Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

非デザイナーのエンジニアが HoloLens UI/UX について、本気で考えてみた

非デザイナーのエンジニアが HoloLens UI/UX について、本気で考えてみた

2019/04/13(Sat)
Tokyo HoloLens ミートアップ
vol.14 LT登壇資料

Fccbd625997f63e7b251d9725cb905a5?s=128

堀尾風仁 Futo Horio

April 13, 2019
Tweet

Transcript

  1. © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved .

    T o k y o H o l o L e n s ミ ー ト ア ッ プ v o l . 1 4 L T 登 壇 資 料 非 デ ザ イ ナ ー の エ ン ジ ニ ア が H o l o L e n s U I / U X に つ い て 本 気 で 考 え て み た 。 F u t o H o r i o / K o b e D i g i t a l L a b o I n c .
  2. A B O U T M E ・ 堀 尾

    風 仁 ・ @ F u t o _ H o r i o ・ 神 戸 デ ジ タ ル ・ ラ ボ ・ 新 事 業 創 造 係 M R 班 班 長 ・ 日 々 、 孤 軍 奮 闘 中 。 ・ D e v e l o p e r s S u m m i t 2 0 1 9 登 壇 ・ ポ ス ト ・ ス マ ホ 時 代 に 向 け た U X 最 適 化 ( CodeZine ) https://codezine.jp/article/detail/11433
  3. 普 段 の 業 務 内 容 ( H o

    l o L e n s に 係 る 業 務 全 般 ) © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved . D i s p l a y A s s i s t a n t C r e a t i v e D e s i g n X 展 示 会 向 け ア プ リ ケ ー シ ョ ン @ C o m p u t e x 2 0 1 8 デ ザ イ ナ ー 向 け ア プ リ ケ ー シ ョ ン @ I n t e r B E E 2 0 1 8
  4. © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved .

    D i s p l a y A s s i s t a n t C r e a t i v e D e s i g n X 展 示 会 向 け ア プ リ ケ ー シ ョ ン @ C o m p u t e x 2 0 1 8 デ ザ イ ナ ー 向 け ア プ リ ケ ー シ ョ ン @ I n t e r B E E 2 0 1 8 © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved . S I e r な の で 、 3 D 空 間 デ ザ イ ン で き る 人 が い な い デ ザ イ ン は ? と 言 う と 、 、
  5. と い う 訳 で 、 非 デ ザ イ

    ナ ー の 僕 ( エ ン ジ ニ ア ) が 本 気 を 出 し て H o l o L e n s U I / U X に つ い て 考 え て み ま し た 、 、 。 © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved .
  6. C r e a t i v e D e

    s i g n X ・ タ ー ゲ ッ ト ・ 広 告 デ ザ イ ナ ー ・ ア プ リ 概 要 ・ 広 告 の シ ミ ュ レ ー ト ( 原 寸 大 ) ・ 完 成 イ メ ー ジ の 共 有 ( シ ェ ア リ ン グ ) ・ 展 示 イ ベ ン ト ・ 国 際 放 送 機 器 展 ( I n t e r B E E 2 0 1 8 ) © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved .
  7. C r e a t i v e D e

    s i g n X ( フ ィ ー ド バ ッ ク 前 ) © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved .
  8. 展 示 会 か ら 得 ら れ た フ

    ィ ー ド バ ッ ク ・ 画 面 が 見 切 れ て し ま う ・ ど こ が 変 わ っ た の か 分 か り づ ら い ・ H o l o L e n s な の に 、 2 D ! ? ・ 展 示 会 場 で は 高 評 価 、 会 社 の 会 議 室 だ と 、 体 験 満 足 度 に ム ラ が 出 る ・ 視 野 角 も 狭 い が 、 人 間 が 一 度 に 注 視 で き る 領 域 も 限 ら れ て い る e t c . . © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved .
  9. C r e a t i v e D e

    s i g n X ( フ ィ ー ド バ ッ ク 後 ) © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved .
  10. フ ィ ー ド バ ッ ク に 対 す

    る 対 策 ( ま と め ) © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved . ・ 画 面 が 見 切 れ て し ま う ・ 見 切 れ る こ と 自 体 が 問 題 で は な く 、 見 切 れ る ま で の 過 程 が 重 要 ・ ど こ が 変 わ っ た の か 分 か り づ ら い ・ ア ニ メ ー シ ョ ン や 音 な ど で 、 変 更 が あ っ た こ と を ユ ー ザ ー に 伝 え る ・ H o l o L e n s な の に 、 2 D ! ? ・ 平 面 を 表 現 す る 場 合 も 、 少 し 厚 み を 持 た せ る と 体 験 満 足 度 向 上 ( ※ M R T K 参 考 ) ・ 展 示 会 場 で は 高 評 価 、 会 社 の 会 議 室 だ と 、 体 験 満 足 度 に ム ラ が 出 る ・ 没 入 感 を 高 め る た め に は 、 デ ジ タ ル と 現 実 の 融 合 度 を 高 め る 必 要 性 ( デ ィ ス プ レ イ 輝 度 も 大 切 ) ・ 視 野 角 も 狭 い が 、 人 間 が 一 度 に 注 視 で き る 領 域 も 限 ら れ て い る ・ 人 間 が 一 度 に 注 視 で き る 範 囲 内 を 意 識 し 、 コ ン テ ン ツ を 作 る ( ※ M R T K は 、 1 つ の オ ブ ジ ェ ク ト が 必 ず 視 野 角 に 収 ま る 範 囲 で 作 ら れ て い る )
  11. © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved .

    ・ 画 面 が 見 切 れ て し ま う ・ 見 切 れ る こ と 自 体 が 問 題 で は な く 、 見 切 れ る ま で の 過 程 が 重 要 ・ ど こ が 変 わ っ た の か 分 か り づ ら い ・ ア ニ メ ー シ ョ ン や 音 な ど で 、 変 更 が あ っ た こ と を ユ ー ザ ー に 伝 え る ・ H o l o L e n s な の に 、 2 D ! ? ・ 平 面 を 表 現 す る 場 合 も 、 少 し 厚 み を 持 た せ る と 体 験 性 向 上 ( 3 D 感 ) ・ 展 示 会 場 で は 高 評 価 、 会 社 の 会 議 室 だ と 、 体 験 満 足 度 に ム ラ が 出 る ・ 没 入 感 を 高 め る た め に は 、 デ ジ タ ル と 現 実 の 融 合 度 を 高 め る 必 要 性 ( デ ィ ス プ レ イ 輝 度 も 大 事 ) ・ 視 野 角 も 狭 い が 、 人 間 が 一 度 に 注 視 で き る 領 域 も 限 ら れ て い る ・ 人 間 が 一 度 に 注 視 で き る 範 囲 に 全 力 を 注 ぐ 。 笑 没 入 感 に 関 す る 課 題 が 多 い © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved . エ ン ジ ニ ア と し て 、 ど う い う U I / U X を 実 現 す べ き か ?
  12. フ ィ ー ド バ ッ ク に 対 す

    る 対 策 ( ま と め ) © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved . ・ 画 面 が 見 切 れ て し ま う ・ 見 切 れ る こ と 自 体 が 問 題 で は な く 、 見 切 れ る ま で の 過 程 が 重 要 ・ ど こ が 変 わ っ た の か 分 か り づ ら い ・ ア ニ メ ー シ ョ ン や 音 な ど で 、 変 更 が あ っ た こ と を ユ ー ザ ー に 伝 え る ・ H o l o L e n s な の に 、 2 D ! ? ・ 平 面 を 表 現 す る 場 合 も 、 少 し 厚 み を 持 た せ る と 体 験 性 向 上 ( 3 D 感 ) ・ 展 示 会 場 で は 高 評 価 、 会 社 の 会 議 室 だ と 、 体 験 満 足 度 に ム ラ が 出 る ・ 没 入 感 を 高 め る た め に は 、 デ ジ タ ル と 現 実 の 融 合 度 を 高 め る 必 要 性 ( デ ィ ス プ レ イ 輝 度 も 大 事 ) ・ 視 野 角 も 狭 い が 、 人 間 が 一 度 に 注 視 で き る 領 域 も 限 ら れ て い る ・ 人 間 が 一 度 に 注 視 で き る 範 囲 に 全 力 を 注 ぐ 。 笑 劇 場 聴 衆 型 U I / U X © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved . ユ ー ザ ー に 見 て も ら い た い 場 所 ( 視 野 角 範 囲 内 ) に だ け 、 ス ポ ッ ト ラ イ ト ( ア ニ メ ー シ ョ ン 、 空 間 音 響 e t c ) を 当 て 、 そ れ 以 外 を 意 識 さ せ な い U I / U X の こ と 。 ユーザーが自然な動作 ( まるで現実空間のモノを見るような ) で、 視点の移動を行うことができれば、没入感が高まり、ユーザー体験 が向上すると思われる ( 現在検証中 ) ex. ・視野角範囲内からスケールアウトするポスター → 動くものを追いかける ( 人間の習性を利用 ) ・1視点につき、1つの注視ポイントを作る ( 人間の限界 ) ・自転車であれば、自転車から車輪音を鳴らす ( 自然界の原理原則 ) etc ..
  13. © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserv ed.

    M a p s S D K - U n i t y 動 か し て み ま し た ! ( A p p e n d i x ) https://twitter.com/Futo_Horio/status/1116469261902331904
  14. © 2019 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserv ed.

    T h a n k s . M a p s S D K - U n i t y デ モ 可 能 な の で 、 興 味 あ る 方 お 声 が け 下 さ い !