はんなりPython2018ふりかえり

4f38f9a2ec752ffc095fac2fe2c7c400?s=47 Masa
December 24, 2018

 はんなりPython2018ふりかえり

はんなりPython #12 忘年LT会もあるよ
2018/12/21
LT - はんなりPython2018ふりかえり
https://hannari-python.connpass.com/event/110419/
https://masayuki14.hatenablog.com/entry/2018/12/27/124421

4f38f9a2ec752ffc095fac2fe2c7c400?s=128

Masa

December 24, 2018
Tweet

Transcript

  1. はんなりpython 2018ふりかえり チームではなく個人の見解です 2018-12-21 @masayuki14

  2. 自己 紹介

  3. 自己紹介 もりさきまさゆき @masayuki14 Follow me !!

  4. 自己紹介 プロ主夫 (フルタイム妻と子2人) フリーランス (Web系パートタイム) ‐ データベーススペシャリスト!! ‐ コミュニティ はんなりPython

    (第3金曜開催@京都) ‐ OSS Gate (OSS開発者を増やす取り組み) ‐ スプーキーズアンバサダー
  5. スプーキーズ@京都 Web系システム開発 ソーシャルゲーム開発 ボードゲーム制作 Webエンジニア積極採用中!!

  6. スプーキーズ@京都 勉強会 テクテクテック 2019/01/16 (水) DB勉強会 新機能や運営でのあれこれ ‐ 2019/03 予定

    1周年記念パーティ ‐
  7. はんなり python

  8. 2018

  9. ふりか えり

  10. はんなりpython2018ふりかえり 2017年10月とあるイベントで出会った @hogawa098 (まざ) @ekuni1192 (えくに) @masayuki14 (Masa) により発足した京都のPython勉強会

  11. はんなりpython2018ふりかえり そこに @jdgthjdg (くない) がJOIN 運営メンバーは随 時募集中です

  12. 1周年

  13. おめで とう

  14. なんとか1 年続けら れました

  15. みん な

  16. ありがと う!!

  17. はんなりpython2018ふりかえり 今日はそんな はんなりpythonの 1年を

  18. はんなりpython2018ふりかえり ふりかえって いきます

  19. メン バー数

  20. 171名

  21. メンバー数 171名 参加回数 人数 0 73 1 61 2 11

    3 9 4 4
  22. メンバー数 171名 参加回数 人数 5 3 6 3 8 2

    10 3 12 2
  23. リピー ト率

  24. 37.8%

  25. メンバー数 171名 参加したことある人 98人 ‐ ない人 73人 ‐ リピート率 37.8%

    ( 37 / 98 ) ‐
  26. 勉強会 の変遷

  27. 勉強会の変遷 #1 〜#6 発表中心 ‐ 資料は結構集まった ‐ #7 〜 ハンズオンと発表を交互に

    ‐ 準備がわりと大変 ‐
  28. 公開資 料数

  29. 29!!

  30. 勉強会の変遷 皆さんの力で 知見が増えてきて る!!

  31. 勉強会の変遷 #1 〜#6 発表中心 ‐ 資料は結構集まった ‐ #7 〜 ハンズオンと発表を交互に

    ‐ 準備がわりと大変 ‐
  32. 勉強会の変遷 ハンズオンが入っ たことで 参加者層が変わっ てきた感がある

  33. 勉強会の変遷 他にも企画・要望 があれば 運営まで!

  34. 勉強会の変遷 運営メンバーも募 集中!!

  35. 運営のこ ころがま え

  36. 個人の見 解です

  37. 運営のこころがまえ 主催者は2人以上がいい 誰も来なくても2人で開催できる ‐ 手間の分散 ‐ 仲間がいるだけで安心感 ‐

  38. 運営のこころがまえ 強要しない 自分にできることをする ‐ できないことはお願いする ‐ 助け合う ‐

  39. 運営のこころがまえ 目的はあったほうがいい 何かしら考えるときの軸になる ‐ 目的 はんなり交流しましょう ✓ オープンでフラットなコミュニティ ✓ 初心者からエキスパートまで参加できる

    ✓ 交流のハブになる ✓
  40. 運営のこころがまえ 気負わない 細く長く続ける ‐ やりたいようにやったらいい ‐

  41. 勉強会の こころが まえ

  42. 個人の見 解です

  43. 勉強会のこころがまえ 交流しやすい雰囲気をつくる アイスブレイク ‐ 声を出す機会 ‐ 詰め込みすぎない ‐ 余白を作る ‐

  44. 勉強会のこころがまえ はじめての人も参加しやすく はじめて枠をつくる ‐ 多すぎない参加者 ‐ 運営からはなしかける ‐

  45. 勉強会のこころがまえ 飲み会は毎回やる こっちが本番? ‐ 閉じたコミュニティは腐敗する 新しい人に参加してもらいたい ‐

  46. 来年やり たいこと

  47. 来年やりたいこと 継続する 2周年を迎える ‐ 多様なセッション 初心者向けの発表 ‐ ハンズオン ‐ 専門的な発表

  48. 来年やりたいこと 会場変えたい 企業とのコラボ ‐ 見やすいプロジェクタ環境 ‐ 他の勉強会と共催 多様な人との交流 ‐

  49. さい ごに

  50. 2019 年も

  51. よろしく おねがい します