Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Autify運用自走化の3 steps, Unfreeze-Change-Refreeze!/ Autify-unnyoujisouka-3steps

Autify運用自走化の3 steps, Unfreeze-Change-Refreeze!/ Autify-unnyoujisouka-3steps

More Decks by リンクアンドモチベーション

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Autify運用自走化の3steps,
    Unfreeze-Change-Refreeze!
    株式会社リンクアンドモチベーション
    SREユニット QAエンジニア
    小島直毅

    View full-size slide

  2. 早速ですが、
    みなさんはどんな運用体制を考えていますか?

    View full-size slide

  3. みなさんはどんな運用体制を考えていますか?

    自分の工数で
    運用する

    各開発チームに
    自走してもらう

    QAチームで
    協力して運用する

    View full-size slide

  4. みなさんはどんな運用体制を考えていますか?

    自分の工数で
    運用する

    各開発チームに
    自走してもらう

    QAチームで
    協力して運用する

    View full-size slide

  5. 小島 直毅 Naoki Kojima
    所属・活動:
    SREユニット QAエンジニア QAファンネルなど
    趣味:
    Autify歴:
    ちょうど1年

    View full-size slide

  6. BtoB HRtech SaaS
    組織改善のための
    エンゲージメントサーベイ

    View full-size slide

  7. アジェンダ
    運用体制 浸透策

    View full-size slide

  8. 組織体制
    MC
    3チーム
    CC
    1チーム
    新規
    2チーム
    Platform
    2チーム
    SRE
    2チーム

    View full-size slide

  9. 組織体制
    MC
    3チーム
    CC
    1チーム
    新規
    2チーム
    Platform
    2チーム
    SRE
    2チーム 私
    極力、手を動かさない

    View full-size slide

  10. Autifyの活用状況
    毎日テスト実行
    約3000シナリオ/月
    11テストプラン/日
    64シナリオ/日
    開発チーム主導で運用

    View full-size slide

  11. Autify実行環境の構成図
    最近はplatformと結合
    最近はAPIで
    データ作成・リセット

    View full-size slide

  12. 参考: Autify実行タイムライン
    前日 次の日にリリースしたいPRをブランチに取り込んでおく
    8:00 テスト環境起動 & デプロイ
    9:00 Autifyテストプラン日次実行
    9:50ごろ Autify担当がテスト結果確認 => 落ちてたらざっくり理由をつかむ
    10:00 朝会でAutifyの落ちているところ共有
    リリースに影響がある場合は調査・修正をアサイン
    17:00 リリース(朝と差分があればmainブランチマージ前にAutifyを回す)

    View full-size slide

  13. アジェンダ
    運用体制 浸透策

    View full-size slide

  14. Autify運用自走化の3steps,
    unfreeze-change-refreeze!
    本題!

    View full-size slide

  15. Message:
    チームを巻き込むには、
    「Autify使ってね!」の前後が大事!

    View full-size slide

  16. おさらい

    自分の工数で
    運用する

    各開発チームに
    自走してもらう

    QAチームで
    協力して運用する
    困難!!(だが必要)

    View full-size slide

  17. おさらい

    自分の工数で
    運用する

    各開発チームに
    自走してもらう

    QAチームで
    協力して運用する
    困難!!(だが必要)
    Autifyをスケールさせるため、
    自分の手を動かすのは避けたい

    View full-size slide

  18. 組織変革の3 stepsを参考にしています
    Unfreeze
    (解凍)
    Refreeze
    (再凍結)
    Change
    (変化)

    View full-size slide

  19. 組織変革の3 stepsを参考にしています
    Unfreeze
    (解凍)
    Refreeze
    (再凍結)
    Change
    (変化)
    導入前 導入後

    View full-size slide

  20. でも、こんなことが起きそうです
    導入前
    やってもらおうと思っても...
    思った通りに動いてくれない
    導入後
    回るようにはなったけど...
    改善されず、段々廃れていく

    View full-size slide

  21. でも、こんなことが起きそうです
    「忙しいんだけど...」
    「使いこなせるかな...」
    「本当に必要?」
    こう思われるんじゃ?の恐怖で止まる
    導入前
    やってもらおうと思っても...
    思った通りに動いてくれない

    View full-size slide

  22. 自走を促す3つのコツ
    心の壁
    なんでやるの?
    E2Eテストの意義って難しい
    ぶっちゃけ自分でもわかってなかった

    View full-size slide

  23. 心の壁: 共感してもらうためにwhyを語ろう!
    - 将来の運用者に絞って動かす
    - 開発責任者にも語ってもらう
    興味ある人の
    巻き込み大事!
    キックオフ会を開催!
    whyが大事!

    View full-size slide

  24. 自走を促す3つのコツ
    心の壁
    なんでやるの?
    知識の壁
    どう動かすの?
    どれだけシンプルでも
    初手は迷うもの

    View full-size slide

  25. 知識の壁: 模倣すれば価値に届く簡単さに!
    ヘルプはそのまま
    実行手順の整備

    View full-size slide

  26. 組織変革の3 stepsを参考にしています
    Unfreeze
    (解凍)
    Refreeze
    (再凍結)
    Change
    (変化)
    導入前
    done!
    導入後

    View full-size slide

  27. 導入前
    思った通りに動いてくれた!
    導入後
    回るようにはなったけど...
    改善されず、段々廃れていく

    View full-size slide

  28. 自走を促す3つのコツ
    意欲の壁
    その先どうするの?
    心の壁
    なんでやるの?
    知識の壁
    どう動かすの?
    「手順に従う」は続かない

    View full-size slide

  29. 意欲の壁: 自走状態を埋め込もう!
    ③朝会で共有
    ①テスト定期実行
    ②担当が毎朝チェック
    ④次のDiffを入れたら実行

    View full-size slide

  30. 心の壁
    なんでやるの?
    自走
    - 自律的改善がゴール
    - 担当、会議体、仕組
    みに埋め込む
    - リーダーに託す
    模倣
    - 価値の実感を頭に
    - 手順に従えば価値を
    感じられる体制を
    意欲の壁
    その先どうするの?
    知識の壁
    どう動かすの?
    まとめ
    共感
    - 意義・楽さで握る
    - 全員ではなく、将来
    の運用を説得
    - トップを巻き込む
    導入前 導入後

    View full-size slide

  31. Message:
    チームを巻き込むには、
    「Autify使ってね!」の前後が大事!
    前に共感、後に自走を意識してスケールしよう!

    View full-size slide