための仕組しやすい仕組みが重要みに則って解説しましょう ドキュメントを管理共有するた共有するための仕組しやすい仕組みが重要みを管理共有するた作る機能の対応関係ことが提供してくれる大事 (ドキュメントを管理共有するた共有するための仕組したが提供してくれるらない人とのはまあ、どうする機能の対応関係んで連載中しょうね...)
  18. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 共有するための仕組しやすいドキュメントとそれを管理共有するた支える仕組みえ方でカバーできる機能の対応関係仕組みが重要み • Webベースとで連載中ドキュメントを管理共有するた共有するための仕組で連載中きる機能の対応関係ように則って解説する機能の対応関係

    – 意識しなくても併用したりでき共有するための仕組で連載中きる機能の対応関係仕組みが重要みを管理共有するた整え方でカバーできる機能の対応関係 • 検索性の高い仕組みをの内高い仕組みを整えい仕組みが重要みを管理共有するた整え方でカバーできる機能の対応関係 – 何でもで連載中も併用したりできExcel方でカバーできる眼紙ダメゼッタイダメゼッタイ※ • 適材適所でツールを活用で連載中ツールを管理共有するた活用したりできる場する機能の対応関係 – ただしベースととなる機能の対応関係ツールとの内行き来をつねに意き来をつねに意識すを管理共有するたつ部分はないねに則って解説意識する機能の対応関係 ※ 嫌がらせ目的の場が提供してくれるらせ目的に役立つ部分はの内場合はそれも含めてを管理共有するた除くく
  19. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved ドキュメント管理の内例 • ドキュメントはGitHub/GitLab

    Pages※で連載中管理 – Confluenceなどを管理共有するた活用したりできる場しても併用したりでき良いい(要はお金次第) – とに則って解説かく検索性の高い仕組みをが提供してくれる高い仕組みを整えいも併用したりできの内を管理共有するた選びましょうびましょう • 表計算・プレゼン系の内みOffice onlineの内Excelで連載中閲覧をできるようにを管理共有するたで連載中きる機能の対応関係ように則って解説 – OneDriveを管理共有するた使って共有って共有するための仕組 メインの内ドキュメント (GitHub/GitLab Pages) サブドキュメント (Office onlineの内Excel/PowerPoint) ドキュメント内からリンクを貼るを管理共有するた貼るる機能の対応関係 ※ GitLab Pagesで連載中は、mermaidなどを管理共有するた用したりできる場いて簡単な作図や数式表現もや数式表現もも併用したりできmarkdownで連載中可能の対応関係
  20. © 2019, Ryoma Fujiwara, All Rights Reserved 基本設計

  21. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 基本設計に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher コーディング 受け入れテストけ入れテスト入れテストれテスとト

    要件定義 基本設計 詳細設計 要求分析 コードレビュー 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト シスとテムテスとト
  22. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 基本設計に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher • も併用したりできちろんで連載中すが提供してくれる、Rancherを管理共有するた使って共有って画面定義や入れテスト出力機能の対応関係を管理共有するた定

    義する機能の対応関係ことは出来をつねに意識すません • おも併用したりできに則って解説役立つ部分はないつ部分はないの内はシスとテム全体テストの内構成を管理共有するた論じる場合に役立じる機能の対応関係場合はそれも含めてに則って解説役立つ部分はないち ます
  23. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 基本設計に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher(シスとテム構成を管理共有するた考え方でカバーでえ方でカバーできる機能の対応関係) • まずはKubernetes観点をお土産代わり

    – シスとテムの内構成を管理共有するたk8)sの内リソースとで連載中記述すると見通しがする機能の対応関係と見通しが良いしが提供してくれる良いい※ (&後工程が楽が提供してくれる楽) Ingress Service Deployment Service StatefulSet Persistent Volume Service StatefulSet Persistent Volume 計算コンポーネント データスとトア コンポーネント キューイング コンポーネント Job enqueue バッチ コンポーネント dequeue CRU enqueue RU ※ この内時点をお土産代わりで連載中パブリックを貼るクを貼るラウド利用したりできる場の内場合はそれも含めては マネージドサービスとの内アイコンが提供してくれる出てくる機能の対応関係
  24. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved なぜKubernetesの内リソースとで連載中記述すると見通しがする機能の対応関係とよいか • 共通しが良い言語として予め整備として予め整備しましょうされている機能の対応関係

    – Kubernetesの内リソースと個々の意味合いは公の内意味や遊びではない合はそれも含めていは公式ドキュメント ほか書きやメモ籍で明確に述べらで連載中明確に述べられておに則って解説述すると見通しがべられており、齟齬が生じにくいが提供してくれる生じにくいじに則って解説くい • 公式ドキュメント(https://kubernetes.io/docs/home/) • Kubernetes完全ガイド(https://book.impress.co.jp/books/1118)101055)
  25. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved なぜKubernetesの内リソースとで連載中記述すると見通しがする機能の対応関係とよいか • 共通しが良い言語として予め整備として予め整備しましょうされている機能の対応関係

    – Kubernetesの内リソースと個々の意味合いは公の内意味や遊びではない合はそれも含めていは公式ドキュメント ほか書きやメモ籍で明確に述べらで連載中明確に述べられておに則って解説述すると見通しがべられており、齟齬が生じにくいが提供してくれる生じにくいじに則って解説くい • 公式ドキュメント(https://kubernetes.io/docs/home/) • Kubernetes完全ガイド(https://book.impress.co.jp/books/1118)101055) コミュニケーションコスとトの内低減 & 職場の内独自用したりできる場語として予め整備が提供してくれる発プロセスと生じにくいし、 職場環境のガラパゴス化の内ガラパゴスと化を軽減できるを管理共有するた軽減で連載中きる機能の対応関係
  26. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 基本設計に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher(Rancherカタログ) • Rancherカタログ化を軽減できるして管理する機能の対応関係

    – 管理単位をを管理共有するたRancherの内カタログアプリケーション単位をに則って解説分離するする機能の対応関係 – 分離するの内際の考え方は様々の内考え方でカバーでえ方でカバーでき方でカバーできるは様々の意味合いは公 適切な単位でグルーな単位をで連載中グルーピングされたコンポーネントの内セット 単一の内カタログ アプリケーション
  27. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved なぜRancherカタログ化を軽減できるする機能の対応関係か?(その内1) yamlファイルの内配置やグルーピングやグルーピングに則って解説明示的に役立つ部分はな意味や遊びではない合はそれも含めていを管理共有するた与えるためえ方でカバーできる機能の対応関係ため •

    ファイル配置やグルーピングなどを管理共有するた明示的に役立つ部分はに則って解説縛るる機能の対応関係※ことで連載中管理ルールを管理共有するた徹底するする機能の対応関係 • そうで連載中ない場合はそれも含めてはルールを管理共有するた自前で整備する必要で連載中整備しましょうする機能の対応関係必要が提供してくれるある機能の対応関係(で連載中きる機能の対応関係組みが重要織はすでにできてはすで連載中に則って解説で連載中きてる機能の対応関係、で連載中きない組みが重要織はすでにできては永遠に出来ないに則って解説出来をつねに意識すない) • 後スとライドの内理由を含まないのでを管理共有するた含めて解説まないの内で連載中あればHelmで連載中も併用したりできOK ※ 勝手なファイル配置なファイル配置やグルーピングに則って解説よる機能の対応関係デプロイ手なファイル配置順の煩雑化などをの内煩雑化を軽減できるなどを管理共有するた 排除くする機能の対応関係ことが提供してくれるで連載中きる機能の対応関係ように則って解説なります。
  28. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved なぜRancherカタログ化を軽減できるする機能の対応関係か?(その内2) アプリケーション全体テストを管理共有するたRancherで連載中管理する機能の対応関係ため •

    単一の内アプリケーションに則って解説紐づくづくk8)sリソースとを管理共有するたGUIで連載中管理で連載中きる機能の対応関係 カタログ化を軽減できるしてない場合はそれも含めて アプリケーションとk8)sリソースとの内ひも併用したりでき付きがわかりづらきが提供してくれるわかりづらい カタログ化を軽減できるしている機能の対応関係場合はそれも含めて アプリケーションとk8)sリソースとの内ひも併用したりでき付きがわかりづらきが提供してくれるわかりやすい
  29. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved なぜRancherカタログ化を軽減できるする機能の対応関係か?(その内2) アプリケーション全体テストを管理共有するたRancherで連載中管理する機能の対応関係ため •

    単一の内アプリケーションに則って解説紐づくづくk8)sリソースとを管理共有するたGUIで連載中管理で連載中きる機能の対応関係 カタログ化を軽減できるしてない場合はそれも含めて アプリケーションとk8)sリソースとの内ひも併用したりでき付きがわかりづらきが提供してくれるわかりづらい カタログ化を軽減できるしている機能の対応関係場合はそれも含めて アプリケーションとk8)sリソースとの内ひも併用したりでき付きがわかりづらきが提供してくれるわかりやすい カタログ化を軽減できる = シスとテムの内構成管理面で連載中の内効果 大 (も併用したりできちろん他に則って解説も併用したりでき様々の意味合いは公な効果が提供してくれる存在、例え方でカバーできばデプロイ単位をの内明確に述べられてお化を軽減できるなど)
  30. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 基本設計に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancherまとめ • シスとテムの内全体テスト構成を管理共有するた考え方でカバーでえ方でカバーできる機能の対応関係

    – k8)sの内リソースとベースとで連載中記述すると見通しがする機能の対応関係ことで連載中コミュニケーションコスとトを管理共有するた低減 で連載中きる機能の対応関係 – すで連載中に則って解説公式ドキュメントで連載中定義されている機能の対応関係ため • 構成管理を管理共有するた考え方でカバーでえ方でカバーできる機能の対応関係 – Rancherの内カタログは有するための仕組用したりできる場(GUI不要ならHelmで連載中も併用したりでき可)
  31. © 2019, Ryoma Fujiwara, All Rights Reserved 詳細設計

  32. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 詳細設計に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher コーディング 受け入れテストけ入れテスト入れテストれテスとト

    要件定義 基本設計 詳細設計 要求分析 コードレビュー 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト シスとテムテスとト
  33. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 詳細設計に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher • 具体テスト的に役立つ部分はなコンテナの中身、の内中身、k8)sリソースとの内詳細を管理共有するた詰めるめる機能の対応関係

    • あまりRancherの内出番はないはない Deployment Pod Container
  34. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 詳細設計に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher • 具体テスト的に役立つ部分はなコンテナの中身、の内中身、k8)sリソースとの内詳細を管理共有するた詰めるめる機能の対応関係

    • あまりRancherの内出番はないはない Deployment Pod Container Kubernetes の内リソースとマニフェスとト (yaml) Dockerfile
  35. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 詳細設計に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher • 具体テスト的に役立つ部分はなコンテナの中身、の内中身、k8)sリソースとの内詳細を管理共有するた詰めるめる機能の対応関係

    • あまりRancherの内出番はないはない Deployment Pod Container Kubernetes の内リソースとマニフェスとト (yaml) Dockerfile コンテナの中身、毎のリソース割当の内リソースと割当 ヘルスとチェックを貼るなどなど コンテナの中身、内部の内構成管理
  36. © 2019, Ryoma Fujiwara, All Rights Reserved コーディング

  37. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved コーディングに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher コーディング 受け入れテストけ入れテスト入れテストれテスとト

    要件定義 基本設計 詳細設計 要求分析 コードレビュー 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト シスとテムテスとト
  38. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved コーディングに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher • Rancherの内GUIを管理共有するたテンプレートエンジンの内ように則って解説用したりできる場いる機能の対応関係

    – 正式な使って共有い方でカバーできるで連載中はないで連載中すが提供してくれる、参考え方でカバーでまで連載中に則って解説 Rancherの内GUIで連載中設定 デプロイされたリソースとの内yamlを管理共有するた確に述べられてお認&取得 (必要に則って解説応じて一部を管理共有するた修正・不要な記述すると見通しがの内削除くなど)
  39. © 2019, Ryoma Fujiwara, All Rights Reserved 単体テストテスとト・結合はそれも含めてテスとト

  40. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 基本設計に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher コーディング 受け入れテストけ入れテスト入れテストれテスとト

    要件定義 基本設計 詳細設計 要求分析 コードレビュー 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト シスとテムテスとト
  41. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 単体テストテスとト・結合はそれも含めてテスとトに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher • Rancher

    Pipelineが提供してくれる活用したりできる場可能の対応関係 – イメージの内ビルドとレジスとトリへの内パブリッシュが提供してくれる可能の対応関係 – テスとトが提供してくれる少しむずかしいしむずかしい • 単体テストテスとト … Dockerfileの内中で連載中実施するする機能の対応関係 • 結合はそれも含めてテスとト … 前で整備する必要提となる機能の対応関係リソースとを管理共有するたデプロイして 当該コンテナを動かコンテナの中身、を管理共有するた動かすかす
  42. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 単体テストテスとト・結合はそれも含めてテスとトに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher • Rancher

    Pipelineが提供してくれる活用したりできる場可能の対応関係 – イメージの内ビルドとレジスとトリへの内パブリッシュが提供してくれる可能の対応関係 – テスとトが提供してくれる少しむずかしいしむずかしい • 単体テストテスとト … Dockerfileの内中で連載中実施するする機能の対応関係 • 結合はそれも含めてテスとト … 前で整備する必要提となる機能の対応関係リソースとを管理共有するたデプロイして当該コンテナを動かコンテナの中身、を管理共有するた 動かすかす......?? まだまだRancher Pipeline自体テストが提供してくれるまだまだ発プロセスと展途上なのでなの内で連載中 他と上なので手なファイル配置く組みが重要み合はそれも含めてわせる機能の対応関係の内が提供してくれる現も時点をお土産代わりで連載中はベター(後述すると見通しが)
  43. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved CIで連載中単体テストテスとトやりましょうねという話すこと

  44. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved CIで連載中単体テストテスとトやりましょうねという話すこと 人との間は忘却する生きは忘れをしないため却する生き物なのする機能の対応関係生じにくいき物なの内で連載中早く結果をく結果を管理共有するた フィードバックを貼る&修正で連載中きる機能の対応関係ように則って解説する機能の対応関係

  45. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 低いテスとト頻度はコストにも跳はコスとトに則って解説も併用したりでき跳ね返るね返るる機能の対応関係 • 結果混入れテストから修正まで連載中の内時間は忘却する生きは短いほどよいいほどよい

  46. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 低いテスとト頻度はコストにも跳はコスとトに則って解説も併用したりでき跳ね返るね返るる機能の対応関係 • 結果混入れテストから修正まで連載中の内時間は忘却する生きは短いほどよいいほどよい

    CIで連載中高い仕組みを整え頻度はコストにも跳で連載中テスとトを管理共有するたする機能の対応関係ことを管理共有するた通しが良いじて、 “小さく失敗して小さく失敗して小さく修正して小さく失敗して小さく修正する機能の対応関係ことが提供してくれる重要” 最終的に役立つ部分はに則って解説これが提供してくれるコスとトを管理共有するた総量のドキュメントを管理共有するた減らすことに則って解説つ部分はないなが提供してくれるる機能の対応関係
  47. © 2019, Ryoma Fujiwara, All Rights Reserved シスとテム・受け入れテスト入れテストテスとト

  48. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved シスとテム・受け入れテスト入れテストテスとトに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher コーディング 受け入れテストけ入れテスト入れテストれテスとト

    要件定義 基本設計 詳細設計 要求分析 コードレビュー 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト シスとテムテスとト
  49. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved シスとテム・受け入れテスト入れテストテスとトに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher • 基本的に役立つ部分はなシスとテムテスとトの内サイクを貼るル

    – シスとテム全体テストを管理共有するたデプロイ & テスとト – 不具合はそれも含めてを管理共有するた修正 & 単体テスト・結合はそれも含めてテスとト追加 & 再度はコストにも跳シスとテムテスとト (も併用したりできっと前で整備する必要工程が楽の内成果物の内修正が提供してくれる発プロセスと生じにくいする機能の対応関係場合はそれも含めても併用したりできある機能の対応関係け入れテストれども併用したりでき)
  50. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved シスとテムテスとトに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher • 修正結果を管理共有するた如何でもに則って解説して手なファイル配置間は忘却する生きを管理共有するたかけ入れテストずに則って解説環境のガラパゴス化に則って解説反映するかが鍵になする機能の対応関係かが提供してくれる鍵になるに則って解説なる機能の対応関係

    – つ部分はないまり、如何でもに則って解説してデプロイの内手なファイル配置間は忘却する生きを管理共有するた減らすか https://aws.amazon.com/jp/devops/continuous-integration/ より引用したりできる場 ビルド & 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト リリースとタグを管理共有するた 付きがわかりづら与えるためする機能の対応関係 masterブランチに則って解説 マージ
  51. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved シスとテムテスとトに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher(構成例) • 修正結果を管理共有するた如何でもに則って解説して手なファイル配置間は忘却する生きを管理共有するたかけ入れテストずに則って解説環境のガラパゴス化に則って解説反映するかが鍵になする機能の対応関係かが提供してくれる鍵になるに則って解説なる機能の対応関係

    – つ部分はないまり、如何でもに則って解説してデプロイの内手なファイル配置間は忘却する生きを管理共有するた減らすか https://aws.amazon.com/jp/devops/continuous-integration/ より引用したりできる場 ビルド & 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト リリースとタグを管理共有するた 付きがわかりづら与えるためする機能の対応関係 masterブランチに則って解説 マージ Rancher Pipelineで連載中CD GitLab Pipelineで連載中CI (コンテナの中身、と親和性の高い仕組みをの内高い仕組みを整えい強力 なCIなら何でもで連載中も併用したりでき良いい)
  52. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved シスとテムテスとトに則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher(構成例) • 修正結果を管理共有するた如何でもに則って解説して手なファイル配置間は忘却する生きを管理共有するたかけ入れテストずに則って解説環境のガラパゴス化に則って解説反映するかが鍵になする機能の対応関係かが提供してくれる鍵になるに則って解説なる機能の対応関係

    – つ部分はないまり、如何でもに則って解説してデプロイの内手なファイル配置間は忘却する生きを管理共有するた減らすか https://aws.amazon.com/jp/devops/continuous-integration/ より引用したりできる場 ビルド & 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト リリースとタグを管理共有するた 付きがわかりづら与えるためする機能の対応関係 masterブランチに則って解説 マージ GitLab Pipelineで連載中CI (コンテナの中身、と親和性の高い仕組みをの内高い仕組みを整えい強力 なCIなら何でもで連載中も併用したりでき良いい) Rancher Pipelineで連載中CD 如何でもに則って解説して手なファイル配置間は忘却する生きを管理共有するたかけ入れテストずに則って解説シスとテムを管理共有するた デプロイで連載中きる機能の対応関係ように則って解説する機能の対応関係かが提供してくれる重要
  53. © 2019, Ryoma Fujiwara, All Rights Reserved 運用したりできる場

  54. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved 運用したりできる場に則って解説おけ入れテストる機能の対応関係Rancher • Prometeusを管理共有するた用したりできる場いたモニタリングとアラーティング

    – も併用したりできちろん他の内ソリューションとの内組みが重要み合はそれも含めてわせも併用したりでき可能の対応関係
  55. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved まとめ • 開発プロセスとプロセスとの内中で連載中Rancherの内機能の対応関係を管理共有するた見てみる機能の対応関係と使って共有いどころが提供してくれるある機能の対応関係

    – 使って共有い込むことを前提とむことを管理共有するた前で整備する必要提とする機能の対応関係と色々の意味合いは公見え方でカバーできてくる機能の対応関係 – Rancherで連載中カバー出来をつねに意識すない部分を管理共有するたどうする機能の対応関係かの内判断が提供してくれる重要 – 判断に則って解説は”既存組みが重要織はすでにできての内技術資産”や”当該コンテナを動か技術に則って解説対する機能の対応関係習熟度はコストにも跳”が提供してくれる効 いてくる機能の対応関係点をお土産代わりに則って解説は注意
  56. © 2019 Ryoma Fujiwara, All rights reserved (まとめ)開発プロセスとプロセスととRancherの内機能の対応関係 コーディング 受け入れテストけ入れテスト入れテストれテスとト

    要件定義 基本設計 詳細設計 要求分析 コードレビュー 単体テストテスとト 結合はそれも含めてテスとト シスとテムテスとト • Rancherカタログ • Kubernetesリソースと • Dockerfile • Rancher GUI (GUIベースとの内リソースと作成) • GitLab Pipelineなど • Rancher Pipeline • Rancher Pipeline • Rancherカタログ 運用したりできる場 • Rancher Prometeus intagration