Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

ペパボのエンジニア2016 / engineers-in-pepabo-2016

ペパボのエンジニア2016 / engineers-in-pepabo-2016

23f4d5d797a91b6d17d627b90b5a42d9?s=128

Kentaro Kuribayashi

April 18, 2016
Tweet

Transcript

  1. ペパボのエンジニア2016 執行役員CTOあんちぽちゃん

  2. 自己紹介 栗林 健太郎 あ ん ち ぽ ち ゃ ん

    執行役員CTO 技術部長 2012年入社 出所: 「採用目的」 http://antipop.fm/9/
  3. インターネットとペパボ

  4. インターネットの20年と今後 1995年からのインターネット普及以来、絶え間なくパラダイムが変わり続け てきたし、今後もその流れが変わることはないだろう。 1995 2000 2005 2010 2015 2020 1995年

    インターネット 元年 2003年 paperboy&co. 創業 2005年 Web 2.0の 時代 2011年 スマホ元年 2010年 クラウド元年 IoT 人工知能 VR ・・・
  5. 3つのミッション パラダイムの変化を乗り越え、むしろ新たに作り出す = 会社のミッション達 成のために、技術・組織のミッションを定め実行していく。 インターネットで 可能性をつなげる、ひろげる 会 社 いるだけで成長できる環境へ

    組 織 なめらかなシステムを作る 技 術
  6. ペパボのエンジニア

  7. 「技術領域」を切り口に分けると ペパボのエンジニアには以下の4種類の類型がある。しかし、その枠にとど まらず、他の領域へ幅を広げていく動きを推奨している。 Webアプリ開発 モバイルアプリ開発 インフラオペレーション 情報システム開発・運用 顧客 = ユーザ

    サービスを 開発・運用する 顧客 = スタッフ 業務生産性の向上
  8. 「配属」を切り口に分けると 開発エンジニアは主に部署ごとに配属され、インフラオペレーション・情シス はひとつのチームに配属され、横串の動きをする。 ホスティング EC ハンドメイド コミュニティ インフラオペレーション・技術基盤チーム 情報システム 技術部

  9. 充実の新卒エンジニア研修 長期的な視点で成長を最大化するために、幅広い技術領域を、Web業界内 においては比較的長い時間をかけて研修を行う。 前半: 7月〜9月 後半: 10月〜12月 Web開発の基礎 インフラ構築・運用 モバイルアプリ開発

    サイクルOJT 数種類のサービスを ぐるぐる回って実践
  10. 技術領域と専門性 最初から専門を決めてしまわずに、主な技術領域についてひと通りやってみ てから、選択肢に基づいて選べる機会を用意している。 Webアプリ モバイル アプリ インフラ オペレーション Webアプリ モバイルアプリ

    インフラ セキュリティ 研究開発 ・・ ・
  11. いるだけで成長できる環境へ

  12. 出所: 「いるだけで成長できる環境」へ - ペパボテックブログ http://tech.pepabo.com/2015/11/17/pepabo-tech-blog-has-started/

  13. 「ひと」と「組織・制度」 「いるだけで成長できる環境」は、「ひと」と「組織・制度」の両面から構成され る。あなたの日々の言動もその一部である。 ひと = 仲間たち 組織・制度

  14. 制度の一例: エンジニア職位制度 管理職の等級とは別に、部下を持たずに自らの専門性によって会社に貢献 できる専門職としての等級制度 = 専門職制度を整備している。 全職種共通 管理職 シニア プリンシパル

    シニアプリンシパル チーフ 専 門 職
  15. 成長し続けること いまできること・知っていることももちろん重要だが、これからできるようにな る・知っている必要のあることの方がずっと多い。 これから 必要になる 知識の総量 これまでに 蓄積した 知識の総量 >

  16. なめらかなシステムを作る

  17. 出所: 「事業を差別化できる技術」を生み出す - ペパボテックブログ http://tech.pepabo.com/2015/12/25/professional-career-at-pepabo/

  18. 専門家の条件 以下の3つの条件を満たす「専門家」としてのエンジニアにより、今後の成長 を牽引する「事業を差別化できる技術」を生み出していく。 ▪ 理論的・体系的で高度な専門的知識と長期の訓練を要する専門的能力 → 高い業務遂行能力を前提としつつも、それを理論的・体系的なも のとして昇華した、高度な専門的知識・能力 ▪ 倫理綱領による道徳的整合性の保持

    → エンジニアリングの専門家として、社内の事情だけにとらわれ ず、一般的な価値判断基準を持つこと 専門家の 条件 ▪ 組織化された専門職団体の存在 → 社外のエンジニアやOSSのコミュニティとの関係の中で技術を培 い、よりよいサービスを作っていくこと
  19. なめらかなシステム 個体、および、それらの関係性に潜在する様々な特徴量を、自ら認識・制御 して、全体最適を実現するシステム。 出所: 人工知能は WEBサーバの暗闇を救う https://speakerdeck.com/matsumoto_r/jpsj-one-2016-matsumotory?slide=27

  20. 「なめらかなシステム」の例 「なめらかなシステム」はインターネットのあらゆる場所に実装し得る。我々 は「ごつごつしたシステム」を「なめらか」にしていく。 ホスティング プロセス → インスタンス → サーバ →

    データセンタの階層に相似的に見られる要 素とそれらの関係性を、それぞれのレイヤで自動制御可能にする。 ECサービス 様々な属性・要求・来歴を持つユーザに対して、その時々において最適な商品を、 明示的なアクションなしに、自動的に提示する。 常に念頭においてほしいこと 「いまたずさわっているシステムは、ごつごつしていないか?ど うしたらなめらかになるか?」
  21. まとめ

  22. まとめ • 今後も変化し続ける状況の下で「インターネットで可能性をつなげる、ひ ろげる」というミッションを達成するために、「いるだけで成長できる環境」 において「なめらかなシステム」を作る。 • エンジニアはWebアプリ・モバイルアプリ・インフラオペレーション・情報 システムという4類型に分かれる。しかし、特定の枠にはまることなく、領 域を広げてほしい。 •

    新卒エンジニアは、まずは技術領域を幅広く学習してみたあとに、専門 の方向性を決めていく。 • 「いるだけで成長できる環境」は「ひと」「組織」の両面からなる。みなさん 個々人の言動も、その一部となる。 • 専門家(専門知識・専門家としての倫理・コミュニティとの関係を持つ)とし て「事業を差別化できる技術」(例「なめらかなシステム」)を作っていこ う。
  23. 出所: GMOペパボ株式会社の執行役員 CTOに就任しました http://blog.kentarok.org/entry/2015/03/22/231807 http://blog.kentarok.org/entry/2015/03/22/231807 その他、このエントリからリンクした記事にあれこれ 書いてあるので是非読んでおいてください。