Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

2020年の Azure Stack Hub を振り返る / review-of-Azure-Stack-Hub-in-2020

2020年の Azure Stack Hub を振り返る / review-of-Azure-Stack-Hub-in-2020

A6eac912214bea58f22ef8d33137eca1?s=128

kongou-ae

March 12, 2021
Tweet

Transcript

  1. 2020年の Azure Stack Hub を振り返る #hccjp 2021/03/12

  2. 自己紹介 松本雄介 • 三井情報株式会社 • Azure と Azure Stack Hub

    を担当 • IaaS と Network、Hybrid Cloud が主戦場 • Azure Stack Hub を自社に導入して、約3年間運用中 • Microsoft MVP for Microsoft Azure(2019/05~) 2
  3. 本日のセッションの目的 2020年の Azure Stack Hub の変化を振り返る • 2020年のアップデートの中から、「これは!」というものをご紹介 • 紹介したもの以外にもたくさんのアップデートがありますので、気になる方はリ

    リースノートをご確認ください 3
  4. お断り • 本セッションは、エンジニアが個人の意見を述べるものです • 所属会社の意見を代表するものではありません 4

  5. アップデート

  6. アップデートのリリース頻度 昔 今 リリース日 バージョン 2019/02 1901 2019/03 1902 2019/04

    1903 2019/05 1904 2019/06 1905,1906 2019/07 1907 2019/08 1908 2019/11 1910 リリース日 バージョン 2020/03 2002 2020/08 2005 2020/12 2008 「毎月リリース予定」から「年間で複数回リリース予定」に変更 参考:ポリシーが変更されたコミット 6 Microsoft expects to release software update packages on a monthly cadence. Microsoft expects to release software update packages multiple times throughout the year. 継続的にアップデートを当て続ける運用の負担が 軽減された
  7. アップデートの所要時間 昔(2002) 今(2008) ノード数 想定時間 4 Node 15-42 hours 8

    Node 20-50 hours 12 Node 20-60 hours 16 Node 25-70 hours 7 ノード数によっては週末にアップデートが終わるように 参考:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure-stack/operator/release-notes?view=azs-2002#improvements ノード数 想定時間 4 Node 13-20 hours 8 Node 16-26 hours 12 Node 19-32 hours 16 Node 22-38 hours Kernel soft reboot が採用されれば、さらに短く なるはず
  8. Hotfix の適用方法 昔(1908→1910) 今(2008) 8 アップデートと最新の Hotfix を同時に適用できるように 参考:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure-stack/operator/release-notes?view=azs-2002#improvements 初期

    Update 1.1910.0.58 最新 Hotfix 1.1908.59.150 最新 Hotfix 1.1910.84.230 最新 Hotfix 1.2005.30.102 初期 Update 1.2008.0.59 最新 Hotfix 1.2008.26.116 • メンテナンス回数を減らせる • 不具合を内在するかもしれない初期バージョン で稼働する時期を短くできる
  9. サポート

  10. サポート担当 サポートへのログ送付 昔 今 サポートからの返信を待たずにログを送れるように 参考:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure-stack/operator/release-notes?view=azs-2002#improvements 運用担当 SR を上げる SAS

    を送る ログを送る サポート担当 運用担当 ログを送る SR を上げる 10 SAS をもらう必要がなく、すぐにログを送れる 調査に必要なログを送るまでに時間がかかる
  11. PaaS

  12. 利用できる PaaS 昔 今 App Service だけの状態から緩やかに脱出中 参考: • https://techcommunity.microsoft.com/t5/messaging-on-azure/announcing-the-general-availability-of-event-hubs-on-azure-stack/ba-p/1969688

    • https://techcommunity.microsoft.com/t5/azure-stack-blog/announcing-the-public-preview-of-iot-hub-on-azure-stack-hub/ba-p/1831054 • https://azure.microsoft.com/en-us/updates/azure-kubernetes-service-aks-resource-provider-on-azure-stack-preview/ • https://azure.microsoft.com/en-us/updates/azure-container-registry-on-azure-stack-hub-private-preview/ GA GA Preview Private Preview 12
  13. PaaS の運用方法 App Service IoT Hub・Event hub Azure Stack Hub

    標準の仕組みで運用できる PaaS が登場 参考: https://blog.aimless.jp/archives/2020/04/the-structure-of-the-new-paas-for-Azurestackhub/ 13 作業 手法 インストール App Service 独自のツール アップデート App Service 独自のツール ログの取得 App Service 独自のツール 作業 手法 インストール Azure Stack Hub ポータル アップデート Azure Stack Hub ポータル ログの取得 • Azure Stack Hub ポータル • 特権エンドポイント
  14. まとめ

  15. 2020年の Azure Stack Hub ゆっくりではあるが、着実に改善を続けてきた • リリース頻度の調整 • アップデートにかかる時間の短縮 •

    アップデートと最新 Hotfix の一括適用 • いきなりサポートにログを送付 • PaaS 追加 • Azure Stack Hub 標準機能を使った PaaS の運用 15
  16. Next? 新たなサポート機能を検討中? 16 参考: https://twitter.com/Darmour_MSFT/status/1364922846284161026