WACATEWACATE流、セッションのつくりかた/wacate2019winter

F27c302513136da4e9004e055f31136e?s=47 i_echiuyan
December 15, 2019

 WACATEWACATE流、セッションのつくりかた/wacate2019winter

F27c302513136da4e9004e055f31136e?s=128

i_echiuyan

December 15, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2.

    2 Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 目次 ▪本セッションの説明

    ▪自己紹介 ▪開催・運営の時にWACATEでやっていること ▪セッション準備する時に WACATEでやっていること ▪皆も体験してみよう
  2. 5.

    Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 5 勉強会や研修の規模、 セッションの内容によっては

    準備するにあたり検討が必要な事項、 逆に不必要になる事項があったり、 優先順位が変わるものもあります。
  3. 6.

    Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 6 このセッションでは WACATE実行委員が企画した

    「WACATE2019冬」を参考に とある実行委員視点から 勉強会を開催・運営する時に考えること セッションを作るときに考えることを 話していきます。
  4. 8.

    Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 8 自己紹介 ▪越中谷

    郁美(えっちゅー) ▪ Twitter:エチウヤン@i_echiuyan ▪Web系の会社のテストエンジニア ▪ エンジニアと共に自動テスト書いてる人 ▪WACATEのとある実行委員 ▪ 今回でトータル10回目のWACATE参加した人 ▪JaSSTTokyo 副実行委員長 ▪ 役割だけは偉そうな、ただの人 ▪ねこ派 ▪ SNSはネコ的なアイコンの人 ▪Web Service QA Meeting 運営 ▪ なんとなくいる人
  5. 11.

    ▪2日間開催 ▪三浦海岸 ▪ポジペ書く ▪年2回、夏と冬 ▪若手向き? ▪有料のイベント ▪招待講演者と実行委員が話す ▪開催期間 ▪開催場所、会場選び ▪参加者の事前準備、心構え

    ▪開催回数 ▪対象者 ▪運営にかかるお金 ▪登壇者 Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 11 企画として検討する項目に置き換えると
  6. 32.

    Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 32 まずは、話してみたいテーマや 興味のあるテーマなどを

    書き出していく この時点では、テーマは 自分がやる・やらないに 関わらず上げていくよ
  7. 33.

    Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 33 一通りテーマを挙げ終えたら そのテーマで

    どういったセッションができそうか アイディアを出し合うよ
  8. 35.

    Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 35 投票数が多かったものから 担当者を割り当てていき

    次回ミーティングまでに 大まかなセッション概要を 考えていくよ
  9. 36.

    36 Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 私が概要を 作るときに

    検討している 項目 ▪タイトル ▪セッションを一言で言うと? ▪概要 ▪セッションの大まかな内容はどんな感じ? ▪セッションの目的 ▪なぜこのセッションをやるのか? ▪このセッションで何を伝えたいのか? ▪ゴール ▪セッションが終わった後、参加者がどうなっていると嬉 しいの? ▪Hardモード/Easyモード
  10. 37.

    37 Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 私が概要を 作るときに

    検討している 項目 ▪参加者レベルの想定 ▪どんな人が参加するの? ▪時間 ▪セッションを行う時間はどのくらい? ▪講義の構成 ▪具体的に、セッションをどのようなことをするの? ▪どんな流れで進めていくの? ▪懸念事項 ▪セッション中に発生しそうなトラブル、困りごとはあ る?
  11. 38.

    Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 38 このセッション概要資料 書き出した内容が

    セッションの目的と 乖離していないか 立ち戻りながら書いていくよ
  12. 39.

    Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 39 人によって書き方には 好みが出るところ

    私は、とにかく書き出す 書きなぐりスタイル(清書しない) 必要な物をピックアップして使うよ
  13. 40.

    Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved 40 この概要資料の状態で 実行委員同士で

    レビューをして 深堀りしていくことで セッションの実現性を 高めていくよ
  14. 46.

    46 Copyright (C) 2019 WACATE All rights reserved ワーク ▪勉強会を企画してみよう

    ▪「WACATE2019冬」を題材に開催する 以下2つのどちらか ① 参加報告会を開催する ② セッション一つを選んで、復習会を開催する ▪開催・運営で考えることを書き出してみよう ▪セッションを準備するときに考えることを 書き出してみよう