Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

docker-for-beginners

Ad22fcf5773b906c08330f4d57242212?s=47 Kohei Ota
February 11, 2019

 docker-for-beginners

Ad22fcf5773b906c08330f4d57242212?s=128

Kohei Ota

February 11, 2019
Tweet

Transcript

  1. https://hub.docker.com/signup でIDの作成をお願いします。

  2. ブラウザだけでOK! 触ってやってみる はじめてのDOCKER インフラ勉強会 2019/02/11 Presented by @inductor

  3. 今日話すこと 自己紹介 Dockerについて Dockerの3原則 ローカルでDockerを試す方法 ブラウザでDockerを動かしてみよう!

  4. 自己紹介 Twitter: @_inductor_ GitHub/Qiita: @inductor SRE Engineer @ ZOZO Technologies,

    Inc. Organizer @ Docker Meetup Tokyo / Cloud Native Days(ex-JKD)
  5. DOCKERについて

  6. Dockerってなに? コンテナ型のアプリケーション実行基盤 dotCloud社が、自社のPaaS(Platform as a Service)環境を作るために開発した基盤 今のDocker社の前身 軽量で、起動からアプリケーションの実行まで を非常に高速に行うことができる

  7. コンテナ型仮想化ってなに? コンテナとは アプリケーションの実行に必要な環境を一つの パッケージにまとめた仮想的な単位 ※プログラミング言語の実行環境、依存関係のあるライブラリ、アプリケー ション本体など OSよりも上のレイヤを、「Linuxカーネル」を利 用して再現する仮想化の方法 Linuxカーネルの機能を共用で使って、複数の環境 を1つのホスト上で動かすことができる。

  8. LINUXカーネルとDOCKERコンテナ の実行環境さえあれば、どこでも 同じことが再現できるね!という のが強み(※一部例外あり)

  9. None
  10. Dockerの特徴 OSはホストのものを使うので、アプリケーション の立ち上げまでが高速 後述するDockerイメージと呼ばれるパッケージン グシステムのおかげで、アプリケーションのデプ ロイや実行が非常に簡単になる ロゴがかわいい

  11. Dockerイメージとは Dockerコンテナを動かすのに必要なファイルシス テム どんなファイルをどこに置いて、何を実行するの かなどが複数のレイヤに渡って表現される Dockerイメージを実際に動かしたものがDocker コンテナ

  12. DOCKERの3原則

  13. None
  14. Build Dockerイメージを作成すること Dockerfileと呼ばれるファイルを作って、Docker イメージのビルドを行う テキストファイルなので、Gitで管理できることも 大きなメリット(Infrastructure as Code化できる) 「Dockerでどんなことをやりたいか」を書くため、 非常に重要な概念

    docker build
  15. Ship 作成したDockerイメージを配布すること 一般的にはDocker Hubなどのコンテナレジストリを 使う Dockerイメージを管理、シェアするためのリポジトリ (GitHubのDocker版) docker push &

    docker pull
  16. Run 配布されたDockerイメージを、実際に実行すること サーバー上やローカルマシンで全く同じことができる ね!すごいね!と体験するところ docker run

  17. ローカルでDOCKERを動かす方法

  18. Windows Docker for Windowsを使う Windows Subsystem for Linux(WSL)を使うとよりそ れっぽくなる Mac

    Docker for Macを使う Linux Docker CEを入れる Other UNIX 知らない
  19. 今日はブラウザだけでOK!

  20. https://labs.play-with-docker.com/