Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

オブザーバビリティの始め方 / How to start Observability

オブザーバビリティの始め方 / How to start Observability

2023/4/26 TechFeed Experts Night #17

Isao Shimizu

April 26, 2023
Tweet

More Decks by Isao Shimizu

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ©MIXI
    オブザーバビリティの
    始め⽅
    2023/4/26 TechFeed Experts Night #17
    Vantageスタジオ みてねプロダクト開発部 基盤開発グループ
    清⽔ 勲

    View full-size slide

  2. ©MIXI
    About me
    清⽔ 勲 @isaoshimizu
    2011年〜 株式会社ミクシィ(現MIXI)
    • 2011年8⽉〜 SNS「mixi」運⽤エンジニア
    • 2014年4⽉〜 モンスターストライク SRE
    • 2018年2⽉〜 家族アルバム みてね SRE
    • 2022年1⽉〜 SREグループ マネージャー
    • 2023年4⽉〜 基盤開発グループ マネージャー
    • 週末は社会⼈吹奏楽団での活動(楽団⻑、トロンボーン約30年、たまに指揮者)。
    キャンプとクラフトビールが好き。
    2

    View full-size slide

  3. ©MIXI
    オブザーバビリティとは?

    View full-size slide

  4. ©MIXI
    モニタリングとの違いは?

    View full-size slide

  5. ©MIXI
    オブザーバビリティとは
    モニタリングとの違いは?
    5
    “モニタリングは既知の未知を扱いますが、
    オブザーバビリティは未知の未知を扱うのです”
    オライリージャパン オブザーバビリティ・エンジニアリング 1章より

    View full-size slide

  6. ©MIXI
    どういうこと?

    View full-size slide

  7. ©MIXI
    モニタリングとオブザーバビリティ
    7
    モニタリング
    既知の未知
    オブザーバビリティ
    未知の未知
    • 局所的な監視
    • システムが正常かどうかの確認
    • あらかじめ設定したメトリクスや
    ログの収集
    • システム全体の可視化、理解
    • 予期しない問題の調査、解決
    • メトリクス、トレーシング、
    ログなどの収集、分析
    どちらが良い・悪いではない

    View full-size slide

  8. ©MIXI
    トラブルが起きた時、スピーディーに原因調査と解決をしたい
    オブザーバビリティを強化しましょう

    View full-size slide

  9. ©MIXI
    オブザーバビリティの導⼊

    View full-size slide

  10. ©MIXI
    オブザーバビリティを導⼊するためには
    10
    収集・保管 可視化
    分析
    メトリクス・トレース・ログ
    これが基本

    View full-size slide

  11. ©MIXI
    オブザーバビリティツール
    • Amazon CloudWatch / X-Ray / Managed Grafana / Managed Service for Prometheus
    • Google Cloud Logging / Cloud Monitoring / Cloud Trace / Cloud Profiler
    • New Relic
    • Datadog
    • Dynatrace
    • AppDynamics
    • Splunk
    他にもいろいろある
    11

    View full-size slide

  12. ©MIXI
    導⼊のポイント
    l お使いのアプリケーション(⾔語/フレームワーク)、クラウド、インフラ
    (VM/コンテナ/オーケストレーションツール)に適したものを選ぶ
    l データ量、ユーザー数、サーバー数などによってコストは変動する
    (このあたりは製品によって異なる)
    l メトリクス、トレース、ログそれぞれが連携できると⾮常に効率的
    l 運⽤者だけでなく開発者が使えるものに
    12

    View full-size slide

  13. ©MIXI
    オブザーバビリティによってスピーディーな課題解決を

    View full-size slide