あなたのお家に眠るラズパイを救出したい

 あなたのお家に眠るラズパイを救出したい

IoTLT vol.33 資料 https://iotlt.connpass.com/event/67583/ (2017/12/03更新)

998b440234ba4524a2c1ba1f130728f8?s=128

Masaki Koyanagi

November 16, 2017
Tweet

Transcript

  1. 4.
  2. 14.

    設定ファイルの確認 • microSD に2つのファイル が保存されていればOK ◦ wpa_supplicant.conf ◦ ssh.txt •

    wpa_supplicant (1).conf, ssh (1).txtなどになってし まった場合はリネーム 一度、microSD に空の ssh.txt (または ssh) を 作成しないと、SSH接続ができなくなりました
  3. 16.

    Raspberry Pi 2の場合 • ELECOM WDC-150SU2Mがおすすめ • 安い(700円)、挿すだけで使える! ◦ (2017/12/03追記)

    Raspbian Jessie Lite までは 挿すだけで使えましたが、Raspbian Stretch Lite からは挿すだけで使えなくなっていました。 以下の記事を参照してドライバーインストール が必要です ◦ http://teppodone.hatenadiary.jp/entry/ELEC OM_WDC-150SU2MonRaspberryPi
  4. 17.

    注意点 • Pi 3, Zero Wの無線LAN機能やWDC-150SU2M では、2.4GHz帯のみ利用できます ◦ SSIDに g

    や G が付くことが多い • 有線LANでOKな方は、空の ssh.txt だけ作成 し、ルーターとラズパイを直接接続します • このツールは WPA2-PSK が前提です • IE11, Edgeの方は右クリック→保存ができないので、左ク リック→保存をしてください
  5. 20.

    Zeroconfの準備 • macOS ◦ 何もインストールしなくてOK ! • Windows ◦ iTunes

    または Bonjour Print Services が インストールされていればOK !
  6. 22.

    SSH接続(macOS) • ターミナルで ssh pi@raspberrypi.local ◦ WARNINGが出る場合は、 ssh-keygen -R raspberrypi.local

    を実行してリトライ • Are you sure you want to continue connecting? が出たら yes を入力 • パスワードを聞かれたら raspberry を入力
  7. 29.

    TIPS : ホスト名の変更 • raspberrypi.local の raspberrypi の部分を変えたい • SSH接続後に

    sudo raspi-config を実行する (半角英数字 と - だけ を使ってください) Enterキーで決定 Escキーで終了 Enter 再起動後 Enter
  8. 31.

    TIPS : Raspbianを最新の状態に更新 • SSH接続後に ◦ sudo apt-get update ◦

    sudo apt-get upgrade -y を実行する • sudo apt-get install... でパッケージのインス トールがうまく行かない場合は、上記のコマンド を実行してみる
  9. 32.

    TIPS : Vim(テキストエディタ)をインストール • Raspbianの vi コマンドはVimエディタではなくvi エディタ(使いにくい)なので要注意 ! •

    SSH接続後に sudo apt-get install vim -y を実行する ◦ インストール後は vi コマンドでVimが起動 TIPS : Git(バージョン管理ツール)をインストール • SSH接続後に sudo apt-get install git -y を 実行する
  10. 33.

    TIPS : シャットダウンと再起動、SSH接続の終了 • シャットダウン: sudo shutdown -h now ◦

    いきなり電源ケーブルを抜くより、このコマン ドを実行して数十秒経過してから電源ケーブ ルを抜いた方が良い • 再起動: sudo reboot • SSH接続の終了: exit
  11. 34.

    TIPS : PCから直接ファイルを操作 • sshfsで、SSHと同じ認証方法を用いてPCから Raspberry Pi側のファイルを直接操作できます ◦ Atomなどお好きなエディタが使えます! •

    Windowsの場合、標準のメモ帳は改行コードLFに対 応していないので、使用厳禁! ◦ AtomやVSCode, サクラエディタ, TeraPadなどを 使って編集してください
  12. 35.

    TIPS : PCから直接ファイルを操作(macOS) • FUSE on OSXをインストール http://sourceforge.net/projects/osxfuse/ • sshfsをインストール

    https://github.com/osxfuse/sshfs/releases • マウントポイントを作っておく mkdir mountpoint • マウントする(/home/pi) sshfs pi@raspberrypi.local:/home/pi mountpoint/ -o local • アンマウントする diskutil unmount mountpoint 参考文献: https://qiita.com/ysk24ok/items/bb148530a55a4e55d99b
  13. 36.

    TIPS : PCから直接ファイルを操作(Windows) • dokanの DokanSetup-1.0.5.1000.exeをダ ウンロードしてインストール https://github.com/dokan-dev/dokany/releases • WinSshFSの

    previous.release-1.6.0-rc3.zipを ダウンロードして展開、 WinSshFS.exeを実行 https://github.com/Foreveryone-cz/win-sshfs/releases • Addボタンをクリック、右図のよう に設定値を入れてSave • 右下のMountボタンをクリック ◦ /home/piがSドライブとして マウントされる!
  14. 37.

    TIPS : ファイルの転送(macOS) • SCPコマンドで、SSHと同じ認証方法を用いてPC・ラ ズパイ間のファイルの転送ができます • 例: Raspbianのpiユーザーのホームディレクトリ上にあるファイル (~/file.txt)をmacOSのデスクトップ(~/Desktop)へ送りたい

    ◦ macOSのターミナルから scp pi@raspberrypi.local:~/file.txt ~/Desktop を実行 • 例: macOSのデスクトップ上にあるファイル(~/Desktop/file.txt)を Raspbianのpiユーザーのホームディレクトリ(~)へ送りたい ◦ macOSのターミナルから scp ~/Desktop/file.txt pi@raspberrypi.local:~ を実行
  15. 38.

    TIPS : ファイルの転送(Windows & Tera Term) • Reveiveの場合は ~/ (piユーザーのホームディレクトリ)が使えないので

    /home/pi/を使う • 日本語ファイル名は文字化けするので注意 • OS標準の改行コードの違い(Raspbian : LF, Windows : CRLF)に注意
  16. 39.

    • JavaScriptを使ってRaspberry Piで何かやって みたい場合はNode.jsをインストール ! TIPS : Node.jsのインストール Raspberry PiにNode.jsとnpmの最新

    版をインストールする https://qiita.com/mascii/items/77c685df65c4cbca9315 • Python (2.x系)であれば、Raspbianに標準で入っています
  17. 40.

    • PCとラズパイをLANケーブルで直接接続して SSH接続をしたい場合... TIPS : PCとラズパイを直接接続 Raspberry PiとMac or Windows

    PCを 有線で直接繋いでさくっとSSH接続する https://qiita.com/mascii/items/7d955395158d4231aef6