Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

基調講演-サステナブルなチームであるために-

 基調講演-サステナブルなチームであるために-

GREE Tech Conference 2022で発表された資料です。
https://techcon.gree.jp/2022/session/Keynote

gree_tech
PRO

October 25, 2022
Tweet

More Decks by gree_tech

Other Decks in Technology

Transcript

  1. グリー株式会社 CTO 藤本 真樹 基調講演 -サステナブルなチームであるために-

  2. ごあいさつ

  3. サステナブルな チーム

  4. 日常は日常として 継続しなそうなはなし

  5. なんとなくぼくらが、ある種楽観的に前提として捉えている環境、ゲーム ルール: • 生活基盤 • 経済状況 • 利用技術 • ...

    日常? 5

  6. これらは、徐々に、あるいはある日突然変化するということを実感する昨今 • COVID-19 • 世界情勢 • 経済状況 • 天災 日常?

    6

  7. あるいは • 技術の変化、進化 ◦ AIとか... または • チームメンバーの突然の退職とか • ...

    日常? 7

  8. サステナブル?

  9. • チーム = なんらかゴールに向けて進む集団 (場合によっては個人で も) ◦ 「ただの集まり」とはその意味で違う • ではそのために大事なことは?

    ◦ 継続してゴールへ向かい続ける ◦ (≒ 最後まで立ってれば大事説) サステナブル? 9

  10. • 継続するために ◦ 内的コンテキスト ▪ チームメンバー ◦ 外的コンテキスト ▪ 会社,

    国/地域, 地球, … サステナブル? 10

  11. サステナブル ≠ ステーブル

  12. • 現在チームを取り巻く「今の (もしかすると悪くない) 状態」を維持するこ とは出来ない (よくなるかもしれないけど) • 「この状態を維持して前に進む」ことに意識を割かずに「色々あるけど前 に進み続ける」ことを意識し続ける ◦

    チームとしても、個人としても サステナブル≠ステーブル 12

  13. 1. 「色々」については常に考えておく • より早く、より高い精度で反応できるように • 無駄な不安を抱かないように (c.f. 「杞憂」) 2. 当たり前をちゃんとやる

    • 実際のところ、やった方がいいことをちゃんと出来てるだけで100点 3. 少しだけその一歩ができたらもう天才 いくつかの留意点 13

  14. Beyond Expectations

  15. GREE Tech Conference 2022 はじまります

  16. Thank You and Happy Hacking!

  17. 17