Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

広報の目標と効果測定法

42813ab99b8b252705a15c73bd6f45ad?s=47 Haruka Oka
December 26, 2017

 広報の目標と効果測定法

広報研究会で発表した内容です。
メディアリレーションズが最大ミッションだった広報1年目から現在を振り返って、目標はどうやって作るのか?成果をどうやって見るかをまとめました。

42813ab99b8b252705a15c73bd6f45ad?s=128

Haruka Oka

December 26, 2017
Tweet

Transcript

  1. 広報の目標と効果測定法 レバレジーズ株式会社 広報部 吉田ハルカ

  2. # 自己紹介 レバレジーズ株式会社 広報部  吉田ハルカ (またの名を「ホースミートガール」) kiyoshi502 haruka.yoshida.165 広報LT大会 TOKYO

    MARKETERS' TALK 東京女子物語(ライター) 2014.4 2016.4 2017.4 2015.12 医療ベンチャーに新卒入社 広報立ち上げ フリーランス レバレジーズへ転職 エンジニア部門の広報 広報部立ち上げ (1000人中1人) 部下ができる 2017.12
  3. # レバレジーズの広報体制(参考) 広報部(コーポレート / 採用広報) • 全社広報案件のスケジュール調整、トンマナ統一 • 記者会見、メディア対応(事業部長クラスや影響力の高いメディアの場合) •

    不祥事の対応 • コーポレート / 新規事業の広報活動、採用オウンドメディア編集長 事業部広報(サービス広報) 各事業部1名 • プレスリリース作成 • メディアキャラバン • メディア対応 (メンバークラス、業界紙など) 社内広報 1名 ※人事部所属 • 社内報(月1) • 全社総会(年2) • 社員旅行 • 社内イベント • クレドブック
  4. 今日伝えたいこと 広報だってある程度の定量化は必要

  5. # アジェンダ 1. なぜ目標設定と効果測定が必要か 2. 広報1年目の目標設定 3. 現在の目標設定 4. 効果測定法

    4-1 パブリシティスコア 4-2 効果測定ツール  5. 現在の方法で運用してみて 6. おわりに
  6. #1 なぜ目標設定と効果測定が必要か 目標、つくっていますか?

  7. #1 なぜ目標設定と効果測定が必要か 数値目標、つくっていますか?

  8. #1 なぜ目標設定と効果測定が必要か 「メディア掲載があった」 「イベントやった」 以外の報告がどれだけできていますか?

  9. #1 なぜ目標設定と効果測定が必要か 私が目標の立て方と効果測定法を 見直したいと思ったきかっけ

  10. 社内に広報価値を見える化させたい

  11. #1 なぜ目標設定と効果測定が必要か 社内に広報価値を見える化させたい = 広報を知らない人にも 広報の頑張りを正しく評価してほしい

  12. #2 広報1年目の目標設定 KGI メディア掲載数 KGI アワード受賞数 KPI • 記者アポ数 • 広報企画立案数

    • 広報知り合い数 • プレスリリース配信数 KPI • アワードエントリー数
  13. #2 広報1年目の目標設定 ## 良かったところ • 高速でPDCAを回せるので広報業務とそのコツが身に付いた • 行動力、挑戦力がついた ⇒広報1年目には向いている ## 見えてきた問題

    • 行動だけで満足してしまう=自己満足で終わる可能性 • 大きい掲載も小さい掲載も「1」でカウントされる悔しさ • 「意味のある」広報活動ができているか不明 ⇒2年目以降は見直す必要あり
  14. #3 現在の目標 目的 • メディア露出の量と質向上 • リリースレベルのネタが 意識的に生まれる会社作り 目的 • 事業部の課題解決

    KGI / KPI • パブリシティスコア (年1.1〜1.5倍) • プレスリリース配信数 (年1.1〜1.5倍) KGI / KPI 事業・案件により異なる 例)エンジニア特化型 Q&Aサイト • 解決済問題数4,000(事業部KGI)  →コアユーザーを◯人増やす (広報KGI)  →リテンション目的のユーザーイベントを 開催し目標集客◯人 (案件KPI) ※定性目標になることもある
  15. ※MarkeZine Day2017で発表 #4 効果測定法

  16. ※MarkeZine Day2017で発表 #4 効果測定法 掲載内容 の 振り返り 掲載記事の伝播度 金額換算 (参考値) 定量

    定量・定性 定量
  17. #4 効果測定法 ※MarkeZine Day2017で発表

  18. #4−1 パブリシティスコア

  19. #4−1 パブリシティスコア 百聞は一件に如かず 公開用パブリシティスコア https://goo.gl/xd2g8s ↑コピーして使ってください

  20. #4−1 パブリシティスコア ## メディア露出があったら随時スコアリングして一覧化 ## 部門 / 年度単位で合計スコアを算出→次年度目標スコアを設定 ※週次で進捗確認

  21. #4 効果測定法(再掲) ※MarkeZine Day2017で発表

  22. #4 効果測定法(再掲) ※MarkeZine Day2017で発表 説明済

  23. #4 効果測定法(再掲) ※MarkeZine Day2017で発表 説明済 事業部のマーケ担当に 随時 / 月次MTGで報告してもらう

  24. #4 効果測定法(再掲) ※MarkeZine Day2017で発表 説明済 説明済

  25. #4 効果測定法(再掲) ※MarkeZine Day2017で発表 説明済 説明済 効果測定ツール(クリッピングツール)で集計

  26. #4−2 効果測定ツール 参考:https://www.pranalyzer.jp/

  27. #4−2 効果測定ツール 3つのツールを 1ヶ月ずつお試し導入してみた

  28. #4−2 効果測定ツール 参考:https://www.pranalyzer.jp/

  29. #4−2 効果測定ツール 参考:https://webclipping.jp/

  30. #4−2 効果測定ツール 参考:https://indicator.jp/

  31. #4−2 効果測定ツール

  32. #4−2 効果測定ツール 参考:https://www.pranalyzer.jp/ ## PR Analyzerを導入

  33. #4−2 効果測定ツール ## PR Analyzerの良いところ① 4大マスメディアに対応(国内唯一)

  34. #4−2 効果測定ツール ## PR Analyzerの良いところ② KPIや目標にできそうな指標が7つもある

  35. #4−2 効果測定ツール ## PR Analyzerの良いところ③ 追加料金一切なし 5.5万円 / 月 ※特別割引

  36. #4−2 効果測定ツール(再掲)

  37. #4−2 効果測定ツール ✓ 自社・いまのフェーズに合ったもの ✓ お試し導入して使い勝手が良かったもの を選びましょう

  38. #5 現在の方法で運用してみて いろいろ言ったけど 数値化しきれないのも事実 ex)プレスリリースを出して1年後に問い合わせ来る →広告のように一定期間で成果を出しきれないのが広報

  39. #5 現在の方法で運用してみて やり始めたらキリがない どこまでだって細分化できる

  40. #5 現在の方法で運用してみて ## 立ち返るポイント ✓(自社での / サービスでの)広報活動の目的は? ✓(チームの)達成すべき目標は? ✓(自分自身の)力を付けたいところは? 会社 /

    サービス チーム 自分
  41. おわりに

  42. 「失敗」からは学ぶことはできない 『ZERO to ONE』ピーター・ティール

  43. 成功してから失敗経験と照らし合わせて 初めて理解する、学ぶ

  44. もっと広報できるようになりたいなら とにかく失敗(&成功)して学ぶ ↓ 学びをアウトプットして知識として定着させる

  45. 一緒に頑張りましょう:)