Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

みんなもやってみよう!オンラインアジャイルゲーム体験会!/ osc22do

みんなもやってみよう!オンラインアジャイルゲーム体験会!/ osc22do

オープンソースカンファレンス北海道2022にて行いました
https://event.ospn.jp/osc2022-online-do/session/591054

8c6c1f0c4c41d0640ade76bd71e9e475?s=128

Hiroto YAMAKAWA

June 25, 2022
Tweet

More Decks by Hiroto YAMAKAWA

Other Decks in Education

Transcript

  1. #osc22do #javado みんなもやってみよう! オンラインアジャイルゲーム体験会! 運営: Java Do スタッフ 進行: 山川広人(Java Do,

    公立千歳科学技術大学) 1 【事前のお願い】 ① ゲームが進みやすいように、 
   皆さんのZoomに表示する名前を ひらがな や カタカナ などで簡単なものにしてください  例) gishi_yama ⇒ ぎしやま   千歳 光 ⇒ チトセ など ② マイクとカメラオンの準備をお願いします(マイク付きヘッドホンなどが望ましいです)
  2. #osc22do #javado 北海道で、Javaやエコシステム・開発手法に関する勉強会やハンズオンを開催しています。 
 Javaだけに制限することなく、その都度、興味のある内容を取り上げています! Java Do 2 次回: 8/6(土) にオンラインイベントを開催予定です!

    JavaDoでしょう #20 [Javaでも/それ以外でも] データアクセスについて聞きたい・話したい! https://javado.connpass.com/event/251865/
  3. #osc22do #javado Heart Of Aglie 3 アジャイル(素晴らしい結果を獲得するシンプルな方法)は、 
 4つの重要な項目で表される、とされている Collaborate

    連携する: 
 より良いアイディアを生み出すための他者との密な連携。 
 スムーズな以降のための頻繁なコミュニケーション。 Deliver (成果を)出す: 
 現実世界の動き方を学ぶための小さな検出器として。 
 新たな結果の予測や影響を学ぶために成果物を加える。 Reflect 振り返る: 
 途中で定期的に振り返りを行う。 
 連携や成果物を出す中で何を学んだか(気づき)を考える。 Improve 改善する: 
 あなたのアイディア、技術的な実装、 
 あなたの内部的なプロセスを改善する。 A. Cockburn. The Heart of Agile. Humans and Technology Technical Report 2016.01, 
 Heart of Aglie https://heartofagile.com/lets-begin/
  4. #osc22do #javado 4つの重要な項目や、それに基づくAgileチームの振る舞いを簡単なゲームを通じて体験する Agile Game 4

  5. #osc22do #javado ミッション: 90秒の間に、チーム活動で、より多くの数をカウントアップせよ! ルール: 1. 5〜6人1チームとする(記録係1人、他:プレーヤー) 2. プレーヤーは1人ずつ、1つずつ数を数え上げる。 
 3の倍数の時は数ではなく動物の名前を答える。

    
 一度答えた人は、他の人が全員答え終わるまで何もできない。 
 数のミス、順番のミス、動物の名前被り、それ以外の会話... 記録係が中断させ、1からやり直し。 3. 1ゲーム(90秒)の間に数え上げた数の最大値を記録する。 (10でミス、 次は8だった → 10を記録) 4. ゲーム終了後、60秒間でさらに多くの数を数え上げるための工夫を一つを決める。 5. 次に、30秒間で、改善点を取り入れた次のゲームではいくつまで数を数え上げられるかを予測する。 記録係を次の方に交代し、次のゲームに移る(6ゲーム繰り返す)。 Online Conquer The Numbers :数の数え上げゲーム 5 1 2 🐈 4 5 🕐
  6. #osc22do #javado 皆さんを5人程度でブレイクアウトルームに分けます(グループ分けはZoomの神様次第) 
 チャットのURLに、やり方メモ&記録係用スプレッドシートがあるので、それを開いてください(全員) ブレイクアウトルームにわけられたら 5分で: 1. カメラ・マイクをオンにし、Zoomに表示する名前を ひらがな や

    カタカナ などで簡単なものにしてください。 
 2. 名前を述べ「最近食べた物の中でオススメのもの」を紹介してください 2. 記録係は名前のあいうえお順に交代しますので、自分が何番目の記録係か確認してください 3. 5分後にゲームスタートのメッセージを全体に送ります。 4. その後は「やり方メモ」に従って、ゲームを繰り返し行なってください。 
   全体メッセージで、おおよそのタイミングごとにお知らせを送ります(分かりづらいので気をつけて) この後の⼿順 6
  7. #osc22do #javado • 全てのチームを見通しての傾向や共通点は何か? • 他のチームと比較して、あなたのグループの特色は何か? • 最初の見積もりの方法、後半の見積もりの方法の違いは? • 繰り返しの間でどのように工夫が変化したか?それとも、変化しなかったか?

    
 それはなぜ?どういった実績・経験や打ち合わせに基づいて? • もっと回数が増えたら、もっと工夫ができた? • オフライン・オンラインを想像してみるとどう変わる? 終了後:感想戦 7 今日は時間がないのでたぶん割愛になりますが、ぜひみなさん個々に振り返ってみてください
  8. #osc22do #javado "Heart Of Aglie" の存在や効果を感じ取れましたか? 8 アジャイル(素晴らしい結果を獲得するシンプルな方法)は、 
 4つの重要な項目で表される、とされている

    Collaborate 連携する: 
 より良いアイディアを生み出すための他者との密な連携。 
 スムーズな以降のための頻繁なコミュニケーション。 Deliver (成果物を)出す: 
 現実世界の動き方を学ぶための小さな検出器として。 
 新たな結果の予測や影響を学ぶために成果物を加える。 Reflect 振り返る: 
 途中で定期的に振り返りを行う。 
 連携や成果物を出す中で何を学んだか考える。 Improve 改善する: 
 あなたのアイディア、技術的な実装、 
 あなたの内部的なプロセスを改善する。 A. Cockburn. The Heart of Agile. Humans and Technology Technical Report 2016.01, 
 Heart of Aglie https://heartofagile.com/lets-begin/