Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

シビックテックとコミュニティ

 シビックテックとコミュニティ

書籍「遠くへ行きたければみんなで行け」の出版記念イベントでお話した、シビックテックとコミュニティ運営の事例紹介スライドです。

20dd6ed6aa3cf68c2eabe56360512808?s=128

Haruyuki Seki

April 29, 2022
Tweet

More Decks by Haruyuki Seki

Other Decks in Technology

Transcript

  1. None
  2. ともに考え、ともにつくる社会 2 シビックテックアプローチ 公共モデルを「依存」から「共創」へ シビックテック・エコシステム オープンにつながり、 社会をアップデートする 要望・苦情
 公共サービス
 テクノロジー


    データ活用
 場づくり
 市民 行政 社会課題 コミュニティ
 プロジェクト
 Pictures by freepik & stories - www.freepik.com
  3. 公共モデルを「行政依存」から
 
 
 
 2. シビックテック アプローチ
 オープンにつながり、社会をアップデートする
 3 市民

    行政 「共創」へ
 行政と市民 (エンジニア、デザイナー、 民間企業、NPO、学生など) Conflicts
 Work together
 社会課題
  4. CfJの行動指針 4 あらゆる境界を越えていこう オープンソースなマインドでいこう ファーストペンギンには 
 機敏に泳ぐ翼がある Beyond all borders

    Open-source minded The first penguin, agile flippers
  5. 力を入れている分野 5 デジタルによる民 主主義のアップ デート デジタル公共財の 創出 ともに考え、ともに つくる プロジェクト創出

  6. 世界と日本国内のシビックテック 6 世界と国内のシビックテックコミュニティをつなげるハブ

  7. いろいろなプロジェクトが生まれています 7

  8. オープンソースと オープンガバメント

  9. None
  10. None
  11. 行政/自治体は、共創のための システムをうまくデザインできていな い

  12. エリック レイモンド「伽藍とバザール」
 
 1999年 オープンソースのOS、Linux の開発スタイルを評価した エッセイ

  13. None
  14. 伽藍モデルの課題
 ・変化に弱い ・一つの組織にノウハウが留まる ・利用者側は手を出せない

  15. 行政の仕組みに バザールモデルを 適用できないだろうか?


  16. None
  17. コミュニティによる アプローチ

  18. 解説文を無料公開中
 https://gihyo.jp/book/2022/978 -4-297-12769-5/content/zenbu n 


  19. そもそも、なぜコミュニティなのか?
 ともに考え、ともに作る社会を作るためには、既存 組織の立場を超えたつながりが必要だから


  20. ここ数年で、コミュニティは急拡大 Slack 参加者 500 6,400 Brigade数 (地域版 Code for )

    2018年 2022年 50 93 地域 人 → →
  21. コラボレーターコミュニティとしてのCfJ
 “ここでは,熱狂的な参加者は,単に個別に独自の 機能を追加するだけではなく,共有されたプロジェ クトのためのチームとして能動的に協働作業する。 これは文字通り,世界そのものを変えるようなチャ ンスにつながることもある”(第2章 ) 


  22. コミュニティには、さまざまな人が関わる


  23. コミュニティについての6つの原則
 1. 価値のある資産を築く,シンプルなところから始めよう
 2. 明確で客観的なリーダーシップを持とう
 3. 文化と期待をハッキリとさせよう
 4. 人間関係と信頼,関係づくりに集中しよう
 5.

    常に敏感で洞察的で辛抱強くあろう
 6. 意表を突こう
 

  24. 1. 価値のある資産を築く,シンプルなところから始めよう
 ごちゃごちゃと議論をすることに時間を費やすの ではなく,Minimum Viable Product(MVP)から始 める


  25. None
  26. 東京都のサイトはどのようには じまったのか?

  27. None
  28. これまでの活動の中から信頼できる人を集めて3日で開発

  29. GitHub というサイトでオープンソース化

  30. 世界中から貢献があった 3週間の間に 224 名が改善に協力 750 件の提案 671 件が取り入れられる

  31. 全都道府県に波及

  32. 様々な情報が瞬時にまとめられる

  33. キックオフミーティング直後に活動を開始


  34. 2. 明確で客観的なリーダーシップを持とう
 
 
 [Code for Japan におけるリーダーシップ]
 能力の高さよりも、透明性と傾聴力
 多様な人の意見を尊重し、ともに考える力が必要


  35. 3. 文化と期待をハッキリとさせよう
 
 
 コミュニティに関わる人のモチベーションは様々
 みんなが安心して参加できる必要がある
 


  36. 行動原則
 東京都コロナサイトでは最初に行動原則 を定めた


  37. 4. 人間関係と信頼,関係づくりに集中しよう


  38. None
  39. 信頼構築フレームワーク 4P
 テクノロジーではなく、 人々から始める
 • ともに考える • お互いの言語を学ぶ • 個人的な信頼関係を作る

    課題を理解するためにプ ロトタイピングする
 • ともにつくる • ともに学ぶ • 課題を理解する People
 Prototyping
 共通のゴールを決め、リ ソースを割り当てる
 Project
 • ともに働く • 共通価値を作る • チェンジマネジメントも行う Promote
 アイデアやデータを広め、ネット ワークを拡大する

  40. 5. 常に敏感で洞察的で辛抱強くあろう
 
 
 「答えはオーディエンスの中にある」


  41. さっぽろ保育園マップ

  42. 市のウェブサイト

  43. None
  44. 6. 意表を突こう
 
 
 ポジティブな驚きは創造性の元


  45. BADオープンデータ供養寺


  46. コミュニティエンゲージメント

  47. コミュニティイベント
 47 • テキストコミュニケーション
 ◦ Slack:約6,459名が参加(2021年3月現在) 
 ▪ プロジェクトの企画立案・開発・進捗などの情報を交換 


    ▪ イベント案内や情報発信などをお互いに共有 
 • ビデオ通話・配信
 ◦ Zoom:オンラインハッカソンなど開催時 
 ◦ YouTube:オンラインイベント配信時 
 • 企画・デザイン・開発
 ◦ GitHub:チーム開発での同期・情報共有 
 ◦ Figma:デザイン案の展開・共有 
 ◦ HackMD:ドキュメントでの情報共有・整理 
 オンラインツールの組み合わせで適宜情報を共有・交換

  48. コミュニティイベント(定期開催)
 48 コロナ以降は全面オンラインでイベントを毎月開催
 シビックテックライブ(input) 
 
 
 
 
 


    毎月、地域での活動や旬のプロジェクトを紹介す る定期イベントを開催。最近はオンラインで参加 者層も増え、参加者が多い時には100人を超える ことも。
 ソーシャルハックデー(output) 
 
 
 
 
 毎月、各地域に会場を設け(現在は全面オンライ ン)開発イベントを開催。有志コントリビューターか らプロジェクトが持ち込まれ、継続して開発を進め ている。
 イベント企画・実施
 
 
 
 
 オリジナル企画の様々なイベントを開催。 
 NHKとのハッカソンを協同企画 
 

  49. コミュニティイベント(学生向け)
 Civictech Challenge Cup @オンライン
 • Covid19の影響で地方の高専生のインターン先が減少 
 • 就職の実績や開発経験を積むための開発コンテストを

    
 Code for Japanの学生インターンが中心となって企画・運営 
 • 夏季休暇(7-9月)を活用し、社会課題解決のサービス開発を 
 全国各地から集まった学生がチームを組み、企画・開発し提出 
 参加者105名から27チームが作品を提出。 
 10月25日にファイナリスト10組が最終審査会に出場し、 
 大賞受賞の高校生チーム「Civichat」は受賞後法人化、 
 熊本市の実証実験に採択され、災害時の支援・補助などの 
 制度検索ツールを提供している。 
 
 49
  50. 国内連携(ブリゲード)
 • アライアンスとしての機能
 ◦ 地域の取り組みを促進・後押し
 ◦ 他ブリゲードに紹介・橋渡し
 ◦ 共同開発・委託開発
 •

    独立した組織同士の有機的繋がり
 ◦ Code for Americaを参考に
 ◦ プロジェクトなどで協力・連携
 
 
 ブリゲード活動の促進・橋渡し & 共同プロジェクト
 Code for Giin
  51. 国内連携(カンファレンス)
 51 開催地を毎年変えながら実施
 
 
 
 
 2014年から、東京大学→豊島区役所旧庁舎→神奈 川→兵庫→新潟→千葉全国各地で開催 


    
 2020年は全面オンライン開催
 
 
 
 
 
 
 
 予定していた愛知会場と全国を繋ぎ、オンラインで実 施。2021年は東北会場と接続予定。 
 Code for Japan Summit / 年に1度全国から集まるイベント

  52. 海外連携(ハッカソン・研修)
 Facing the Ocean
 (台湾・香港・韓国)
 
 
 
 g0v(TW/HK)やCode for

    Koreaと年2回ずつ、共同開催の ハッカソンを実施、関心が近いプロジェクトのメンバー同士 が集まって意見交換をしたり合同で開発を進めたりしてい る。
 Tech for Non-tech
 (オーストラリア・アフリカなど)
 
 
 
 Code for AustraliaからCode for JapanとアフリカのOpen Up とがExchangeプログラムで受講し展開しているノンテック向 けアプローチ。
 アジア・オーストラリアなど近隣から、All(全体)まで

  53. 海外連携(カンファレンス)
 53 Code for America summit 
 / Code for

    All summit
 
 
 g0v summit 2018-2020(台湾)
 
 
 海外コミュニティが開催するカンファレンスに登壇・参加
 世界中のCode for コミュニティが集まり、それぞれの活動について情報や事例を共有、ワークショップなどで議 論を交わし、コラボレーションできる関係づくりを定期的に行っている 

  54. © Code for Japan 意味がある価値があってこそのコミュニティ

  55. 今できること


  56. エンジニア以外も多い 10代、20代前半が大活躍中 CfJの参加者、実は・・・

  57. イベントに参加する

  58. None
  59. Slack に参加する https://cfjslackin.herokuapp.com/

  60. None
  61. Code for Japan インターン募集 業務内容 • Civictech Challenge Cup U-22 学生向けシビックテックアワードの企画運営

    • Civictech Accelerator Program スタートアップ連携・コーディネート • 海外シビックテックコミュニティ連携  アメリカ・オーストラリア・台湾・韓国など • 定例イベントの企画・運営 毎月開催のハッカソン・オンラインイベントなど • サービス開発プロジェクトの参加 (エンジニア・デザイナー) 採用ページ(募集案内)はこちら▷ https://recruit.code4japan.org/ 応募フォームはこちら▷ https://s.c4j.jp/nn13 61 高校生・高専生・大学生・大学院生 / 遠隔メイン・全国各地から応募可
  62. ともに考え、ともにつくる 62