技術的負債を "なるべく" 作らないためのコツ / Organization Performance Tips

技術的負債を "なるべく" 作らないためのコツ / Organization Performance Tips

組織パフォーマンスを改善しよう!
http://kakakakakku.hatenablog.com/entry/2017/06/24/004845

3da5b00de1285b12a17d730262cc4824?s=128

Yoshiaki Yoshida

June 23, 2017
Tweet

Transcript

  1. 技術的負債を “なるべく” 作らないためのコツ 2017.06.22 @kakakakakku

  2. 吉田 慶章 @kakakakakku - Makuake : CyberAgent Crowd Funding, Inc.

    - DevOps Engineer 兼 技術広報 - AWS, DevOps, Rails, Certified Scrum Master - 今年からプログラミング講師の仕事もしてます - 趣味はブログを書くことです
 http://kakakakakku.hatenablog.com/
  3. https://developers.cyberagent.co.jp/blog/archives/4079/ https://developers.cyberagent.co.jp/blog/archives/6588/

  4. http://lean-agile.fm/episode/22 ポッドキャストに出演して「寝不足」の話をしました #信頼残高 #意識高い

  5. 個人 Trello に書いてあるノルマを 達成しないと寝てはいけない話はマジです あー, 今日も寝てねー

  6. さて ミサワ話は置いておいて...

  7. 今日の勉強会のテーマ 「技術的負債」

  8. また「技術的負債」の話? もう聞き飽きてるかもしれないけど, まだまだ重要なことがある

  9. 今日の勉強会のテーマ 「技術的負債」 “なるべく” 作らないためのコツ

  10. コツ 1 「技術的負債の分類」を理解しよう!

  11. 無鉄砲 → 汚いコード 慎重 → めったに使われないコード https://martinfowler.com/bliki/TechnicalDebtQuadrant.html 意図的 不注意

  12. 無鉄砲 慎重 意図的 不注意 設計する時間が ないんだから しょうがない 今すぐリリースしないと いけない →

    マニュアルで対応する レイヤー化? 何それ? → 完全な技術力不足 もっとこうすべき だったなあ → より良い形を模索する
  13. ナイーブな技術的負債 → 技術力不足 → 既に紹介した「無鉄砲」と同義 不可避な技術的負債 → 想定外のサービス成長など 戦略的な技術的負債 →

    リリース日を最優先の価値とする場合など ( 個人的にはこの分類が理解しやすい )
  14. コツ 2 新しい技術を導入する場合は 経験者を採用しよう!

  15. 重要なのは 「ナイーブな技術的負債」を避けること

  16. 経験者を採用しよう! - 経験のある人と一緒に開発をすれば, 効率良く学べる - 採用が難しい場合,
 外部メンターにアドバイスをもらう - 相談ができるだけで, 成果が圧倒的に違う

    - Pattern 14. 達人を味方に - もしくは事前にメチャクチャ素振りをしておく
  17. コツ 3 改善症候群に陥らないようにしよう!

  18. 改善症候群 - 改善は癖になってしまうことがある - 1ms を改善できるマニアックな改善にどこまでの価値がある? - それ「エンジニアのエゴ」でしょ? - それよりも,

    目の前にある 1000ms の課題を優先すべき
  19. ペイオフマトリックス 低 ← 難易度 → 高 高 ↑ 効 果

    ↓ 低 質の良い課題を 発見するスキルが重要
  20. コツはわかった, わかったけど じゃあ, 最高の開発ができる?

  21. 現実はそんなに甘くない

  22. 技術的な議論をちゃんとしてる? できることなら避けようとしてない? 深い議論ができてなければ, 技術的負債は無限に増える

  23. コツ 4 「組織パフォーマンス」を改善しよう! 僕が好きな「組織論, 心理学, メンタリング, ファシリテーション」から紹介

  24. “雑談のような質問” をしよう! Tips 1

  25. 雑談のような質問 - 「わからない!」「教えて!」と言えない人が多い - もしくは, 言えない雰囲気 (心理的安全がない) かも? - 質問することは,

    1番効率良く学ぶ方法 - 質問すればすぐにわかるのに, 数時間ググった経験ない?
  26. 雑談のような質問 - 答えがないような質問も雑談のようにカジュアルにする - 議論が盛り上がってもっと良いアイデアに気付けたり - 質問された側も調べてあげたくなる - 質問することによって, 考えがまとまることもある

    - これを「オートクライン」を呼ぶ
  27. 明日からすぐに実践しよう! 1日1回, 誰かに質問をしてみよう!

  28. “ジョハリの窓” を意識して 相互理解を深めよう! Tips 2

  29. 開放の窓 (Open Self) 盲点の窓 (Blind Self) 未知の窓 (Unknown Self) 秘密の窓

    (Hidden Self) 公開された自己 気付かない自己 隠された自己 未知の自己
  30. 開放の窓 (Open Self) 盲点の窓 (Blind Self) 未知の窓 (Unknown Self) 秘密の窓

    (Hidden Self) 公開された自己 気付かない自己 隠された自己 未知の自己 自己開示
  31. ジョハリの窓 (Johari Window) - 「自己開示」 - 自分のことを, ちゃんとメンバーに知ってもらえてる? - 逆に,

    メンバーのことをどこまで知ってる? - 仕事で大切だと思っていることなどを, 
 伝えたことはある? - 秘密が多い人と仲良くなれそう?
  32. 開放の窓 (Open Self) 盲点の窓 (Blind Self) 未知の窓 (Unknown Self) 秘密の窓

    (Hidden Self) 公開された自己 気付かない自己 隠された自己 未知の自己 フィードバック
  33. ジョハリの窓 (Johari Window) - 「フィードバック」 - メンバーからどう思われているのか, 知る機会ってある? - 頑張ってるつもりなのに,

    メンバーはそう感じてないかも? - 自分では気付かない部分に気付けることの大切さ - フィードバックをもらうためには, 信頼関係が前提になる
  34. 明日からすぐに実践しよう! 1日1個, 誰かに自分の話をしてみよう!

  35. “ノンバーバルなコミュニケーション” で また話したくなる人になろう! Tips 3

  36. ノンバーバルなコミュニケーション - ノンバーバル = 非言語 - ようするに「表情, 態度, トーンなど」のこと -

    「話したい人」と「話したくない人」の違い - 「全然反応ないな, 話聞いてくれてるのかな?」 - うなずき, あいづち, 笑顔, 目線, ジャスチャーなど
  37. 明日からすぐに実践しよう! 話してくれてる人にノンバーバルで 「聞いてるよ」と伝えよう! ( プレゼンも, 聞いてる人からノンバーバルな反応があると嬉しいよ??? )

  38. えっ...

  39. 自己啓発セミナー?w 他にも「アクノレッジメント」や「タックマンモデル」などの話をしたかったんだけど

  40. まとめ

  41. 技術的負債を “なるべく” 作らない - コツ1 :「技術的負債の分類」を理解しよう! - コツ2 : 新しい技術を導入する場合は経験者を採用しよう!

    - コツ3 :「改善症候群」に陥らないようにしよう! - コツ4 :「組織パフォーマンス」を改善しよう!