Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

アプリ開発者によるクラスタ構築挑戦記 ~1日でどこまでできるかな~

アプリ開発者によるクラスタ構築挑戦記 ~1日でどこまでできるかな~

2019/08/07 CloudNative KANSAI #5 でLTしたときの資料です。

k3nNy 51rcy

August 07, 2019
Tweet

More Decks by k3nNy 51rcy

Other Decks in Technology

Transcript

  1. アプリ開発者によるクラスタ構築挑戦記 〜1日でどこまでできるかな〜

  2. 自己紹介 • 名前:川﨑 賢弥 (kenya kawasaki) • ハンドルネーム:k3nNy_51rcy ◦ twitter:

    @i_am_tunaaaaa • 仕事:(気持ちは) フロントエンドエンジニア ◦ 普段は Angular 使うことが多いです ◦ でもバックエンドも作るしインフラも見る …。 • 趣味 表向き 実際 もみじの物語がスマホ版で リメイクされましたね …。
  3. CNDT & RDT 行ってきました

  4. knative で FaaS on k8s? custom controller? custom resource? operator

    で 運用も自動化? rancher でクラスタ管理? クラスタ運用に必要な observability とは?
  5. 消化しきれん。

  6. そうだ

  7. 簡単そうなものから やろう。

  8. knative で FaaS on k8s? custom controller? custom resource? operator

    で 運用も自動化? rancher でクラスタ管理? クラスタ運用に必要な observability とは?
  9. None
  10. やってみよう! 帰宅後に開始!

  11. 最初のゴール Compute Engine Rancher Server RKE (master + etcd +

    worker) Compute Engine Create
  12. rancher get started たったの2ステップ!

  13. VM 作って ※ このインスタンスはもう止めているのでアクセスできません。

  14. Docker 入れて スクショ忘れた…。 公式のドキュメントに沿って進めます。 https://docs.docker.com/install/linux/docker-ce/debian/

  15. Rancher server 入れて ここまで 40 分足らず!

  16. クラスタ作って docker run の (長い) コマンドが表示されるのでクラスタに加えたいノードで実行するだけ

  17. 中身を覗く

  18. nginx 動かしてみる kubectl create deploy nginx --image=nginx kubectl expose deploy

    nginx --port 80 --type NodePort kubectl apply -f deployment.yaml deployment.yaml は ingress の 定義を書いたコレ
  19. 動いた クラスタ作るところは 約 20 分!

  20. これだけでいいのか ハマった話をするつもりが …。

  21. knative で FaaS on k8s? custom controller? custom resource? operator

    で 運用も自動化? rancher でクラスタ管理? クラスタ運用に必要な observability とは?
  22. None
  23. やろう。 てかやりたい。

  24. やりました 結果:リソースが足りない。外部 LoadBalancer もセットアップしてない。

  25. まとめ

  26. 1日 (3時間) あれば クラスタ作って遊べる。 セキュリティとか何も考えてないけどね。