Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Web API 開発を加速しよう - Avanade Beef のご紹介 / Accelerate your web API - development introducing Avanade Beef

Web API 開発を加速しよう - Avanade Beef のご紹介 / Accelerate your web API - development introducing Avanade Beef

.NET ラボ 勉強会 2022 年 5 月 (https://dotnetlab.connpass.com/event/246279) に登壇したときのスライドです。

9cdd446fb259ec93e52d4388f60197f8?s=128

Takashi Shinohara

April 23, 2022
Tweet

More Decks by Takashi Shinohara

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Web API 開発を加速しよう - Avanade Beef のご紹介 .NET ラボ 勉強会

    2022 年 4 月 2022/4/23 篠原 敬志 (@karamem0)
  2. 自己紹介 篠原敬志 (Takashi Shinohara) アバナード株式会社 マネージャー Microsoft MVP for Office

    Development (2018-) Japan M365 Dev User Group 運営 SharePoint をベースとしたアプリケーション開発に従事していました。近 年は Power Platform、Microsoft 365、Microsoft Azure を使った DX の支援を実施しています。アジャイル コーチ/スクラム マスターとしても 活動しています。
  3. アバナードについて アクセンチュア × マイクロソフト = アバナード

  4. 本日のアジェンダ What is our problem? What is Beef? How to

    use Beef?
  5. アプリ開発の課題 マイクロサービス マルチデバイス アジリティ

  6. アプリ開発に求められるもの 簡単な構成で 素早く構築でき 変化に強く 生産性が高い

  7. 本日のアジェンダ What is your problem? What is Beef? How to

    use Beef?
  8. Beef とは ビジネス エンティティ実行フレームワーク データ ドリブンでコードを自動生成することで Web API 開発のローコード化を実現 MIT

    ライセンスで公開 https://github.com/Avanade/Beef
  9. Beef が目指すもの 価値: ビジネス価値に集中 速度: コストと市場投入までの時間を短縮 シンプル: 学習を最小限に低減 標準化: 知識豊富な人材の増加

    一貫性: 全体的な品質と保守性の向上 柔軟性: イノベーションと進化の実現 信頼性: 納期とリスクの軽減
  10. Beef の機能 リッチなエンティティ (DTO) とリレーション データの整合性と一貫性を保証するバリデーション 標準化されたデータベースの CRUD の作成 データベースのセットアップ、構成、デプロイを自動化するためのツール

    ページング (skip および top) のサポート ETag での同時実行制御のサポート JSON レスポンスのフィルタリング HTTP PATCH のサポート gRPC サーバーとの統合 イベント駆動型アーキテクチャ
  11. Beef の概念アーキテクチャ

  12. Beef のアプリケーション レイヤー

  13. Beef のイベント駆動型アーキテクチャ

  14. Beef のテンプレート .NET Core のカスタム テンプレートによりプロジェクトを簡単に作成可能 プロジェクト 説明 Company.AppName.Api サービス

    インターフェイス Company.AppName.Business ビジネス ロジック コンポーネント Company.AppName.CodeGen エンティティおよび参照データコード生成コンソールツール Company.AppName.Common エンティティおよびサービス エージェントの共通コンポーネント Company.AppName.Database データベースおよびデータ管理コンソールツール Company.AppName.Test テストプロジェクト (NUnit) データソースの種類を選択可能 (Database, EntityFramework, Cosmos)
  15. 本日のアジェンダ What is your problem? What is Beef? How to

    use Beef?
  16. DEMO https://github.com/Avanade/Beef/blob/master/docs/Sample-EntityFramework- GettingStarted.md

  17. まとめ

  18. まとめ 価値を最大化するためにはできるだけ無駄をなくさなければならない 自動化できるところは楽をして価値を生み出す作業に集中するべき DX 推進にはシステムを API として提供する必要がある 👇 Beef はいいぞ

  19. ご清聴ありがとうございました