Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

OrganizationTheory of engineering

OrganizationTheory of engineering

とあるきっかけで3ヶ月間、シリコンバレーのスタートアップで働いて来た自分が、そこで学んだ「組織論」についてと、それを実践してみた結果について

Df3136f800e7ed9931ed5f9f1afad935?s=128

mtskhs

May 31, 2018
Tweet

Transcript

  1. シリコンバレーで 3ヶ月働いて体感した 自律型組織のススメ 2018.5.31 Hisayuki Matsuki

  2. 松木 久幸 最近の興味 物件探し 海外旅行 ベルギー 組織論的なこと 自己紹介

  3. これはなに? • 1.シリコンバレーで働いて、「自律型組織」を体感 • 2.自律型組織へと移行するためのアクション ◦ 1.情報の非対称性を減らす ◦ 2.課題の明確化 ◦

    3.心理的安全性
  4. 1.自律型組織とは - 組織作り:autonomy vs alignment (自律 vs 合致) - 上司がサポート、逆ピラミッド型の組織

    - 参考: google理想の上司 (https://mirai.doda.jp/series/interview/piotr-feliks-grzywacz/)
  5. 1.自律型組織がなぜ大切か? • エンジニアリング := 不確実性の削減 ◦ 不明瞭な状態から、確定した状態へと移行させる作業 • マイクロマネジメント: 指示者がボトルネックに

    ◦ 一方、自律型組織では抽象的な方針から各自が動ける ◦ => より大きな「不確実性の削減」に • ポイント ◦ 1.情報の非対称性を減らす ◦ 2.課題の明確化 ◦ 3.心理的安全性
  6. 1-1.情報の非対称性を減らす • 複数人での意思決定では、「情報の非対称性」が問題に ◦ プロデューサー(売上) vs エンジニア(技術的負債) • コミュニケーションをとる ◦

    インターン先では、”ツール”よりも”対面の会話” ◦ 毎日1-2hのMTG (/8h) ▪ 重要な要素を、全員が把握できる姿勢 ◦ 顧客・投資家と、頻繁にMTG (3-4回/週)
  7. 1-2.課題の明確化 • 「答え」は決まっておらず、「解決方法」はひとつでない ◦ 1人で「悩み」立ち止まってしまうことも ◦ =>効果的な「情報収集(行動)」が必要。「悩むvs考る」 • 「悩む」前に、効果的に「課題の明確化」を図る ◦

    進捗確認はされず、課題のヒアリングを毎日してくれた ◦ 答えを言われなくても、整理でき前に進めた ◦ => 他者説得ではなく、「自己説得」の面でも良い
  8. 1-3.心理的安全性 • 自律型組織のために、「自分らしく働ける」ことが重要 ◦ 「べき論」に縛られて行動できなかったり ▪ 例:仕事なので理不尽でもやらなくては ◦ 日本人特有の「同調性」 •

    承認:(存在、行動、結果) ◦ 来てくれて助かったよ ◦ もうこんなにできたのかい ◦ 作ってもらったおかげで、〜〜 • 当たり前のことを意識 ◦ 生活に問題はないか?週末は何してた?家族は?
  9. 2.導入してみた • 1.情報の非対称性を減らす ◦ 課題をとにかく発信(コードの課題、運用面 ◦ 定例で全員でKPT ◦ => 提案が増えた。空きで課題解決してくれることも

    • 2.課題の明確化 ◦ 進捗を聞くのではなく、毎日課題のヒアリング・整理 ◦ 進捗確認の代わりに、目的・目標を示した ◦ => 体感で、1.3倍のスピードup • 3.心理的安全性 ◦ 雑談。相手に関心をもつ。 e.g.休みは何してた? ◦ リリースのお礼。どんな効果があったか ◦ => 「1」がやりやすくなった