Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

本番環境のリリースを自動化した話

 本番環境のリリースを自動化した話

9054e8c93ca920a18b9822237c09f0a4?s=128

Hidetake Iwata

July 07, 2017
Tweet

Transcript

  1. 本番環境のリリースを 自動化した話 Hidetake Iwata (@int128) 第10回 Jenkins勉強会

  2. None
  3. 本番環境のリリースに Jenkinsを使っている人 挙手!

  4. まだWinSCPで 消耗しているの? ※言ってみたかっただけです 新ディレクト リ 旧ディレクト リ _20170707

  5. Git Executable JAR S3 検証環境 EC2 本番環境 EC2 開発環境 PC

    Git TAR.GZ S3 検証環境 EC2 本番環境 EC2 開発環境 PC フロントエンド(Web) バックエンド(API)
  6. ここからはエモい話 ※言ってみたかっただけです

  7. なぜ自動化が必要なのか?

  8. 目的:サービスを早く改善  ↓ 技術:リリースを自動化  ↓ 効果:ビジネス価値

  9. 受託の場合は お客様のビジネス部門から 要求があると話が早い

  10. とはいえ、 お堅い組織は リスクを取らない ※ビジネス部門 vs システム部門/受託ベンダの光景

  11. お堅い組織で 本番環境の壁を超えるには?

  12. 検証環境で実績作り  ↓ 本番環境にも 同じ成果物を 同じ方式、手順でリリース ※詳しくは 12 Factor App や

    Continuous Delivery を読みましょう
  13. 検証環境の成功体験を 本番環境に展開する ※言ってみたかっただけです

  14. 継続的に価値を届けるには ビルド職人が必要

  15. ビルド職人に   を ください

  16. ありがとうございました