Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

CrowdWorks Engineering Culture

CrowdWorks Engineering Culture

CircleCI Tokyo User Meet-Up
https://techplay.jp/event/664124

2fe6800486cb1d45bb6316d04f40a73e?s=128

Hideki Igarashi

March 29, 2018
Tweet

Transcript

  1. Engineering Culture CircleCI Tokyo User Meet-Up 2018.03.29

  2. About me twitter.com/ganta0087 github.com/ganta Hideki Igarashi Engineer

  3. クラウドソーシングサービス クラウドソーシング = Crowd (群衆) + Sourcing (外注) 2012年3⽉サービス開始〜 会員数170万⼈超

  4. インターネットを活⽤することで、世界中の企業と個⼈が 直接つながり、仕事の受発注を⾏うことができる

  5. Rails AWS

  6. ⽬的別にチームを分割

  7. • KPIのために必要なコンポーネント の開発にフォーカス • 例: 応募率、継続率を上げるため • エンジニアがProduct Ownerにな るキャリアもある

    Developers Product Owner
  8. Scrumをベースとした 多種多様なプロセス

  9. チームに合った⽅法 をチームが考える ミーティングの形態 タスク管理 リモートワーク よい⽅法は他のチームにも引き継がれる

  10. Development Process

  11. ペアプロ・モブプロ • 知識・スキルの共有 • サイクルが⾼速になっている コードを書き終えてからのレビューによ る⼿戻りを防げる コミュニケーションのスループットが上 がり、プロダクトの価値も上がる

  12. 50inch 4Kディスプレイ nu board (A3判) Apple TV 4K

  13. リリース単位を⼩さく モデル実装 設計 UI実装 ユーザー導線実装 Release Release Release ユーザーに届ける価値を毀損しない リスクが⼩さくなり⾃分たちも安⼼

  14. Tool

  15. ChatOps • リリースをスムーズにしたい • 失敗したときに素早く戻したい + ▷ CrowdWorksのChatOpsの歴史 https://speakerdeck.com/hideki/chatops-history-of-crowdworks 堅牢なリリースのための作り込み

    継続して改善し続けられる構成
  16. Continuous Integration • ⾃発的な導⼊&移⾏に抵抗がない • 外部サービスの積極的な利⽤ • CIを改善し続けるのも⼤事 ▷ Bring

    out the ability of CircleCI 2.0 @CircleCI Meetup Tokyo #3 https://speakerdeck.com/hideki/bring-out-the-ability-of-circleci-2-dot-0 継続して改善しやすい基盤 ⾃発的かつ積極的なサービス利⽤
  17. Culture

  18. 価値を提供し続けたい 楽しく開発し続けたい 顧客に対して ⾃分たち