Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Introducing concrete5 PWA add-on (Japanese)

Introducing concrete5 PWA add-on (Japanese)

75e55614a2d05d8c7784779e76a1a3d9?s=128

Takuro Hishikawa

December 18, 2019
Tweet

More Decks by Takuro Hishikawa

Other Decks in Technology

Transcript

  1. concrete5 CMSの PWAアドオンを試してみたよの話 Twitter: @HissyNC / GitHub: @hissy

  2. concrete5とは? • 2008年からある老舗オープンソースCMS(従来のCMS)です。 • OSSになる前のconcrete CMSは2003年生まれ(WordPressと同い年) • 生まれた時からのこだわり「ドラッグ&ドロップによる直感的操作」 • PHP

    + MySQL で動く動的CMS • ヘッドレスCMS?そういうオシャレなモンは、若いヤツ(CMS)に任せとけばええんや… ◦ 一応、REST APIはあります。
  3. そんな老舗CMSのマーケットプレイ スに、とあるアドオンが!

  4. PWAアドオン $100 お買い得

  5. 試してみた

  6. PWA対応するために必要 なCMSの設定、サーバー 設定のチェック

  7. チェックポチでとりあえずサービ スワーカー有効にできる コンテンツ更新で自動でサービス ワーカーもバージョンアップ

  8. オフラインページをCMS 内のページから選択 プッシュ通知も対応(未 検証ですが)

  9. リソース管理ツールも付 いてました。クローリン グして自動で候補を出し てくれます。

  10. マニフェストの内容も管 理画面から設定できて楽 チン

  11. 設定完了すると、 とりあえず諸々のタグが 勝手に入りますので

  12. とりあえず

  13. とりあえず

  14. とりあえずPWAにはなる 壁紙出演:娘

  15. まとめ • 100ドル出せば、とりあえずすぐ、PWAにはなります。 • PWAの感覚をつかむにはちょうどいいかも。 • もちろん、キャッシュについては自分で考えないといけないです。 • 記事アップでいちいち更新されたくないリソースは、あらかじめ決め打ちのバージョンを設定 ファイルに書く。

    • 他のCMSの同様プラグインの実装も知りたい! • ご静聴ありがとうございました