Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

点群功夫 - 国連ベクトルタイルツールキットの挑戦

点群功夫 - 国連ベクトルタイルツールキットの挑戦

2022-07-15 MNIERUNE MEETUP 2022
See also: https://www.mierune.co.jp/news/posts/mx7590y3v1?lang=ja

Hidenori FUJIMURA

July 15, 2022
Tweet

More Decks by Hidenori FUJIMURA

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 点群功夫 〜国連ベクトルタイル ツールキットの挑戦〜 藤村 英範 国土地理院

  2. 地理空間情報によるパートナーシップ 地図技術者が・地図による課題解決を・ユーザを中心に・デザインしていく Source: 第51回国土地理院報告会「地図で人をしあわせにする」

  3. 共感と発想のフェーズ重要 実装 implement 分散と前進 費用対効果向上と強靭化 共感 empathize 点群 三次元都市モデル デジタル原則

    発想 ideate 概念実証を繰り返す バックキャスティング気味
  4. 共感 Empathize 「自分ごと」としての点群

  5. 同時代の進歩に共感する Source: 第51回国土地理院報告会「地図で人をしあわせにする」

  6. New wave との関連を比喩的に意識する Source: 第51回国土地理院報告会「地図で人をしあわせにする」

  7. 作っていく。どう出していこうか? Source: 第51回国土地理院報告会「 3次元点群データに関する国土地理院の取組」

  8. 発想 Ideate 実践を繰り返す

  9. 「実際にやってみた」 技術実証・概念実証

  10. 「実際にやってみた」 具体的な実践の場で練磨する、 いわゆる「事上磨練」の功夫(くふ う;工夫) Source: 大西晴隆「王陽明」

  11. 私の実践の工夫点 1. ウェブで実働している 2. オープンである オープンデータをオープンソースで

  12. 実践 3点 ➔ gh:optgeo/togari ボクセルタイルによるシームレス可視化 ➔ x.optgeo.org/copc クラウド最適化点群(copc) ➔ UNVT

    Portable 大容量データを小さく発信
  13. https://optgeo.github.io/ togari(鳥狩) 静岡点群(3地区=全県分)を、2m、 4m、8m、... のボクセルに丸め、それらを ベクトルタイルに収めたもの。

  14. シームレス データセット全体が一枚に繋がる

  15. シームレス 富士山山頂にも対応可能

  16. シームレス 地形と構造物が連続的に繋がる

  17. コンパクトで高速・高効率 2m GSD まで作って静岡全県で 11GB

  18. 自作 Ruby スクリプト + Tippecanoe

  19. None
  20. 実践 3点 ➔ gh:optgeo/togari ボクセルタイルによるシームレス可視化 ➔ x.optgeo.org/copc クラウド最適化点群(copc) ➔ UNVT

    Portable 大容量データを小さく発信
  21. 2022-07-03 すごいツイートを見つける 静岡点群で実際にやってみる

  22. None
  23. とても簡単 FOSS4G 1. PDAL で COPC 形式に変換 2. ウェブサーバに上げる 3.

    There is no step 3.
  24. None
  25. None
  26. None
  27. None
  28. None
  29. viewer.copc.io: 本物の点群がいきなりウェブに来た 順調すぎて「ストレージだけが限界を決める」 全部がオープンであるとは言ってない シームレスにはならない

  30. 実践 3点 ➔ gh:optgeo/togari ボクセルタイルによるシームレス可視化 ➔ x.optgeo.org/copc クラウド最適化点群(copc) ➔ UNVT

    Portable 大容量データを小さく発信
  31. UNVT Portable 静岡点群 COPC 等を世界に 発信するウェブサーバ テレワーク環境に置いた Raspberry Pi 4B

    容量は足しやすい。 スケールしない分、安い。 Tip 運用時消費電力 約2W 137日の連続稼働
  32. ただし、1日10万リクエストはいける

  33. もう一つご紹介

  34. None
  35. protomaps.js やること 速い シンプル 統合しやすくフレキシブル 概要 ベクトル地図レンダラー Leaflet 拡張として動く ソロプロジェクト

    やらないこと 連続ズーム 三次元描画 WebGL の使用
  36. None
  37. None
  38. protomaps.js: ベクトルタイル消費の 新たな選択肢

  39. 【発想パートまとめ】 実装する前に 実践を積もう

  40. 起き上がったり転んだり、進んだり退いたりするのが、 功夫にとってむしろ自然なあり方で、このような曲折は あらかじめ避けられないものなのだ。 昨日ちゃんと功夫に勤めたのに、今日になってもそれ が十全に発揮されないというので、何とかむりにでも、 その破綻のさまをとりつくろおうとしたりするなど、それ は無駄なことなのだ。 Source: 王陽明「伝習録」(溝口雄三訳)

  41. 実装 Implement 分散と前進

  42. 今後に向けた技術的発想 1. 可搬(Portable)化 根を下ろさずに渡り歩ける技術にする 2. 部品(Modular)化 ウェブ地図専門家でなくても組み込める技術にする 3. 外部(External)化 自分たちだけにしかできないことに集中する

  43. クライアントの観点からは 1. 分散配備(distributed deployment) ウェブ地図リソースの分散が図られる → 強靭 2. 前進配備(forward deployment) ウェブ地図リソースが現場に近づく → 効率的

  44. 実践&実装: オープンプロジェクトとしてのイン タフェース

  45. 国連ベクトルタイルツールキット United Nations Vector Tile Toolkit ソフトウェア 「ウェブ地図運用者が助け合う」 UNVT ポータブル

    UNVT Portable ハードウェアと配備 「実際に技術移転や災害対応の現場 で使える事例を示す」 里親ジオデータ Adopt Geodata データ 「未だベクトルタイルになっていないオー プンジオデータをベクトルタイルにする」 伝習所 ← 考え始めたところ Denshujo 実践共同体(Community of Practice) 「学び励まし合う」
  46. どれも難しい まずは始めることから いずれにせよオープン

  47. 点群功夫 〜国連ベクトルタイル ツールキットの挑戦〜 藤村 英範 国土地理院