Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Windows Virtual Desktopを試す

localYouser
February 20, 2020

Windows Virtual Desktopを試す

2020/02/20
Microsoft Azureより提供されるVDIサービスであるWindows Virtual Desktopを試しました。

localYouser

February 20, 2020
Tweet

More Decks by localYouser

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 趣味でITインフラを触っている者だ

    View full-size slide

  2. 趣味でITインフラを触っている者だ
    • Microsoft 純正のDaaSサービス
    • 管理プレーン(接続ブローカー)と実際にアクセスするセッションホストの組
    み合わせ
    • 管理プレーンは現状USに限られている
    • セッションホストは日本リージョンでも構成可能
    • 管理オブジェクトは以下の通り
    • テナント
    • プール
    • 実は、管理プレーン側の操作は殆どがPowerShell
    • Azure Portalから触れる範囲はセッションホストのデプロイメント・管理まで

    View full-size slide

  3. 趣味でITインフラを触っている者だ
    ・・・え?
    ・・・どういうこと?

    View full-size slide

  4. 趣味でITインフラを触っている者だ
    テナント・プールの
    作成
    エンタープライズ
    アプリの登録・権限付与
    VMのデプロイメント
    クライアント
    導入
    PowerShellにて構築
    Azure Portalでも構築可能
    クライアントPCで実施
    ->これはどの製品も同じ
    多分Azure Portalでも
    出来そうな気がする

    View full-size slide

  5. 趣味でITインフラを触っている者だ
    • Active Directory必須
    • オンプレミスADとVPN接続した状態でも適用可能なご様子
    • ただ、オンプレミスADを使用する場合、VMデプロイメントの最後で失敗する
    • エージェント主導導入・トークン投入で何とかなりそう
    • VNET必須
    • IaaSリソースとして動きますので・・・
    • 既にVMを設置しているセグメントも選択可能
    • ライセンスが必要
    • 一番お手軽?なモノが挙げられるとすれば、Windows 10 Enterprise
    E3(Office365系のライセンスの一種)
    • 余り細かいところまでは追えてない

    View full-size slide

  6. 趣味でITインフラを触っている者だ
    https://login.microsoftonline.com//adminconsent?client_id=5a0aa725-4958-4b0c-80a9-
    34562e23f3b7&redirect_uri=https%3A%2F%2Frdweb.wvd.microsoft.com%2FRDWeb%2FConsentCallback
    https://login.microsoftonline.com//adminconsent?client_id=fa4345a4-a730-4230-84a8-
    7d9651b86739&redirect_uri=https%3A%2F%2Frdweb.wvd.microsoft.com%2FRDWeb%2FConsentCallback
    以下2つのURLへアクセスし、アカウント承認を行う
    右にあるような表示が行われたら「承諾」をクリック

    View full-size slide

  7. 趣味でITインフラを触っている者だ
    テナント
    ホストプール
    セッションホスト
    • テナント、ホストプールの
    配下にセッションホストが
    存在する。
    • テナントとホストプールを
    CLI(PowerShell)で作成す

    • セッションホスト(プールの
    中身)はAzurePortalで。
    Azure AD
    Subscription

    View full-size slide

  8. 趣味でITインフラを触っている者だ
    ■WVD向けモジュールのインストール
    > Install-Module -Name Microsoft.RDInfra.RDPowerShell
    ■WVD向けモジュールのインポート
    > Import-Module -Name Microsoft.RDInfra.RDPowerShell

    View full-size slide

  9. 趣味でITインフラを触っている者だ
    ■RDSアカウントの作成
    > Add-RdsAccount -DeploymentUrl "https://rdbroker.wvd.microsoft.com"
    ■WVDテナントの新規作成
    > New-RdsTenant -Name BLUE-RDS-TNT -AadTenantId -AzureSubscriptionId
    TenantGroupName : Default Tenant Group
    AadTenantId :
    TenantName : BLUE-RDS-TNT
    Description :
    FriendlyName :
    SsoAdfsAuthority :
    SsoClientId :
    SsoClientSecret :
    AzureSubscriptionId :
    LogAnalyticsWorkspaceId :
    LogAnalyticsPrimaryKey :

    View full-size slide

  10. 趣味でITインフラを触っている者だ
    ■WVDホストプールの作成
    > New-RdsHostPool -TenantName BLUE-RDS-TNT -Name POOL-JPWEST
    TenantName : BLUE-RDS-TNT
    TenantGroupName : Default Tenant Group
    HostPoolName : POOL-JPWEST
    FriendlyName :
    Description :
    Persistent : False
    CustomRdpProperty :
    MaxSessionLimit : 999999
    LoadBalancerType : BreadthFirst
    ValidationEnv : False
    Ring :
    AssignmentType :

    View full-size slide

  11. 趣味でITインフラを触っている者だ
    • Azure Portalで作成する
    • セッションホストそれ自体は単なるVMと余り変わらずに扱える

    View full-size slide

  12. 趣味でITインフラを触っている者だ
    サブスクリプション
    リソースグループの指定
    セッションホストの設置リージョン
    プール名(既に設定したもの)
    デスクトップタイプ
    デフォルトユーザ
    メタデータサーバリージョン

    View full-size slide

  13. 趣味でITインフラを触っている者だ
    準備するホスト台数
    仮想マシンのサイズ
    仮想マシン名の接頭辞
    ※<接頭辞>-連番という命名規則

    View full-size slide

  14. 趣味でITインフラを触っている者だ
    OSバージョン
    ディスクの種類(HDD/SSD等)
    参加ADドメインに関する情報
    アタッチするVNET情報

    View full-size slide

  15. 趣味でITインフラを触っている者だ
    テナントグループ(Default Tenant Groupで良い)
    テナント名
    テナントのオーナー情報

    View full-size slide

  16. 趣味でITインフラを触っている者だ
    普通のVMと余り変わらない
    普通のVMのようにRDP接続も出来るよ

    View full-size slide

  17. 趣味でITインフラを触っている者だ
    • クライアントインストール画面
    • インストールは非常に簡単
    • 接続元PCでやろう

    View full-size slide

  18. 趣味でITインフラを触っている者だ
    • 初回利用時はログインを求められる。
    • 準備が完了したと表示されたらOK

    View full-size slide

  19. 趣味でITインフラを触っている者だ
    • 以降はメニュー画面が表示されるようになる
    • アイコンをクリックしてあとはRDPと同じ要領でログインするだけ

    View full-size slide

  20. 趣味でITインフラを触っている者だ
    • エンドユーザ側の使い勝手はそれほど悪くないと思える
    • RDP接続のレスポンス等は比較的軽快
    • 通常のVMだとB1msは結構ヘビーだが、このケースではかなり軽快に使え

    • 管理面の操作が面倒・よくわからぬ
    • セッション管理とかはどうするのか?
    • セッションブローカーに対する監査はどうなるのか?
    引き続き触って確認してを続けていく予定。

    View full-size slide